2017/8/16

JAMスピードコンテスト  鉄道模型

今年の優勝者はギネスブックに載ります。

仮の認定証が交付され、後日送られます。

私も一応頑張ります。 江川さんには敵いそうにないですが。

クリックすると元のサイズで表示します
これらは半年ほど前に手に入れたモーター類です。

奥の一つは12V用の小型モーターで円形と真四角の中間のような断面をもつものでスピードコンテストとは関係ありません。

クリックすると元のサイズで表示します
色々ありますが結局UNOさんの試作モーターが本命です。

宇野さんが「参考まで」と持って来られた台湾製モーターも使います。

クリックすると元のサイズで表示します
RS−05です。

今回出れば3回目になります。

クリックすると元のサイズで表示します
半年前はこんな構造でした。

キドモーターを26:16と減速して居ると思っていたら、勘違いで16:26に増速ギヤになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
台湾製、径12mmコアレスモーターに換装します。

スピコンチャンピオンの江川芳章さんに教えていただいた「コンデンサー」試してみます。
でもRS−05「C571やまぐち号」は小さいので1000μFが精一杯です。

クリックすると元のサイズで表示します
増速ギヤになっていることには気が付かずモーター換装完了。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じになりました。 江川さん情報“その2”の線路直接集電はこのRS−05は元々装備しています。

クリックすると元のサイズで表示します
仕上りました。

クリックすると元のサイズで表示します
16:26増速ギヤ。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとリード線が格好悪いですね。

実は増速ギヤは不味いので減速ギヤにしようと考えているときに城南島実験線でテストに狩り出されました。

ここで87倍換算2600km/hに達したようですが、ギヤ部を破損。

好都合ということでもう一回生まれ変わります。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらRS-06

クリックすると元のサイズで表示します
イモン伝統のクラウンギヤを使っています。

クリックすると元のサイズで表示します
去年関東合運で試作品モーターがあえない最期を遂げてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
平ギヤだけの連動にします。

駆動の仕組みを作ります。 其れには先ず寸法!

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは大きなコンデンサーを積みます。

クリックすると元のサイズで表示します
こうして2:1減速にします。

この車も増速だったんです。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなのを切出して

クリックすると元のサイズで表示します
出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
設計図?

クリックすると元のサイズで表示します
ボール盤で穴開けて

クリックすると元のサイズで表示します
出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
アイドラー

クリックすると元のサイズで表示します
モーター用の8枚ギヤは金属をやめて黒い方にしました。

クリックすると元のサイズで表示します
ミニ四駆のパーツに有用なモノが色々あります。

クリックすると元のサイズで表示します
ロックタイトは森井さんのこれです。

クリックすると元のサイズで表示します
動力パーツは黒染めで

クリックすると元のサイズで表示します
大体できました.

クリックすると元のサイズで表示します
コンデンサーやヘッドライトの改造があります。

クリックすると元のサイズで表示します
昔使っていたブリッジダイオードを使ったのですが、これの能力が足りていないかも・・・

でも兎も角通電するとラグ板付近のリード線が熱くなるので 発熱→ハンダ溶断を恐れて

クリックすると元のサイズで表示します
断面の大きなリード線と

クリックすると元のサイズで表示します
0.2mm厚(IMON)ではなく、0.3mm厚だるまやのラグ板に交換です。

クリックすると元のサイズで表示します
集電能力向上に向かいますが・・・
ブリッジダイオードの能力が心配、時間が無いので諦め。

クリックすると元のサイズで表示します
直接線路から集電する集電板。

クリックすると元のサイズで表示します
と、太くてしなやかさに欠けるリード線。

クリックすると元のサイズで表示します
中間車体に3300μFのコンデンサー

クリックすると元のサイズで表示します
面倒でややこしい配線を経て

クリックすると元のサイズで表示します
やっとこ

クリックすると元のサイズで表示します
組みました。 前から見た姿です。

クリックすると元のサイズで表示します
全景

クリックすると元のサイズで表示します
直接集電用ブラシです。

クリックすると元のサイズで表示します
一方こちら

クリックすると元のサイズで表示します
26枚歯から10枚歯に変更します。

クリックすると元のサイズで表示します
パイプ、パイプ

クリックすると元のサイズで表示します
重ねて

クリックすると元のサイズで表示します
メタルロックを使いました。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じ

