2017/10/20

関東合運2017 開幕  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
三田会同室の皆様にだいぶ遅れて起床、飲み過ぎ・・・・

稲葉さんは記憶が無いとか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
朝ご飯です。 私はこれを食べました。 少し食べ過ぎですが・・・(何時もの通りです)

今日が合同運転会初日です。

クリックすると元のサイズで表示します
三田会レイアウト

クリックすると元のサイズで表示します
斎藤亨さんの真鍮スクラッチビルドによる台湾のキューロク2両。

クリックすると元のサイズで表示します
台湾キューロク、向こう側の1両はアルコのキューロクです。

クリックすると元のサイズで表示します
キューロク(左)とは全く違う機関車で、共通パーツは無かったというアルコキューロク(右)

クリックすると元のサイズで表示します
アルコのキューロクのテンダーもかなり変な格好。

クリックすると元のサイズで表示します
これは鈴木英一さんの13mmC61

クリックすると元のサイズで表示します
イモンがよく擬せられるE10、イモンは最近少し小さくなったから4110では?

クリックすると元のサイズで表示します
DF91

クリックすると元のサイズで表示します
3階は日本0番鉄道クラブ、日本トロリーモデルクラブ

2階は城北鉄道クラブ、グループ軌道線、鉄道友の会模型部会

クリックすると元のサイズで表示します
3階はプロト・サーティーンクラブ

2階はスワローエンゼル倶楽部

クリックすると元のサイズで表示します
HOJC スウェーデン国鉄900形 ヴァルヴギアは内側です。

クリックすると元のサイズで表示します
東野鉄道DC20形

クリックすると元のサイズで表示します
増原さんの気動車はFABの南薩テフ(←短い)から仕立てたものでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
栗原さんの相武鉄道

クリックすると元のサイズで表示します
C11の牽く客車列車。

クリックすると元のサイズで表示します
C57の牽く客車(優等列車?)向こうのエンドレスを行くED75の列車と並走になっています。

クリックすると元のサイズで表示します
驚きの窓「開」

クリックすると元のサイズで表示します
初日11:00は開通式です。 幹事クラブ“鉄道サークル沼南”と言うより今年のテーマ『常磐線とそれにつながる仲間たち』の展示用エンドレスでくす玉が用意されました。

クリックすると元のサイズで表示します
熊岡正悟君のスイッチ操作でくす玉が割れ、C62【はつかり】が発車します。

クリックすると元のサイズで表示します
三田会レイアウト、伊藤正光さんのスクラッチビルド7200形快走。

クリックすると元のサイズで表示します
鈴木英一さんの13mm【はつかり】C61+C60重連です。

クリックすると元のサイズで表示します
メジロのめ次郎さんの13mmC591が鈴木さんの【はつかり】を牽いて快走!(ポップアップします)

http://mejimeji.shumilog.com/category/%e7%8f%8a%e7%91%9ac591/

物凄い作り込みをされた機関車、3点支持に改造されたイコライザーを除けば珊瑚のキットそのままという動力で快走します。

クリックすると元のサイズで表示します
め次郎さんのC591と併走しているのは斎藤亨さんのスクラッチ、アルコのキューロクです。

(皆ポップアップします)

クリックすると元のサイズで表示します
アルコのキューロクはアメリカ蒸機のDCCサウンドが搭載されています。

クリックすると元のサイズで表示します
高木宏之(本当は梯子段の高)さんのC63、19700、D53が走ります。


C63;戦後にC53の延命措置として、健全なボイラーとC57相当の足回りを組み合わせ、下級線区への転用のため2軸従台車とした3番目のハドソンで、C61・C62と同様、改造母体との関係を示すため形式名のひと桁目を3とした。(4番目のハドソンは当然C60です)

19700;C51登場のすぐ後に同じボイラー、同じシリンダー、動輪径1400ミリで誕生した鉄道省初のミカド。 C51の原形式が国内初のパシ8900に1万を足したので、こ ちらは初のミカド9700に1万を足した。(朝倉技師設計の想定で、ボイラーがD50よりだいぶ細いのがミソ)

D53;C57のボイラーに動輪径1400ミリの1D1軸配置を組み合わせた日本のライトミカド。 キャブとテンダーはC58と同じで、計画形式KD55に相当。 戦後に9600の置き換えとして丙線の輸送力と速度向上に貢献。

クリックすると元のサイズで表示します
お昼御飯の生姜焼き定食です。 なかなか美味しかった!

