2017/7/23

暑すぎ…  鉄道模型(16番)

梅雨が明けて、夏がいきなり本気を出して来やがりました。この週末も暑かったですネェ…
この週末なんですが、昨日はお仕事。昨年に続いて「けん玉W杯」会場でわが社のお酒を売る仕事であります。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年の経験上、けん玉とお酒はあんまりリンクしませんから今年は少しでもお客様の興味をひくように、こんな感じでディスプレイしてみました。
ま、でもやっぱりヒマなもんはヒマで、さらには暑さが半端なくてワタシだけでなく他の出展業者のヒト達も皆真っ赤な顔で汗だらだらでお仕事をしている状況なのでありました。
幸い、誰一人熱中症で搬送される事はありませんでしたが、来年以降は開催時期を考え直して頂ければ幸いでございます…

そして本日は色々と用事を済ませて、いざ競作を!と思ってましたが、やはり暑さのせいか相変わらずの牛歩状態…

まずは観測ドームの加工を。
クリックすると元のサイズで表示します
画像の通り、真鍮線で取り付け足を付けてやります。
その「足」に対応して車体側に穴あけ。
クリックすると元のサイズで表示します
んん?観測ドームが付く場所は本来なら開口すべきではないんかな?

実は、なんにも考えないで補強材を付けてしまったもんですから、ドームが付く場所には開口部を設けられない状態なのでございました(汗)…
クリックすると元のサイズで表示します
先の事を考えて無さ過ぎな訳で、将棋に例えると話題の中学生棋士に一手指しただけで負けが決まってしまうような状態かも(泣)…

で、そんなこんなで競作の進捗状況はココまで…
もう締切りまでのボーダーラインは越えてしまっていると思います。ただ、ココで放り投げるのもどうかと思いますんで、もう少し悪あがきをしてみようかと思います。


しかし、コレで間に合ったらスゲエかも…
1

2017/7/17

梅雨明けでしょ?  鉄道模型(16番)

この三連休は暑かったですネェ…
もう梅雨明けで間違いないんじゃないかと思う今日この頃であります。

で、先日の日曜日はクラブの例会日。
まずは編成ネタから。
クリックすると元のサイズで表示します
右からしみじろう様の貨物列車、かっぱ様のコンテナ列車、同じくかっぱ様の気動車特急です。しみじろう様の貨物列車はクラブの誰もが意表を突かれた(!?)訳ですが、しみじろう様はこの列車だけでなくちょっとした弾けっぷりをこの後も見せてくれたのでありました。

こちらはなかのひがし様のブルートレイン。
クリックすると元のサイズで表示します
見てくれは普通ですが乗客はアヤシイ人がいっぱい(謎)…

こちらは健全(?)に呉生れ様の蒸機です。
クリックすると元のサイズで表示します
この他にもマレー式蒸機が出現するなど、古典機祭りなのでありました。

そしてしみじろう様のはっちゃけ第二弾!
クリックすると元のサイズで表示します
先々月の記事で紹介したクラブの故人の遺品を即決購入した115系3000番台です。

ワタシはその遺品の貨車を…
クリックすると元のサイズで表示します
EF62牽引の信越線貨物をイメージしてみました。

新会員のH山さんはお立ち台を持参。
クリックすると元のサイズで表示します
H山さんのEF65PFとワタシのPFを並べてみましたが、実にエエ感じです!

さらに、しみじろう様のはっちゃけ第三弾!!!
クリックすると元のサイズで表示します
急行「山陽」がしみじろう様所有な訳ですが、短期間で編成モノが大増殖!財務状況はどうなっているんでしょうネ?

ワタシはホキ800も持参していたので、H山さんのPFを借用。
クリックすると元のサイズで表示します
足回りがグレーな機関車が先頭に立つと、今風のバラスト列車に見えて実にエエ感じなのであります。

三連休なんで、競作も進めております。
まずはこんな物体をプラ板から作成。
クリックすると元のサイズで表示します
屋上機器ですが、何でしょうネ、これは?

