2016/6/29

模型工作室からオハ46A  鉄道模型

半年遅れの模型工作室、リアルタイムは9600に取り掛かりましたのでもっとがんばって書きます!

クリックすると元のサイズで表示します
貫通路にチラッと見せる室内色のプラ板細片。 踏板も塗らないといけませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
剥げた部分に色差しします。

クリックすると元のサイズで表示します
汚し吹きの準備です。

クリックすると元のサイズで表示します
パネルライトはIMONナハ10系と同じD2000-SUPERに載せ替えます。

クリックすると元のサイズで表示します
スマホ用と聞く村田製作所製スーパーキャパシタ装備です。

普通のスーパーキャパシタではちらつきは全くカバーできません。 キャパシタなら大丈夫ですが、キャパシタは一気に大電流を取り込もうとするので車輪が汚れやすい欠点があります。

コンスタントに電気を取り込むスーパーキャパシタの一種でありながら断線の瞬間、LEDに送る電気に変化を与えない奇跡のスーパーキャパシタです。

クリックすると元のサイズで表示します
説明書に従って半田付けしていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
ラグ板にも半田付け。

クリックすると元のサイズで表示します
パネルライトにテープを巻き付けてからLED付き基板をセットしてメンディングテープを巻き付けるという手順です。

クリックすると元のサイズで表示します
点灯試験です。 配光特性は完璧で光源の位置は外からでは全くわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します
車内仕切り板、椅子の高さの少し上に成るようにポスターっぽいもの(週刊誌をばらばらに切ったもの)を糊付します。

クリックすると元のサイズで表示します
仕切りもセットして点灯試験、トイレや洗面所の照度も適正か!?

クリックすると元のサイズで表示します
取付板にセットした椅子をアングル上に並べていきます。

青15号の客車車内の椅子が青15号ではナサケナイので私はELのJR貨物色ディープブルー(スプレー)に塗るようにしています。

クリックすると元のサイズで表示します
TR-47 汚し終わって最終組み立てです。

クリックすると元のサイズで表示します
IMONのラグ板

クリックすると元のサイズで表示します
配線しましたが

クリックすると元のサイズで表示します
リード線の長さが余るのでこの様にします。

クリックすると元のサイズで表示します
組立が終わってからレタリング開始です。

クリックすると元のサイズで表示します
写真が発見できたオハ46610(都城)にしますので、オハ46251(長さが同じ)を使って「オハ46」を適正な位置に転写します。

http://type103.heteml.jp/hk/rail/pc/pc43/Oha46_610.htm

クリックすると元のサイズで表示します
中心を見定めてオハ46だけを転写します。

クリックすると元のサイズで表示します
「6」「1」「0」を転写して転写終了です。

このオハ46もここで完成して完成状態は写真に撮らずすでに運用に就いています。
〔日南3号〕編成は運用されていませんので他の列車に借り出されてナハ10系と編成を組んでいます。





2016/6/23

カシクル  今鉄

いよいよ【カシオペアクルーズ】撮影です。

ただ、判っている時刻は五稜郭に7:10頃着と言うことだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
現在時刻 4:51

5:00 に出発します。
(実はこの時刻だと既に青函トンネルを飛び出した後であることを後に知りました)

クリックすると元のサイズで表示します
太平洋セメント上磯工場の積込場へのベルトコンベアの下を潜ります。 吃水の大きな船に積み込むためこんな事になっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します
松前国道を木古内方へ進みます。 (とっくに木古内に到着、停車中とは知らず・・・)

クリックすると元のサイズで表示します
泉沢〜釜谷 サラキ岬に到着して待ち受けます。 陽が当るかどうか微妙・・・

クリックすると元のサイズで表示します
5:57 2051レ通過 陽が当るかどうかぎりぎりです。

クリックすると元のサイズで表示します
6:04 道南いさりび鉄道 121D 通過 数分で随分違います。

クリックすると元のサイズで表示します
6:16 【カシオペアクルーズ】通過 EH800-1ですが、特に磨かれている事は無いです。

クリックすると元のサイズで表示します
6:51 3010B【はやぶさ10号】木古内〜奥津軽いまべつ 貴重なH5系です。

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線ビューポイントへ行って無料の望遠鏡で遊びます。 青森方。

クリックすると元のサイズで表示します
これは函館方。

我々は五稜郭 7:10 頃頃着、大沼公園 11:30 頃発の知識しか有りません。
「大沼公園 11:30 なら五稜郭を 10:45 位にでも発車するのかな」程度の予想をしていました。

