2018/2/12


本日で三連休はオシマイ。
寒いのが嫌いな性分のワタシは週末の天気予報がよろしくない時点で引きこもりを決意しておりましたが、予定通り(?)引きこもった週末を過ごしておりました。

そんな中、この様な事を…
クリックすると元のサイズで表示します
父親の軽自動車ですが、運転席側のフェンダーを擦っており錆びが浮いている状態だったんで補修を。
錆びが浮いている部分がバンパーやらヘッドライトとの境目にあたる部分で、悩んだ挙句にバンパーやらライトを取り外す暴挙(?)に出たのであります。

補修自体は当該部分の錆びを紙ヤスリで削り落とし、タッチペイントで上塗りするという極めてシンプルな補修なのであります。
クリックすると元のサイズで表示します
ま、見た目はともかく錆びの進行は抑えることが出来る筈なんで、コレでよしとします。

さて、引きこもって模型工作も進めております。
IPA漬けにしていなかったプラ客車の分解から。
クリックすると元のサイズで表示します
今度は塗装剥離せずに加工に入ろうと思っておりますが、ココで加工方針などを。
今回の客車群については明確なプロトタイプは設定せず、さらに形態のバリエーションも追求しない事にしました。本当は客扉やらトイレ窓の近代化改装を施そうかと思ってたんですが、今となっては改装後の姿も製品化されており加工する意味が無いような気がしたんです。塗装だけは青にしたいと思いますが、一部の車両は茶色のままにしようかと思ってます。ただ、茶色も再塗装はしますケドね。

そんな中、客扉脇の手すりはさすがに交換しないとネェ。
クリックすると元のサイズで表示します
Ø0.35mm真鍮線を曲げ曲げして作成しておりますが、この時には以前購入した「曲げテンプレート」を使用して効率を上げております。

今日までのところで4両分の手すりが作成出来ました。で、付けてみるとこんな感じになったのであります。
クリックすると元のサイズで表示します
付属の軟質プラパーツに比べると直線がキッチリ出ていてエエ感じです。

後は車体の成型時におけるパーティングライン消しなども…
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
まだ一部の車両に手を付けたに過ぎません。が、これから気が済むまでこのような作業をしてやろうかと思っております。

あとは、IPA地獄の中で辛うじて生き残ったTOMIX製ナハフ10ですがご覧の通り下塗りをして車体の不具合を修正する作業に突入しております。
クリックすると元のサイズで表示します
春になるまでにはプラ客車の加工を済ませて今年の競作に突入したいと考えておりますが、どうなるんでしょうね?
1

2018/2/4

あっても困らん  鉄道模型(16番)

「あっても困らん」。所属するクラブの皆を震撼させたまろねふ会長のお言葉でありますが、まさかその恩恵を被るとは夢にも思ってなかったのであります。

前回記事までにご紹介した通りIPA漬けにしたプラ車両は大なり小なりダメージを受けておりまして、特に酷いのがKATO製オハ35系だったのでした。
仕方がないのでASSYパーツを手配しようかと思った矢先、まろねふ会長と呉生れ様より余剰となっている車体があるとのお話が。そんな訳で、ありがたく余剰車体を使わせて頂くことにしたのでございます。
クリックすると元のサイズで表示します
これはまろねふ会長より譲り受けたオハ35です。酷い目にあったんで塗装剥離はもうやりません!
そんな訳で、客車についてはなんとか工作に入れそうですね。

あとは同時にIPA漬けにしたKATO製EF65ですが、こちらも結構やねこい事になっておりまして…
クリックすると元のサイズで表示します
どうやらTOMIX製品よりもKATO製品のプラスティック成分の方がメタノールに弱いんでしょうか?オハ35系程では無いにしても、結構なダメージ具合です。ま、どこまで修復出来るか分かりませんが、何とか頑張ってみましょうかね。

で、修復にあたっては呉生れ様やSatokawa様のアドバイスに基づいてこんなブツを買ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
車体裏側にも少なからず亀裂が走っておりましたので、それを埋める為にコイツを使おうと言う訳です。実際に使用してみた感想ですが、薄く広く塗り拡げるにはかなり良好です。なもんで、車体裏側にはまんべんなく瞬間接着剤を塗布する事が出来ました。
なお、車体表面の亀裂には低粘度の瞬間接着剤を針を使って極少量ずつ塗布しておきました。