実は、こんな所に付く機器なのでありました。
クリックすると元のサイズで表示します
間に合うかどうかは分かりませんが、引き続き頑張りたいと思うのでありました。
そして例会に参加された会員の皆様、お疲れ様でございました。
3

2017/7/9

梅雨空  鉄道模型(16番)

相変わらずスッキリしない天候が続く今日この頃であります。
この週末ですが、昨日は会社のレクリエーションがありまして昼間から酒をかっ喰らっておりました。
で、本日は会社の野球部の試合だったのですが、試合会場まで行ったところで雨の為に中止となりました。
そんな訳で帰宅後は家の事やら何やらしながら、競作もほんの少し進めております。
相も変わらず屋上の工作ですが、いろんな機器類の取り付け穴を開けただけです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ご覧の通り結構な数の穴開けをしておりますが、実は穴を開ける際の寸法が全くわかりません。せいぜいパンタグラフの取付場所くらいですかね、判っているのは。
では、どうやって位置決めをしたかというと、手元にあるTMSの作例写真やネットで拾った画像を元に適当に割り出しておる訳でございます。
ただ、適当に割り出しているせいで結構誤りもあったりする訳で、この屋根についても何箇所かは開口後に埋めて穴を開け直したりしてます。
まあ、そんなこんなで相変わらずの牛歩具合です。
誰かやる気スイッチを押してくれませんかネェ…

1

2017/7/2

原付免許?  

と、いう訳で原チャリです???
当たり前の話ですが普通乗用車の免許を持っているヒトは、原動機付自転車(原チャリ)の免許が付いて来ます。ですから普段クルマを運転するワタシも原チャリには乗れる訳でありますが、これまで乗ったことはございません。
何故かと言うと、大学生の時に友達の原チャリを運転させてもらった事がある(自動車免許取得後に安全な場所で、ですヨ)のですが、何と言うか漕いでいないのに進む感覚(身体に感じる加速度とか風の感じとか?)が恐ろしくて、とてもじゃないけどこんな物には乗れん!と思っておりました。

しかし、何故か我が家にはその原チャリがあったりするんです。
クリックすると元のサイズで表示します
コレは妻が乗っているヤツなんですが、上記の通りこれまでワタシはまったく関わっておりませんでした。せいぜい給油するGSがセルフ式なんで、クルマの給油と同じタイミングで妻にGSまで乗って来させて給油やらタイヤの空気圧を調整する程度のお付き合いです。
しかし本日、クルマの燃料はほぼ満タンなのにも関わらず給油する必要がありました。セルフ式のGSでは妻は自分ではよう給油出来んと言うものですから、意を決してワタシがついに原チャリデビューをする事にしたのであります。
で、実際に原チャリを運転してみたところ、まぁ交通量の少ないいわゆる裏路地なんかは自転車感覚で運転出来ました。が、普通にクルマが行き交う道路となるとやっぱり恐ろしい!
自転車ならスピードも遅いし、なんせ車両感覚はほぼ自分の大きさと同じ。しかし原チャリとなるとやはり自分より少し大き目の車両感覚となり、横を走り抜ける(?)クルマが怖いのなんの!
ま、今後も積極的に原チャリに乗ることは無いな、と言うのが正直な感想なのでありました。

あ、競作にも少々触れておきましょうかね。
クリックすると元のサイズで表示します
画像の通り屋根上の機器類の設置準備に着手した程度。
やはり製作動機に少々無理があったせいか、なかなか前へ進みません。
気休めにと思い昨年の競作進捗状況を確認してみると、なんだかんだ言いながらも7月頭の段階で塗装は済んでおりました。


う〜む、ちょっとヤバい状況になって来たかも…
2

2017/6/25

とりあえず作ってみた。  鉄道模型(16番)

と、いう訳で競作であります。
ここの所あまり気乗りしないんで作業が進んで無かったんですが、なんとか気合を入れて再開させました。
今回は屋上機器のハイライトとも言えるヘンな形の碍子を自作してみました。
以前の記事でご紹介した通り様々なパーツ類を購入して準備したんですが、結局エコーモデルの細密ワッシャ・パイプやIMONの碍子・細密ネジを組み合わせるとそれっぽくなりそうなので、その形で作業開始です。
クリックすると元のサイズで表示します
まずはエコーの1.5-1.2パイプを1mm程度に輪切りして、IMONのM1.2段付きネジに嵌めます。

それからエコーの細密ワッシャ(3mm径)、IMONの直流碍子の順番でネジに通して行きます。
クリックすると元のサイズで表示します

で、ワッシャと碍子が接する形で瞬間接着剤で固定してやります。
クリックすると元のサイズで表示します
ま、こんなモンかな?