それならばこの辺りで少しだらだらしよう・・・

実は【カシオペアクルーズ】は五稜郭でお客様を降ろして直ぐ回送、大沼駅に向かうのです。

このビューポイントで仲間の伊藤さんらしき車をちらりと見たのでメールを送ってみました。

「函館本線に転戦中です」とのお返事。 (7:00)

新幹線より【北斗】【S北斗】との判断と我々は考えました。

ビューポイントで教えて貰った「万太郎トンネル」を捜してみることにします。

クリックすると元のサイズで表示します
松前国道の途中、晴れて綺麗な函館山を撮影。 凄い「引き潮」です。

クリックすると元のサイズで表示します
駒ヶ岳も綺麗です。 (8:25)

この直後 8:31 伊藤さんからメール着信。 「今大沼で撮りました」

どうやらこの写真の瞬間辺り「あんな光景・こんな光景」が展開されていたのではと想像します。

大きな魚を逃したか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
8:51 万太郎トンネルに行き着くことが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
万太郎トンネルの入り口はシェルターの奥にあります。

クリックすると元のサイズで表示します
取り敢えず撮りました。 93B【はやて93号】(盛岡始発)です。

クリックすると元のサイズで表示します
3016B【はやぶさ16号】

クリックすると元のサイズで表示します
コイン式洗犬場前を通って、

クリックすると元のサイズで表示します
小沼沿い、「あんな光景」が展開された場所を通過。

クリックすると元のサイズで表示します
【カシオペアクルーズ】回送列車が停車中と教えて貰った大沼駅

クリックすると元のサイズで表示します
停まってます。

クリックすると元のサイズで表示します
牽引機はDF200です。

クリックすると元のサイズで表示します
10:33 7D【スーパー北斗7号】が通過して行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
大沼を見ます。

クリックすると元のサイズで表示します
9D【スーパー北斗9号】キハ283系を先に通してから大沼を発車というダイヤです。

【カシオペアクルーズ】は大沼の僅か先、大沼公園でお客様を乗せて発車です。

クリックすると元のサイズで表示します
やってきました。 DF200も余り磨かれていません。 (11:35)

札幌 16:40 着しか判っていませんので猛烈に追いかけます。

クリックすると元のサイズで表示します
12:53 静狩〜長万部を行く 10D【スーパー北斗10号】

石倉〜落部などの説もありましたが森に停車しないとなると速いかも知れませんので念のため長万部まで来てしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
来ました。 13:26 です。

クリックすると元のサイズで表示します
まあゆったり鑑賞する感じで撮れて良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
海っ淵に行ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
ハマナスも咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します
室蘭の方までよく見えています。

クリックすると元のサイズで表示します
駒ヶ岳です。

クリックすると元のサイズで表示します
300_で撮った室蘭方向、地球岬かな?という灯台らしきモノも見えています。

(かなり大きく拡大できます)

クリックすると元のサイズで表示します
その先に陸地が見えます。 あんな処に島があったかな?

クリックすると元のサイズで表示します
地図の長万部の近く、矢印が立っている場所です。 室蘭と駒ヶ岳の間に絶対に陸地など有りません。

クリックすると元のサイズで表示します
これが蜃気楼なのでしょうか・・・

拡大してみると灯台や鉄塔のようなモノも有る感じでリアルそのものです。

クリックすると元のサイズで表示します
馬を運ぶ車です。

クリックすると元のサイズで表示します
八雲駅

クリックすると元のサイズで表示します
駅前のお蕎麦屋さん

クリックすると元のサイズで表示します
お昼御飯を頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します
私は納豆蕎麦を頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します
八雲から列車で帰ります。

実は一本前の【はやぶさ】ならば我家で夕飯が食べられたのですが、満席だったのです。

北海道新幹線の乗車率が悪いなどと言う情報は一体何処から来たのでしょう・・・

クリックすると元のサイズで表示します
納豆蕎麦

クリックすると元のサイズで表示します
納豆をかき混ぜた状態

クリックすると元のサイズで表示します
「ご参考」の天ぷら蕎麦

クリックすると元のサイズで表示します
八雲駅

クリックすると元のサイズで表示します
下り回送のキハ183系が停まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
その発車と入れ替わるようにして入線してきた12D【北斗12号】