でも、いかに少量とはいえ塗布した瞬間接着剤を削るのは結構な手間ですね。
そこで、こんなブツを…
クリックすると元のサイズで表示します
これ、何かと言いますと紙やすりのような(?)ダイヤモンドやすりなんです。ベースが紙と違い薄い金属なんで腰が強く、結構使い勝手は良好です。ダイヤモンドやすりですから少々の事では目詰まりしませんし、目詰まりしてもブラシでこすれば復活します。
本来は結構なお値段がするのですが、広島市内のデオデオで処分価格で売られていたのを発見したので購入してみたんです。

さて、EF65についてはどこまで修復出来るか分かりませんし、もしかすると修復した後にもまだ亀裂が発生するかもしれません。ま、どうにもならなければヤフオクか何かでジャンク車体でも探すとして、もうしばらくは悪あがきを続けてみようと思う今日この頃なのであります。
2

2018/1/31

マジでっ???  鉄道模型(16番)

前回のIPA漬けについての記事で、多くの方からツッコミを賜りました。
その中でSatokawa様のコメントに「その水抜き剤の成分に含まれているメタノールはヤバいよ」とありました。
そこでフッと思い出しました。確か競作の485系の塗装剥離をする際に色んなブログを拝見して、IPA99%以上の水抜き剤を選ぶべしと書かれていた事を!
で、手元にあった水抜き剤の容器を見てみると…
クリックすると元のサイズで表示します
右の容器にはIPA99%以上、左の容器はIPA60%、メタノール39%とあります。前回記事のSatokawa様のコメントにより確認した容器はメタノールが含まれていた方の水抜き剤だった訳です。が、そもそもはIPA99%の表示を確認してこの水抜き剤を購入していた筈で、その後何回か買い足した水抜き剤が仕様変更によりメタノール含有になっていたものと思われます。

うーむ、まさか知らぬ間(ラベル表側の外観は全く同じ)に成分の仕様変更があったとは…
確かに水抜き剤としての性能が担保されているならば、同じ商品としながらの成分変更には何の問題もありませんね。なんとも高くついたお勉強代ですわ…
と、いう訳で弊ブログをご覧の皆様には水抜き剤のラベルの細かい部分まで確認する事をオススメするのであります。
2

2018/1/28

えらいこっちゃ!!!  鉄道模型(16番)

さて、前々回記事よりスタートしたプラ製品の加工でありますが実に深刻な事態に陥っております。
と、いうのも前々回記事で触れたTOMIX製ナハフ10よりもエラいことになっていたのが、KATO製オハ35系。

まずはこちらの画像をご覧下さい。
クリックすると元のサイズで表示します
なんと表面に無数の傷が!

クリックすると元のサイズで表示します
どうやらIPA漬けにした時のダメージのようで、車体表面が鱗状にメクれあがってかなりの広範囲に細かな傷が浮き上がっておるのでございます。

さらに調査しますと、妻面や車体裏側にも無数の亀裂が走っており非常にマズい事態に陥っておりました。
とりあえず応急処置として傷の上から溶着タイプの接着剤を塗りたくって、傷の拡がりを防ぐと共に傷を埋めようと頑張ってみました。
が、傷の表面を溶かして荒れてしまった面を紙ヤスリで削ってみても…
クリックすると元のサイズで表示します
う〜む、ちょっとヤバいなぁ。さらに観察してみるとリベットのあるシルヘッダー部分や入り組んでいる扉部分にも亀裂が入っております。
さらには亀裂が入った部分に何かしらの加工を行おうと力が加わると、脆くなってしまっているようでいとも簡単に割れてしまったのであります。

今回のIPA漬けは湯煎がまずかったのか、プラ車体に想像以上のダメージを与えていたようです。ダメになった車体についてはASSYパーツを探してみるとして、弊ブログをご覧の皆様には安易なIPA漬けは多大なるリスクを伴う事をお伝えしたいのでございます。

それにしてもこんな事になるんなら余計な事はせずに茶色のままにするか、塗装剥離せずに青に塗り替えればよかった…
1

2018/1/22

相乗効果  鉄道模型(16番)

と、いう訳で昨日はクラブの例会日。で、総会の開催日であり年に一度のモジュールによる運転会開催日でもありました。

ワタシはすかさず出来たばかりのクモヤ93を…と行きたいところなんですが、なんせヤツには動力が入っておりません。
そこで、苦肉の策とばかりに…
クリックすると元のサイズで表示します
本来の用途通り、架線試験の様子と称してDL牽引でしずしずと走らせておきました(汗)…

年末にはコイツのせいで散財したヒトが広島にも大勢いたらしい…
クリックすると元のサイズで表示します
かっぱ様のTOMIX製223系です。6両編成ですが、本人曰く「8両にすれば良かった」とか。
ワタシも欲しかったのですが、残念ながら宝くじはハズレでしたので…

西のワムハチ様のモジュールには蟻が出現!
クリックすると元のサイズで表示します
黄色のアント(蟻)ですが、動けば面白いのにねぇ。

さらに工場脇の駐車場の看板には…
クリックすると元のサイズで表示します
祝!宇宙進出!!!