クリックすると元のサイズで表示します
大事な?図面をもうこんな事に使っています。

クリックすると元のサイズで表示します
RS-07は今年は諦めます。

クリックすると元のサイズで表示します
ぐっとすっきりしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
上手く走ってくれると良いですが。

クリックすると元のサイズで表示します
小田急は現在こんな感じです。

こんなところまで来て屋根のカーブが気に入らず削り直しとか・・・正気の沙汰じゃないです。

貫通扉が後年のモノのようです。

ヘッドマークで隠れるが今年は間に合いません。

金曜の宴会欠席すれば土曜日に持って行けるとか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
これは

クリックすると元のサイズで表示します
JAM出展者(プロ、アマともに)だけが買える特別Tシャツです。

(会場で売りません・・・出展した「証」です)

やっぱり東海道はクロ151でしょう。





2017/8/14

小田急1700続き  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
まるで金属工作のように見えます。

床板に金属を使うので車体側に金属を使います。

超特急ダイジェストですので組立は飛ばします。
楽しい苦難の道が続きました。
元々考えていた組方を変更したので1mm×3mmのアングルと0.4mm×5mm 帯板で直角に半田付するのがなかなか大変でした。

クリックすると元のサイズで表示します
金属の骨を組上げて“トビカ”を吹いてから側板貼り付けるのですが、ゴム系接着剤を使う事にします。

強力に貼り付けたいので両面に塗るのですが、汚くなるので「紙」側はマスキングしてゴム系接着剤を塗ります。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴム系クリアを塗ったところです。

クリックすると元のサイズで表示します
3両分組み立てました。

クリックすると元のサイズで表示します
接着せずに仮組立して屋根板を置いてみたら長さが3mmも違います!

寸法通りじゃなかったのは雰囲気で数字を出した前面窓と乗務員室の間の数字です。

少しゆったりしていると思って作ったのですが平面図をよくよく見ると確かに意外に詰まっています。

クリックすると元のサイズで表示します
地獄のような外科手術が始まりました。

折角曲げた前面をやや伸ばして3mmずつ切り詰めます。

1両目を組んで見て3mmでは切り詰めすぎかなと判断、2両目は2.4mm切り詰めます。

クリックすると元のサイズで表示します
もう一回前面〜側面に至る所を整形します。

1700系は前面部分のR=4500mm、隅はR=300mm

雰囲気を出すように綺麗に曲げたいのですが紙はなかなかスムーズな曲面になってくれません。

直径3mmの太い真鍮線(何に使うつもりで買った物なのか忘れました)を台にして小さなベークライト片で擦ります。

クリックすると元のサイズで表示します
切り詰めた2輌の1700です。

左の1輌は瞬間接着剤の使い方に失敗がありダメージを受け、パテを使いました。

我家のパテはこんな色・・・金属工作用のパテですね・・・

クリックすると元のサイズで表示します
シルヘッダーを貼ります。

実は3輌完成させるのは諦めました。

JAMまで数日の時点まで3輌平行で進めてきましたが、パテを使う失敗で踏ん切りを付けました。

実際1輌でも出来るかどうか・・・赤の点滅のような信号、黄色かも知れません。 赤だったりして・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の時点です。

苦闘の歴史は省略!

パンタは1/87のPT42ですが、もう灰色とシルバーしかないので『トビカ』で塗りました。

「ペーパーで作る」を数十年ぶりに体験してみて驚きの連続です。

楽しい!
が時間の無い事!
追いかけられる苦しさは格別です!