クリックすると元のサイズで表示します
はじめて乗車するハイデッカーグリーン車です。

クリックすると元のサイズで表示します
驚きの満員です。

クリックすると元のサイズで表示します
歳の行った子供(私)は写真を撮って回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大沼、小沼を抜け

クリックすると元のサイズで表示します
新函館北斗駅に到着、函館へと発車していくキハ183系を新幹線駅と一緒に撮ります。

クリックすると元のサイズで表示します
行ってしまいました。 此処も電化されて居るみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
激混みの新函館北斗駅

クリックすると元のサイズで表示します
【はやぶさ30号】に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します
グランクラス

クリックすると元のサイズで表示します
発車するなり食事をお持ちしますというのでおとなしく頂きます。 スパークリングワイン。

クリックすると元のサイズで表示します
和食を選びました。 洋食はサンドイッチですから・・・

クリックすると元のサイズで表示します
お弁当、つまらないですがこれにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
つまらないですがそう悪くはないです。

クリックすると元のサイズで表示します
グランクラス用のワイン、しかしこの国産ワインが美味しくない。

日本大好きの私ですが昔からワインはダメです。

パスタの乾麺はあんなに速くマスター出来る日本人でも日本の気候の中でワインは無理なのかも知れません。

地理、いやチリや南アフリカ辺りのワインなら良いのに・・・

クリックすると元のサイズで表示します
岩手山

クリックすると元のサイズで表示します
仙台を過ぎました。

しかし、グランクラスは私はダメです。

狭い!狭いからトイレに行けないと言う点では普通席やグリーン車と余り変わらないです。
トイレへの行き難さを得点で比較するなら飛行機エコノミー10点、新幹線普通席18点、グリーン車28点、グランクラス30点という感じです。
(B787のビジネスクラスは100点です)


A席が6列、B+C席が6列というバランスがダメです。 (セコい!)

一人で乗る人が多いのでしょうからせめて
A席が6列、B+C席が3列、Cだけの席が3列という感じであるべきだと思います。
(6−2−4でも良いと思います・・・定員14人、7−3−4か?)

成田エクスプレスやクロ151で存在した一人用座席だけが並んだ空間でも良いと思います。

この値段でこの狭さというのは「信じられない」レベルかと思います。

函館から大宮・上野・東京までぎっちり満員だから余計不満が溜まったかと思いますが、地獄でした。





2016/6/21

カシクルへ  今鉄

北海道新幹線乗りぞめも兼ねて【カシオペアクルーズ】撮影に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
新函館北斗行【はやぶさ】に乗りました。 まずは併走中の埼京線。

クリックすると元のサイズで表示します
お弁当は北九州の“かしわめし”

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じでした。

前にも一度試したような気がしますが・・・

高崎の鶏めしが85点とすると15点位の得点です。

結構厳しい評価です。 味、ボリューム、全る点で比較になりませんでした。

15点は「塩分控えめ」を「良し」としたものです。 愕然です。

実際に食べ比べてみればその差は誰にとっても明らかでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
北海道新幹線に入りました。

線路は光っていません。 もう数ヶ月走っている筈ですが全く錆色の線路です。

クリックすると元のサイズで表示します
奥津軽いまべつ駅通過です。

駅の向こう側に見える線路は狭軌線で貨物列車は新幹線駅構内を通らない構造になっています。

クリックすると元のサイズで表示します
狭軌線が接近してきて

クリックすると元のサイズで表示します
三線区間に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します
狭軌列車(貨物列車)が走る線路は光っています。

クリックすると元のサイズで表示します
青函トンネルに入りました。 速度は140km/hほどほどゆっくりです。

クリックすると元のサイズで表示します
吉岡海底駅跡通過中です。

普通車指定席ですが、まだ満員に近い状況です。 土曜日だからかもしれませんがガラガラという情報が信じられません。

クリックすると元のサイズで表示します
北海道に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します
木古内駅に到着しますという案内が出ています。

クリックすると元のサイズで表示します
スノーシェルターに入りました。 という事はポイントがあって・・・

クリックすると元のサイズで表示します
狭軌線と別れました。

クリックすると元のサイズで表示します
木古内駅

クリックすると元のサイズで表示します
函館山が見えます。

しかし、殆ど防音壁の中を走る感じです。 景色を期待している方は北海道新幹線は乗ってもストレスが溜まるばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します
新函館北斗駅、終点につきました。