まろねふ症候群の末期患者は息も絶え絶えに作業中。
クリックすると元のサイズで表示します
余命あと僅かとか…しみじろう様、成仏して下さい…

そして今回新たな発見が!ワタシのモジュールの隣に西のワムハチ様のモジュールを繋げたんですが、風景の繋がりが絶妙なのであります。
クリックすると元のサイズで表示します
このアングルが気に入ったので、この後ココで一杯撮影させて貰いました。

まずはワタシの可部線ナナサン。
クリックすると元のサイズで表示します
ゴチャゴチャ感が下祇園っぽく感じますね!

H山君の113系も。
クリックすると元のサイズで表示します
これで酒さえあれば(謎)…

本命はコレ!
クリックすると元のサイズで表示します
最高でぇ〜っす!!!

こんな風に撮影すると自分のモジュールじゃあないみたい。
クリックすると元のサイズで表示します
「早う通り過ぎんかいのぅ」とボヤいてみたりして…

この他にも沢山エエ画像が撮れたのですが、ここら辺で止めておきます。
なんとも実に楽しい一日でした。
参加された会員の皆様、お疲れ様でございました。
2

2018/1/14

判断ミス?  鉄道模型(16番)

いやぁ、この週末は寒かったですねぇ!
新潟では列車が立ち往生する程の積雪があったようで、さらにはその対応について賛否両論あったようですネ。

さて、そんな中まずはクモヤ93の最終報告(?)など。
クリックすると元のサイズで表示します
室内の仕切りをネットで拾った情報を元に作成、取り付けてこれで完成という事にしておきました。

で、次なるネタはといいますと…
クリックすると元のサイズで表示します
おいっ!!!何をするつもりだ???
ご覧の通り、昨年増備した車両達を弄くる事にしたのであります。

まずは塗装の剥離から。
クリックすると元のサイズで表示します
IPA漬けにしたのはいいんですが、やはり寒過ぎるせいか一向に剥離する気配がありません。
しょうがないんで以前競作の485系加工の時にも使った「湯煎」をしながら剥離作業を進めました…が…

TOMIX製の車体は脆いんでしょうか?客扉下の蹴込み(?)が壊れちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します
これじゃあ何が壊れているんか、よう判らんですね(汗)…
本来なら客扉下にあるはずのステップ部分が無くなっておる訳であります。

今回色を落としたのは車体色が単色の車両ばかり。なかなか剥離出来ない状況に加え、前記の通り車体の一部が破損したりしており、こんな事なら色を落とさずに作業に入った方が良かったのかもしれません…


1

2018/1/7

ひたすら手作り?  鉄道模型(16番)

という訳でクモヤ93です。

残る下回りの工作を進めます。
まずは床下機器。
クリックすると元のサイズで表示します
日光モデルの80系用を使いました。
取り付け板は1.5mmプラ板を切り出してあります。

妻面もプラ板の取り付け板を介して各種パーツを取り付け。
クリックすると元のサイズで表示します
なお、連結器は自連の時もあれば密連の時もあったようで、結局手元にIMONカプラーがあったので自連を採用し、そのカプラー共々取り付け板をネジ留めする形にしました。

さて、台車の取り付けについては少々手が掛かりました。
というのも、台車をKATO製品改造とした為通常の方法では取り付ける事は出来ません。
クリックすると元のサイズで表示します
結局プラ板等を駆使して上の画像の通りボルスタ関連部品を作成し、取り付けるようにしてあります。

そのボルスタ部分の寸法や形状については台車と干渉しないようにでっちあげました。
クリックすると元のサイズで表示します
画像の通り、台車の回転を妨げないように六角形に整形してあります。

そのボルスタ部品を黒く塗装して床板に取り付けると…
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じに仕上がっております。