ちなみにこの碍子のボリューム感を測るために、実際に車体に装着してみると…
クリックすると元のサイズで表示します
エエ感じなのか?

最後に碍子っぽくするためにパテを少々盛りまして…
クリックすると元のサイズで表示します
おおっ?思っていたよりもかなり碍子っぽくなった!!!
コレを時間を置いて乾燥させた後に整形、塗装してやれば懸案だった異形碍子の出来上がりとなりそうです。
ようやく屋上機器製作の目処が立ちました。引き続いて作業を進めて7月中には生地完成に持ち込みたいと思っておりますが、どうなるんでしょうね…
2

2017/6/18

千客万来  鉄道模型(16番)

と、いう訳で本日はクラブの例会日。
先月の新会員さまのネタもあることだしと、今回はワタシも広島ネタを持って突撃!
クリックすると元のサイズで表示します
ご覧の通り、広島運転所(今はそんな呼び方はしないんでしたっけ?)の再現であります。

さらには、ワタシの115系にはオマケ(?)が…
クリックすると元のサイズで表示します
なかのひがし様のN40体質改善車を併結。8連で走行させると、なかなかに壮観なのでありました。

また、本日の例会ではかっぱ様の新ネタが続々登場!
クリックすると元のサイズで表示します
お約束(?)のTOMIX製DF200がまろねふ会長の泥沼ディーゼル機と並びました。
間髪入れずにこんなブツも…
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと判り難いですが、画像一番上のコンテナ列車の牽引機はなんでしょう?
そう、アレはTOMIX製EH500!もう、重症どころか重体(!?)ですな。
そしてついにはDD51の廃車回送まで!
クリックすると元のサイズで表示します
DF200に牽かれてラストランを済ませたDD51達は、車体色の通りに「お星さま」になってしまいました(ウソです)…

なかのひがし様はレール運搬車のチキに補機を加えて…
クリックすると元のサイズで表示します
但し、チキは6両だったんで補機が必要だったのかどうかはワカリマセン…

新会員のH山さんはこんなモノも投入。
クリックすると元のサイズで表示します
随分と前に製作された「旅路」ですが、イロイロな理由で車体が結構痛んでおりました。
今後はレストアするのか、はたまた新規で作り直しになるのかはご本人のみぞ知る…

ヤードの片隅では、なぜだかEF65祭りが開催されました。
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり馴染みの機関車は皆持ってるんですネ!

最後はワタシの大好きな近鉄ネタ。
クリックすると元のサイズで表示します
I井先輩の30000系ビスタカーと21000系アーバンライナーです。
実物では残念ながら両車ともアレコレと改造された挙句に、ヘンな色(アーバンライナーはまだましですが)に塗られてしまいました…

と、まあ今月は色んな車両がレイアウト上を彩った例会となった訳で、ワタシも競作車両の工作そっちのけで楽しんで参りました。ま、競作は明日以降なんとか頑張るとします。
そんなこんなで本日参加された会員の皆様、お疲れ様でございました。
1

2017/6/12

お疲れちゃ〜ん…  鉄道模型(16番)

この週末は子供達の運動会があったり、競作の部品を買出しに行ったりで気が付けば終わっておりました。
その買ってきた部品の数々がコチラ。
クリックすると元のサイズで表示します
主に屋根上機器用のパーツを購入してきたのであります。
で、このクモヤ93の屋根上機器についてですが、どうやら落成時から廃車になるまでに結構変わっているようで、イマイチ判然としません。
悩んでいても資料は無いんで、ここは現在参考資料として保有しているTMSの製作記事に沿って製作して行こうと考えております。