クリックすると元のサイズで表示します
同じ3階の日本0番鉄道クラブを見に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
大きいから迫力有ります。 昔のカツミ?

クリックすると元のサイズで表示します
161系【と き】でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
日本トロリーモデルクラブ

クリックすると元のサイズで表示します
架線をよく使われるので上から観察したくなります。

クリックすると元のサイズで表示します
三田会の集合写真撮影がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
越後線にメジロのめ次郎さん製作C591が入線します。

クリックすると元のサイズで表示します
客車は天プラぶどう色1号です。

【つばめ】【は と】のぶどう色は瞬殺に近い程売れました。
長編成にする必要が有る編成で牽引力には問題ある天賞堂C62が単機で牽かなくてはならないからです。

クリックすると元のサイズで表示します
越後要介さんの13mmゲージいわゆる“越後線”は組立式レイアウトの金字塔だと思います。

このレイアウトは“たぬき”でお披露目されたことがあります。

http://train.ap.teacup.com/applet/yoshihiro/20140122/archive

クリックすると元のサイズで表示します
そのレイアウト上で驚くべき安定した走行を見せるめ次郎さんのC591。 (ポップアップします)

クリックすると元のサイズで表示します
関東合運の名物となりつつある工作教室

クリックすると元のサイズで表示します
馬場富士夫さんの講義は真鍮工作の基本中の基本を再び、ハンダ付けです。

そして真鍮をキサゲる事、実演がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
越後要介さんはサーキュラソーを思い通りに使う工夫についてです。

クリックすると元のサイズで表示します
0.1mm厚に切出された真鍮です。

クリックすると元のサイズで表示します
パイプを短く綺麗に切り落とす実演による仕上がりです。 真鍮線を通してそれごと切るわけですがまだ中に線が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
馬場さんが現に使っているお薦めのピンセットその1。

IMONでも売るべく入手先探し中です。

クリックすると元のサイズで表示します
その2です。 こちらは現在入手できません。

クリックすると元のサイズで表示します
サーキュラーソーの周辺。

クリックすると元のサイズで表示します
質問に対応中の講師お二人。

クリックすると元のサイズで表示します
何時もの展示。


JM(じゅうさんみり)から始まったのでJM=1/80というのは私は無理があると感じています。


JM(じゅうさんみり)そのものが、私もそうでしたが16番からの緊急避難場所として始まったもので、ベースとなるのが16番です。

16番=1/80ではない、線路幅は1/64程度なので1/80〜1/64の中間あたりに属するファジーな縮尺のごった煮なのです。

それを生かす! たとえ新幹線や外国形と別縮尺になっても資産を生かす事がJM(じゅうさんみり)の生い立ちなのですから。

http://train.ap.teacup.com/yoshihiro/152.html

この「おおむねスケール」という緩さを失ったらJMとは違う13mmゲージが必要だという事にもなります。

JMはEM(英国の1/76ファイン・・・こちらもやや緩い)を意識したとも言われています。

それは
「ジュウロクテンゴミリ」
「ジュウサンミリ」
「ジュウニミリ」
が皆JMなのに敢てJMとしたこと。
JS(ジュウサン)にしなかった事からも当っていそうです。

ゲージではなくスケールだと主張するならそもそも「ジュウサンミリ→JM」という名称は土台おかしい事になって仕舞います。

1/80ナローはG=9mmですから「キュウミリ」になってしまいます。

1067÷13=82.076923です。

HO1067の場合、HO=3.5mmスケールなので12.25mmが正規。 TT→HOm→の12mmの線路(実態はスラック許容一杯の12.28mm程度有ります)を使っているのが実態なので「12ミリ」という通称は規格名称にはなり得ません。




ところで、それとは別にJMでファインスケールは簡単ではありません。

蒸機キット製品は火室巾が16番用になっています。


「1/80 13mm」ファインスケールと言って思い浮かぶのは越後要介さんのEF18です。

蒸機以上に狭軌を必要とする旧型電機! 越後さんのは隅々までスクラッチビルドだから出来ているわけです。

全部スクラッチの斎藤晃さんのようなやり方が必要になってくるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
グループ軌道線、中澤さんの玉電200形、このドア開閉とステップの連動を見ずして合運は語れません。

