2017/4/25

9600キット組立Jボイラー謎の出っ張り  鉄道模型

9600キット組立続けます。


と、言いながら、しみじみ真鍮は簡単だなァと思います。

小田急1700形をペーパーで作ろうとしているのですが、車体隅にRが有ったりするので綺麗にペーパーで作るのはなかなか厄介です。

まあ実現する方法、アイデアをひねるところが作って遊ぶ楽しさに他ならないわけで楽しみですが、真鍮工作の易しさを痛感しています。

クリックすると元のサイズで表示します
69620はこんな大きさに見えます。 下に敷いてある写真は高萩市の9667です。

安全便座よりは高さがあるモノが多い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
ボイラーのRに合わせて曲げてみました。 周囲にフチ(台座)がありますので薄い板と二重にします。

クリックすると元のサイズで表示します
イモ付けで台座部分から先に半田を流します。

クリックすると元のサイズで表示します
ハンダ付け終了。

クリックすると元のサイズで表示します
余分なハンダを削り落とします。

クリックすると元のサイズで表示します
良い感じかな・・・チョット高いかもしれません。

さて、ボイラー上の謎の出っ張り、何か?というのが判ったような気がします。
たかぎひろしさん(高木宏之さん;高は「梯子」の高)から解説を頂きました。
以下極力そのまま綴ります。


あれは火室天井板のステイ(控)をオリヂナルのガーダー・ステイ(桁控)より頭の高いフレキシブル・ステイ(撓控)に改正したときの後付けカバーと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します
9600オリヂナルのガーダー・ステイ(桁控)

クリックすると元のサイズで表示します
ガーター・ステイ↑と火室、ボイラー・ラッギング(缶覆)の位置関係

フレキシブル・ステイは国鉄制式機ではC54より新規採用されてます。
このため火室部分のボイラー・ラッギング(缶覆)が1段高く(大径)なってますが、これを「テーパーボイラー」などと誤解してる人が多いのは困ったものです。
(国鉄制式機にテーパーボイラーは存在しません)


こちらはD52に於ける↓フレキシブル・ステイ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なるほど!C54からボイラーケーシングにテーパーが付くのはC54からフレキシブル・ステイを最初から装備しているからなのですね。

C51の写真を見ても同様の出っ張りが確認出来るカマが有ります。

9600の場合出っ張りの具合は色々で、以前2/3程が出っ張っていると書いてしまいましたが、静態保存機を調べた写真で実際に数えてみると20両中の10両、丁度半々、そして若番や北海道、九州といった所属先に関係なく存在しているらしい姿が見えてきました。

以下はIMON五反田工房スタッフ4人(私が撮ったのも有ります)が模型化前の取材で撮ってきたボイラー上の出っ張り在非が確認出来る静態保存機写真です。

一脚をめいっぱい伸ばして、ポールを連結し、手を伸ばしてデジカメのセルフタイマーを使って地上から機関車上側を撮影する技を使って居ます。

クリックすると元のサイズで表示します
9628=「有」 富山市・富山城址公園

クリックすると元のサイズで表示します
9643=「無」 札幌市・サッポロビール園

クリックすると元のサイズで表示します
9667=「有」 高萩市・高浜スポーツ広場

クリックすると元のサイズで表示します
9687=「無」 川口市・青木町公園

クリックすると元のサイズで表示します
29612=「無」 玖珠町・豊後森機関庫ミュージアム(直方汽車倶楽部修復途中)

クリックすると元のサイズで表示します
29638=「無」 旭川市・神居古潭公園

クリックすると元のサイズで表示します
39685=「有」 さいたま市・中央区役所(旧 与野市役所)前、現在は解体済み

クリックすると元のサイズで表示します
49600=「無」 美瑛町・中町公園

クリックすると元のサイズで表示します
49643=「無」 網走市・卯原内鉄道公園鉄道記念館(旧 卵原内駅跡)

クリックすると元のサイズで表示します
49648=「有」 中頓別町・寿公園

クリックすると元のサイズで表示します
49694=「有」 長沼町・長沼公園(旧夕張鉄道25号機)

クリックすると元のサイズで表示します
59609=「有」 新潟市・新潟県立自然科学館(ナンバープレートだけ29622取付)

クリックすると元のサイズで表示します
59634=「無」 北九州市・九州鉄道記念館

クリックすると元のサイズで表示します
59647=「有」 直方市・直方汽車倶楽部

クリックすると元のサイズで表示します
59672=「無」 新得町・旧新内駅跡

クリックすると元のサイズで表示します
59684=「無」 田川市・石炭・歴史博物館

クリックすると元のサイズで表示します
69644=「有」 紋別市・渚滑高齢者ふれあいセンター(旧渚滑駅跡)

クリックすると元のサイズで表示します
79615=「有」 倶知安町・文化福祉センター

クリックすると元のサイズで表示します
79616=「無」 日高町・ひだか高原荘(旧 日高山岳ビラパーク)

クリックすると元のサイズで表示します
夕張鉄道21号機=「有」 栗山町・栗山公園

ポップアップしますので模型の工作資料にご自由にお使いください。

また。汽笛が無いものが散見されますが、汽笛の位置には穴が見える写真が全て確認出来ますので盗難防止に取り外されているのか、または盗難に遭ったもののようです。





2017/4/24

近況  ラグビー

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
秘密の宴会も含めて宴会ウィークでした。          ↗おやびんポロ

クリックすると元のサイズで表示します
鉄宴会としては前例の無い屋形船に乗せて貰いました。 【かもめ】凄い!

