社労士試験にたった169日で合格!“トリプルライセンス”梅田浩一のらくらく勉強法 感想  資格取得



社労士試験にたった169日で合格!“トリプルライセンス”梅田浩一のらくらく勉強法 感想



 詳しくはコチラ




 いったいいつまでこの不況は続くんでしょうか。

 私の会社も残業禁止となり給料が激減しました。

 しかし残業禁止になったからといって仕事が減るわけでもなく
タイムカードを押さずに休みに出勤してこなしています。


 営業にいる同期にこっそり教えてもらったのですが
どうやら会社自体の業績も芳しくないらしく、
覚悟しておいたほうがいいとのこと。




 まだ失業してない分、ましな方ですが
再就職となると私は何の資格も持っていませんでした。

でも簡単な資格を取得したところで、再就職には役にたちません。

 そこで最近需要の多い社労士に挑戦しようと決心しました。




 しかしいざ本屋に行って参考書を買ってみると
分厚い上に、分かりにくいことこの上ない。

 一気に自信がなくなりました。

 合格率が5%というのもうなづけます。




 そんな時、
社労士とは、合格するための試験ではありません。
受験者を『ふるい落とす』ための試験です。

という言葉にひかれて、この教材を購入しました。



 梅田浩一さんは実際に社労士の試験に合格されていて
どういう勉強法が最適化ということを
このマニュアルで分かりやすく説明してくれています。


 もちろん裏技を使うとかの怪しい方法ではなく
どこを重点的に勉強すればいいのかということをです。




 しかもサラリーマンである私には1日のうちの
わずかな時間を少しずつ使ってできるというのが大変助かりました。


 朝のわずかな時間、通勤電車の中、昼休みの時間、
就寝前の少しの時間など、これらの時間を有効に活用して
勉強を進めることができました。


 特にストップウォッチを使って集中力を高める方法などは
もともと勉強が苦手な私には最適でした。




 そして結果は見事合格することができました。

 まさか一回で合格できるとは最初は思ってはいませんでしたが
学習を進めていく上で、どんどん自信がついてきて
結果もその通りになりました。




 教材の紹介ページにも書かれているのですが
社労士試験を合格することが目的ではなく、
この資格を使って、さらにステップアップすることが
本来の目的です。




 資格を取った今となっては会社がつぶれたら
どうしようという不安はなくなりました。


 今はこの資格を使ってどうやって独立しようか計画中です。

 実はこの教材は社労士試験を合格させるためだけのものではなく
特典として、独立のためのノウハウもついてきます。


 またメールサポートもついていたので
私もフル活用させてもらいました。

 やはり分からないときに、相談できるというのは安心ですよね。



 失業の不安をかかえているのなら、一度挑戦されてみてはどうでしょう。


 私が失業におびえることなく
独立・開業を目指せるようになった秘密はコチラ


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