クリックすると元のサイズで表示します
そして強烈なのが軌道を行く京王帝都5000系! 目を剥く気持ちの良さです。

クリックすると元のサイズで表示します
集合写真撮影

クリックすると元のサイズで表示します
そして懇親会です。

鉄道サークル沼南さんの真面目でしっかりした運営振りに拍手です。

クリックすると元のサイズで表示します
おやびんのご挨拶、乾杯は超早くて素敵でした。

クリックすると元のサイズで表示します
手締め!

クリックすると元のサイズで表示します
上尾に回されてしまう人達のお見送りです。

クリックすると元のサイズで表示します
けんかつの収容人員に限りが有るからです。

クリックすると元のサイズで表示します
皆様!今日はこの部屋が盛り上がっております!

クリックすると元のサイズで表示します
キチッと撮れているに違いない記撮に期待です。 (怖いだけかも・・・)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
私が大好きな場所(?笑)で12時台と午前2時台の写真です。 人が入れ替わったりしていますね。

終ったのは27時台だったかも知れません・・・私のいつもの就寝時間?

つづく







2017/10/18

関東合運2017  鉄道模型

兎も角合運報告行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
設営日、昼前なのに城北鉄道クラブのレイアウトは走っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
0系と151系が併走しています。

クリックすると元のサイズで表示します
THOも既に走っています。

クリックすると元のサイズで表示します
午後、三田会も走り始めました。

これは三田模型の一畑電鉄だそうです。(作者伊藤正光さん)

クリックすると元のサイズで表示します
FEFです。

クリックすると元のサイズで表示します
森美久仁のペーパー製165系
近作の様ですが、KATOの165系じゃだめなのかしら。

クリックすると元のサイズで表示します
伊藤さんの自作電車。

クリックすると元のサイズで表示します
カニ22に始まる20系編成。

クリックすると元のサイズで表示します
ホビーモデルのDD12でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
走らせると動力装置の違いから全く速度が違います。

クリックすると元のサイズで表示します
DD12の斎藤亨さんの自作動力装置。

クリックすると元のサイズで表示します
手前が斎藤亨さん米軍時代。 奥が伊藤正光さん、ホビーベースながら正面グリルやボンネット肩など彼方此方弄っています。

手摺が厄介で分解しづらいとも。

クリックすると元のサイズで表示します
HOJCの競作『紙ってる』にも参戦(というか未完成で恥ずかしい)小田急1700系

クリックすると元のサイズで表示します
設営日の宴会、チューリップにて。

クリックすると元のサイズで表示します
これは・・・岩澤さんがお持ちになった凄いローストビーフ・・・

牛肉としてこの様なサシの入った編成、じゃなくて肉は薄切りで、さっと炒めて醤油と砂糖で味付けてすぐ御飯と食べるのが最高ですが、同じ薄切りでもこのローストビーフをお酒のつまみにするというのも中々に凄い!と言うことを知ったです。

日米FTAだかという話題もありますが、サシが入った牛肉と赤身を塊で食べる牛肉は競合しないと思います。

アメリカから「車」はたいして結構じゃ無いですが、「牛肉」はどかどか輸入して欲しいです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
こちら模型道を追求中の三田会かな・・・ご来訪者もいらっしゃいますが。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
こちらは関東連合さんでしょうか。 イモンは更にその後HOJCに行ったのが失敗?

なにせ交流が楽しいからこその合運です! つづく!



(きょうはこれからたぬきですぅ)

2017/10/16

写真展始まります  国鉄時代

写真展設営お手伝いに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
第二回アートサロン写真展“「鉄路」へのときめき”です。

クリックすると元のサイズで表示します
まさしく今日から始まります。

錚々たる面々が集まっています。

凄い!  何処が凄いかと言えば『国鉄時代』編集長がイカロス出版のホールに写真を飾るところかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
1階の案内です。

クリックすると元のサイズで表示します
このイーゼルが歩道近くに掲出される予定です。

18:30までという時間設定がなかなか親切かと思います。 是非お出まし下さい!








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