2017/8/8

小田急1700側板  鉄道模型

ほぼ切り抜いてサーフェーサーを吹いてみようかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
先ずは切り抜いた紙の時点で紙をかぶせて擦って平面を出してから吹くことにします。

この写真、被せた紙を見ています。

切り抜いた「外板」の裏側は不当に出っ張っていますので、上から紙を被せてここでは半田ゴテの「チップリフレッサー」の金属ケースで擦ったらリフレッサーケースが持っていた汚れが紙の上に残ったのがこの姿です。

この様に平面だしの為に擦るには「チップリフレッサー」のケースは最高です。

また、
思い付きでやったのですが、これは良い作戦だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0.4o厚の外側もサーフェーサーを吹くとヘロヘロになります。 不安だなぁ。

外板外側はやや控えめに吹きます。 内側は曲げる内側部分をマスクして吹きます。

クリックすると元のサイズで表示します
0.2o厚の内張シリーズは「下敷きの新聞紙」をくしゃくしゃにして張り付かないようにしてみました。

しかし、湿度が高くて「くしゃくしゃ」ではなく「ふにゃふにゃ」程度にしかなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
乾燥させます。

クリックすると元のサイズで表示します
内側の内側

クリックすると元のサイズで表示します
東急ハンズでガラス板を買いました。

クリックすると元のサイズで表示します
前面側の隅R=300、その90度に足りない部分の円周を4.5o とみてその巾をマスキングするマスキングペーパーを切ります。

この作業のために買ったガラス板です。

クリックすると元のサイズで表示します
連結面側はR=150oの90度、2.7oを多数切らなくてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
そして内側にも吹きました。

クリックすると元のサイズで表示します
内張の0.2oシリーズをガラス板の下に敷いて探していた丸い物を並べます。

小田急1700系前面はR=5000oの半流線形になっています。

1/87としては直径115o程度のものを探していましたが、候補は2つ。

CD、DVDの直径は120o

JR東海の博物館リニア館のクッキーの空き缶直径が110oです。

クリックすると元のサイズで表示します
C62クッキー空き缶が採用となり曲げに掛かります。

クリックすると元のサイズで表示します
側板などはサーフェーサーが乾いたので貼り付け(重ね)に掛かります。

クリックすると元のサイズで表示します
エコーのフラットクリップで位置決めしてシンナーを隙間に浸透させて固定する作戦です。

四角いボール紙はワイシャツの型紙を25o×20oに切り抜いた私の努力作です。

今回“チームおやびん”競作に参加する伊藤正光さんの小田急電車で使ってうまくいった技法を真似てみます。

クリックすると元のサイズで表示します
外より両端で固定して内側部分だけ先にシンナー流します。

クリックすると元のサイズで表示します
なかなか具合が良いです。

木片は軽い「重し」です。

クリックすると元のサイズで表示します
割合上手くいきました。

密着度合いもヴェリーグット!

(伊藤さんのはもっと何倍もうまくいったに違いありません。 伊藤さんとイモンでは緻密さに差がありますので)

クリックすると元のサイズで表示します
次は妻板部分をうまく仕立てるために木片を用意します。

なんとこの妻板部で採用としたのは、昔から私の工作室に居座っている断面2o×5oの木の棒です。

クリックすると元のサイズで表示します
30.9oの長さに切ろうとして採用した4本(後に準決勝敗退の一本が逆転して採用になります)

長さが希望に合致して、どちらの端面を下にしても直立可能なものを材料にしようとしています。


慣れないということもあり、この紙での模型作りの大変さに驚愕しています。

3両というのが作戦失敗です。

昔、中学時代、紙で模型作ったんだから今も大丈夫というのは大きな勘違いかもしれません。

時間が逼迫しています。

でもこれを書いているのは旭川です。

こんな生活していたら模型は作れません。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