一応、集電機能を生かせるようにしてます。
クリックすると元のサイズで表示します
ここでお気付きかもしれませんが、この車両には動力装置はありません。
当初は競作の規定もあり、パワトラを装備するつもりで床板にもそのような大穴を空けてありました。しかし、軸距31.5mmのパワトラが入手難だったり競作の締切に間に合いそうになかったりで路線変更。いろいろ考えがありKATO製品をベースに台車を作成しました。
これまでの記事の通りKATO台車の骨格をそのまま流用している為、動力台車化は比較的簡単に出来る筈なんで気が向けば動力化してやろうと思ってます。

そんなこんなで出来上がった下回りと車体をドッキング。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
室内の仕切り等は未装備ですが、とりあえず出来上がり。
こうして見るとなんだか掴みどころの無い車両ですな。クラブの例会時にヤードの片隅に置いておけばそれなりに見栄えがしますかね…
2

2018/1/2

謹賀新年2018  

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
穏やかなお正月ですね。このまま穏やかな良い年になることを願います。



さて、ブラック企業も真っ青な当工場では正月休みもなく稼動中…
クリックすると元のサイズで表示します
いろいろ部品を付けて…

クリックすると元のサイズで表示します
黒く塗って…

クリックすると元のサイズで表示します
組み立ててみると…
イェーイ〜!!!片側の台車が出来たぁ〜!!!結構それっぽくなったぁ〜!!!

この調子で休みの間にもう片っぽの台車も作ってしまわんと!!!
1

2017/12/31

総括2017  

という訳で、今年も今日でオシマイ。
いつもの通り(?)1年を総括してみましょう。

まずはカープの連覇でしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
しかも仕事の都合とはいえビール掛けのお手伝いまでしたという、それはそれは貴重な体験をさせて貰いました。CS敗退は残念でしたが、来年も優勝候補の一角なのは間違いない筈です。簡単な道のりではありませんが、3度目の正直でなんとしても日本一になって欲しいですね。


そして今年は色んなトコロへ出撃。
まずは延伸開業した可部線へ。
クリックすると元のサイズで表示します

さらには廃止の迫る三江線に。
クリックすると元のサイズで表示します

夏にはナロー初体験!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

そんな訳で、実物編は結構充実した年でした。
来年はドコへ行こうかいのぅ。


では、模型編。
まずは竣工車両から。
N部門では青ヘビが竣工。
クリックすると元のサイズで表示します

お次は16番の竣工車両。






以上!
んん?あれ???
何と、気が付けばクモヤ93にかまけて16番の車両は1両たりとも竣工しておりません。
いやあ、こんな年もあるんですネェ…ま、来年は頑張りマス…

しかし、その代わりと言ってはアレですが増備した車両はエライ事になっております。
まずは逝去されたクラブの大先輩の遺品の一部を購入。
クリックすると元のサイズで表示します
電機1両、客車6両、貨車9両の計16両が我が車両区へやって来ました。

すると何故かそれを見ていたまろねふ会長から差し入れ(?)が…
クリックすると元のサイズで表示します
客車1両と貨車9両が転属して来たのであります。

さらには荷レ要員としてコイツが年末ギリギリに滑り込み!
クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなで総勢28両もの車両が増え、来年以降の工作ネタは大充実。
当分車両は増やさんでもエエな、こりゃ。まあすごい年じゃったワイ。

さて、今年一年弊ブログを生暖かく見守って(?)頂きありがとうございました。
来年もいい年になりますように…


2

2017/12/24

メリークリスマス?  鉄道模型(16番)

今日は12月24日。
いわゆる聖なる(性なる?)夜ですな。ま、色気とは縁遠いワタシは昨日、今日と家の掃除やら年賀状の作成などをしておった訳であります。

そんな中、クモヤ93の台車も少しずつ進んでおります。
クリックすると元のサイズで表示します
台車枠上部の梁と集電パーツを接着。そこへ軸梁パーツを仮置きしてみました。
ようやく形になって参りました。

製作過程はこんな感じで…
クリックすると元のサイズで表示します
手作り部品が多くて、時間も手間も掛かっております。
ワタシがこんな苦労をしている間に、世のカップル達はさぞかし楽しいひと時を過ごしているんでしょうナァ(羨)…

が、そんなワタシにもサンタさんからプレゼントが!
クリックすると元のサイズで表示します
ヒヒヒ、やっと荷レの構成員が増えたワイ。



でも、何故かサイフが軽くなってるんですケド(泣)…
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