で、作業の進捗状況ですが冒頭に記した通りなんだかんだで(?)あまり進んでおりませんで、結局この画像の通り観測ドームを組立てた程度で終わってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず組立てたドームを仮に屋根に置いた状態です。ドームの窓ガラスをどうするかなど結構問題点があるのですが、これは作業を進めながら考えることにします。

それにしてもここ最近は夕食時に酒をかっ喰らって気が付けば寝落ちしている状況が続いております。ちょうど春から梅雨、夏へと季節の変わり目にあたるせいか、身体と気力がイマ一つ一致してないような感じなのであります。なんとかこの状況を乗り切って、締め切りに間に合うように頑張りたいと思う今日この頃なのであります。
1

2017/6/4

グリーンフェスタ2017  鉄道模型(N)

と、いう訳で毎年恒例の(?)模型クラブでお世話になっております安東公民館の公民館祭り「グリーンフェスタ」に参戦して来ました。
我がクラブは、やはり毎年恒例のNゲージレイアウトを使った鉄道模型の体験運転を行った訳であります。

まずは、前日の土曜日に準備をして…
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに今年はやんごとなき事情で、設営後の試運転(=お楽しみタイム!)はありませんでした…

そして当日線路に並んだのは、何の脈絡もない車両群(汗)…
クリックすると元のサイズで表示します
まぁ、基本的にお子様達向けとしてドクターイエローがおりますから、残りの車両は我々の趣味の世界なのであります。

昨秋整備された街並みも当然出現。
クリックすると元のサイズで表示します
ただ、残念ながらお子様達の反応はイマ一つだったのでした…

でも、運転する楽しさは味わって頂けたかな?
クリックすると元のサイズで表示します

体験運転以外にも、例年通り16番モジュールを展示。
クリックすると元のサイズで表示します
まろねふ会長の「有福口駅」です。そのまろねふ会長は見学に来たかわいい女子達に、鉄道小荷物から宅急便に進化したなんていう有難い(?)講義をされていました。

さらに展示コーナーではこんなマニアックなモノも…
クリックすると元のサイズで表示します
N村先輩がTOMIX227系加工品と写真を並べて、屋上のエアコンメーカーの差異を解説。
多分、見学に来られたほとんどのヒトがなんの事やら判らなかったでしょうネ…

そんなこんなで、無事グリーンフェスタも終了しました。しかし、天候が悪かった昨年以上に今年は人出が少なかったように感じました。なので当然、我がクラブに遊びに来てくれたキッズ達の数も少なかったように思います。ちょっと、マンネリ化してるんかなぁ…
なにはともあれ、本日参加・お手伝い頂いた会員の皆様、お疲れ様でございました。



ついでに一言、バティスタすげえぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!
2

2017/5/28

一区切り?  鉄道模型(16番)

と、いう訳で(?)競作であります。
前回記事までに車体を箱組しておりますので、今回は屋根を付けてやるのであります。

まずは、屋根を付ける前に屋根用ベース板というべきパーツを付けていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
このキットのパーツ構成では、この屋根ベース板(紙)を先に車体に付けて車体幅を狂いなく決める形になっております。
ただ、このベースは紙なもんで強度的に若干不安だったんで床板固定用に付属していたパーツを車体上部補強部材に転用して、車体幅をしっかり固定するようにしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
画像中央部の木材が本来なら床板を固定する為の部材の一部になるのですが、ご覧の通り床板を固定する部材は市販のアングル材に変更してある為に転用可能になったのであります。

そしていよいよ屋根を付ける段階に突入。このキットでは床板にも使えるような厚みのある木材が屋根板として同梱されています。
ただ、その屋根板では厚みがありすぎて所定寸法まで削り出す為には相当の手間が掛かりそうです。
そこで、手元にあった適当な厚紙を屋根板にすることにして、強度確保の為に2枚貼り合せてさらにサーフェイサーを塗布しておきました。
乾燥後にペーパーで研いだのがコレ。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこの屋根板を車体に付けて行きます。接着には木工用ボンドを使いました。
接着後には画像の通り重しを乗っけてしっかり固定してやります。
クリックすると元のサイズで表示します