クリックすると元のサイズで表示します
感謝感激。 かんれき

クリックすると元のサイズで表示します
春の大会、年貢の納め時。 相手は東京都では1,2を争う強豪、花園の常連東京高校です。

http://www.highschool-rugby.com/team/school/game.php?node=MTMwNjI=

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
たまに攻めても相手は速い!強い! また、相手の強さが判っているだけに自分たちのプレーが出来ません。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、一矢を報いる佐藤キャプテンのトライ!

クリックすると元のサイズで表示します
結局80点ほど取られて敗れました。

クリックすると元のサイズで表示します
我家の慧士朗君も使って貰えて何よりです。 今日は3番の位置(向こう側学習院の手前側最前列)です。

クリックすると元のサイズで表示します
体格差も痛感しました。

クリックすると元のサイズで表示します
普段のレポートと違ってこれは9600現在の姿。

エアホース、標識灯、泥ダメ周辺など・・・

小田急をバリバリ進行する必要があります。





2017/4/21

9600キット組立I キャブ組立開始  鉄道模型

簡単な部分と言えばそうなのですが、北海道9600をやるからには旋回窓が必要になります。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは思い出したのは、IMONのC60キットに旋回窓が入っていたな!という事。

うわっ・・・面倒くさそう。

鈴木達也さんの写真で見ると旋回窓周辺にはいろいろ鉄板に継ぎ目があって扱い易そうです。

クリックすると元のサイズで表示します
結局IMONのHPで検索したら何のことはない、IMONの旋回窓が有りました。

洋白の板、ロストワックスの旋回窓、塩ビ製の丸く抜いたガラス部分の3点、後は幅広の帯板か何かで塞げば何とかなりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
旋回窓の外側直径はこんな寸法です。

クリックすると元のサイズで表示します
旋回窓が付くキャブ前妻板のエッチングによる縁などの柄を削り落として周辺塞ぎ板を置いて適合する事を確認します。

逆転棒の為の穴がちょっとだけ大過ぎる感じがします。 一旦上から塞いでやや小さい穴を開ける事にします。

クリックすると元のサイズで表示します
キャブとキャブ前妻を先にたっぷりのハンダで付けてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
木のブロックを使います。

クリックすると元のサイズで表示します
真ん中から

クリックすると元のサイズで表示します
がっちり流します。 今見るともう少し高温で流した方が楽だったかも。

クリックすると元のサイズで表示します
旋回窓周辺塞ぎ板は妻板の外側、キャブ側板の面一に成るようにハンダ付けするのです。

クリックすると元のサイズで表示します
この際後ろ側妻板もハンダ付けしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
塞ぎ板「上下」ハンダ付けしちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します
削り落とす部分を削ろうとします。

クリックすると元のサイズで表示します
が、もっとうまい方法を考えて一旦ハンダ付けを外してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
ロストワックスによる旋回窓の外側長円形の外周がぴったり入る大きさに穴を広げて

クリックすると元のサイズで表示します
嵌め込んでみました。 これで円い旋回窓が充分出っ張ります。

クリックすると元のサイズで表示します
拡大鏡で見るとこんな感じ。

長円形の外周の出っ張っている方向が選べないので旋回窓のモーターを支える支柱の向きは選べませんが巧く行きそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に仕上がりました。 塞ぎ板「下」には後で逆転棒穴を開けます。

その旋回窓周辺塞ぎ板=「上」はキャブ側板の前側と成り、「下」の外側にはランボードとの間の補強板が付く事に成ります。

クリックすると元のサイズで表示します
ボイラー上サンドドームと安全弁の間にかなり大きな山脈が有ります。

クリックすると元のサイズで表示します
厚さ3mmの帯板でそれらしき大きさの出っ張り部分を作って載せます。

先ずはその部分ボイラーのディティールを削り落とします。

この出っ張りは北海道の国鉄9600保存機全体の2/3に存在します。

おそらく日本に残った9600全機の2/3程度にはこの謎の出っ張りが有るのではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
彼方此方に課題を抱えて時間を掛けて悩みながら進行します。

このエアタンク上のランボード、どうしましょう。 長さ調整、リベットの位置。

謎の出っ張り、エアタンク上のランボード、其れの解決法を考えながらキャブの作業に戻ります。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