完全に固着出来たら屋根板のカーブを付ける作業に突入。
と、いってもこのクモヤ93は完全低屋根構造になっていて、屋根中央部のRは無視出来る程しかありません。屋根肩部のRも結構小さめで、写真を見ながら主に粗めの紙やすりで切削してやりました。
その後、サーフェイサーを塗布して研いだのがこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
実車の画像と比べてみても、まぁボチボチな感じになっております。
今回屋根板を付けてようやく車体が箱になりました。
今後は主に屋根上のディテーリングを行い、車体工作に目処を付けたいと思っております。

ただ、屋根上のディテールは結構面倒臭そうなんですよネェ…
2

2017/5/21

新人さん、いらっしゃ〜い!  鉄道模型(16番)

と、いう訳で(?)本日はクラブの例会日。

ただ、本日はとある事情で開始早々模型の即売会(?)が開催されました???
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
数年前にも似た様な光景があったかと思いますが、これは以前クラブに所属されていた会員の方が亡くなられた為に結果的に遺品となった模型の数々です。
ワタシの所属するクラブは創立30年を越えている為、大ベテラン会員様が残念ながら亡くなられるという事態が起こってしまいます。で、遺された数多の模型をご遺族の方が我がクラブに売却というか処分を依頼されるというコトになっているのでございます。
そして本日、ワタシを含め(!)多くの会員が遺品を引き取らせて頂いたのでありました…

さあ、それでは今日走り回った模型のご紹介を。
クリックすると元のサイズで表示します
EF62の並びですが、左側はセノハチ様がエンドウのキットを組んだ逸品です。右側はワタシのTOMIX加工品。
この画像では判り難いですが、やはりブラス車両の重量感というか質感はプラ製品加工車両には無いものがありますね。

そのロクニに連なる列車はというと…
クリックすると元のサイズで表示します
一番奥はセノハチ様作の「妙高」。真ん中もセノハチ様作の「白樺」。実にカッチョ良え客レですネ。
で、手前の茶色いヤツが今回ワタシが上記遺品の一部を引き取らせて頂いたブツになるのであります。
KATO製の旧客ですが、これは今後青く塗ったりゴソゴソとイジろうかと思っておるのでございます。
この旧客の牽引機としてコレも。
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱりゴハチには旧客がお似合いですネ。

こちらはまろねふ会長の病原菌(?)
クリックすると元のサイズで表示します
コイツのせいで未だにセキが止まらないらしい、です…

これは西のワムハチ様のEF65123ですが、見慣れぬヘッドマークがついてます。
クリックすると元のサイズで表示します
よーくみると「V7」という文字が見えますね。これ、昨年のカープ優勝時に配布されたコースターをベースに作成されたオリジナルヘッドマークです。どうせなら、後に続く客車も真っ赤にすれば良いのに???

おおっ!!!なんじゃぁ!!!こりゃぁ!!!
クリックすると元のサイズで表示します
ご覧の通り、いわゆる広島ネタです。
本日見学に来られた方が持参された作品です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
それぞれが非常に高いレベルの工作によって作成されており、あまりの出来栄えに言葉を失ってしまいました。
実は、この作者様はお父様が昔当会の会員だったらしく、結局本日目出度く入会の運びとなったのでございます。
で、追加でこんなブツも…
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
TOMIX製クモニ83ですが、屋上配管等の加工がされております。
トワイライト色のPFも。
クリックすると元のサイズで表示します
何気に黄帯の上下の細〜い白帯を表現されておりました。スゲェ…
さらには冒頭の遺品を購入されるにあたり、わざわざお金をおろしに行かれたりと名実共に(!)立派な当会の会員となられたのでありました。

そんな訳で本日は将来有望な新人が入会される等、非常に充実した例会となったのでございます。本日参加された会員の皆様、お疲れ様でございました。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