クリックすると元のサイズで表示します
しんはこだてほくと駅。

クリックすると元のサイズで表示します
北九州名物は駅構内のゴミ箱に捨てます。 画面右は北海道名物“大谷翔平”

クリックすると元のサイズで表示します
E5系の並びです。 H5系は北海道では昼間は見られないようです。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌方の車止め

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線ホーム番号は10番台、12番線は到着専用です。

クリックすると元のサイズで表示します
改札口、右側は在来線乗換口です。

クリックすると元のサイズで表示します
高いところにある駅本屋。

クリックすると元のサイズで表示します
函館山を望みます。

クリックすると元のサイズで表示します
「新」函館北斗駅です。

「新函館」北斗駅なのかもしれませんが、新函館なら北斗は要らないでしょう。 駅の場所は北斗市からは遠く、七飯町のすぐ近くです。

クリックすると元のサイズで表示します
レンタカーで北海道新幹線を撮影しに行きます。 EH800の貨物列車が来てしまいました。 (それも連続で)

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線ビュースポットにやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
親切に新幹線の通過予想時間が表になっています。 勿論貨物列車は載っていません。

クリックすると元のサイズで表示します
盛んに工事をやっています。

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線ビューレストランが出来ることを期待します。

クリックすると元のサイズで表示します
というのは、ビュースポットの高さが少し足りない感じなのです。 写真を撮る為には・・・

クリックすると元のサイズで表示します
一般の家族連れも来ていますが、新幹線を見るためにはビュースポットを降りて左右に少しずれた方が良い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
高さが足りません・・・(青森方)

クリックすると元のサイズで表示します
スノーシェッドがどうしようもないほど邪魔なのは函館側

クリックすると元のサイズで表示します
ビュースポットから30m程歩いて撮った青森側から来る貨物列車。

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線はこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線から別れて地表に降りていく貨物列車。

突然天気が晴れました。

クリックすると元のサイズで表示します
後を振り返ると江差線の信号機がぽつんと残っています。

木古内駅方向へ行ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
踏切跡江差方を見ます。 線路が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
木古内方、貨物の線路と合流した先に木古内駅があります。

クリックすると元のサイズで表示します
江差方を遠く見ると先ほどの信号機が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
木古内駅

クリックすると元のサイズで表示します
“道の駅きこない”と隣り合わせです。 便利で分り易い!

クリックすると元のサイズで表示します
駅前に見えたバスは江差線に代わって運行されたバスそのものです。 発車!

クリックすると元のサイズで表示します
真新しい木の香りがいっぱいの入り口から。

クリックすると元のサイズで表示します
上ってみます。 青森方を見ると江差線が無くなった感じがよく分ります。

クリックすると元のサイズで表示します
改札口です。 道南いさりび鉄道。 新幹線の駅はずっと左の方にあるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
いさりび鉄道への励ましのメッセージです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも。

クリックすると元のサイズで表示します
かつて江差線(海峡線)【スーパー白鳥】に乗ったホームへの通路は封鎖されています。

クリックすると元のサイズで表示します
海峡線からの下りホームも封鎖、いさりび鉄道乗り場は江差線ホームからという感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
いさりび鉄道のポスターと新幹線ポスター。

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線ポスター。

クリックすると元のサイズで表示します
H5系ですね。 上手です!

クリックすると元のサイズで表示します
いさりび鉄道ホームを見ます。

クリックすると元のサイズで表示します
いさりび鉄道の駅(古くからの木古内駅)から新しい新幹線駅に繋がる通路です。

クリックすると元のサイズで表示します
新しい北海道のスター、越後系と大谷翔平。

クリックすると元のサイズで表示します
札苅(さっかり)

クリックすると元のサイズで表示します
ここでいさりび鉄道のDCを一枚。

クリックすると元のサイズで表示します
車と舟が仲良く並んでいます。 札苅駅前。

クリックすると元のサイズで表示します
泉沢〜釜谷、明日に備えてサラキ岬付近を検分しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
トラピスト修道院への並木道

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%94%E3%82%B9%E3%83%88%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2

クリックすると元のサイズで表示します
ロワジールホテル函館に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します
函館市電を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します
魚一心

クリックすると元のサイズで表示します
刺し盛り

クリックすると元のサイズで表示します
鮭ハラス焼き

クリックすると元のサイズで表示します
つぶ刺身

クリックすると元のサイズで表示します
メニュー・・・もうこんなに横線で消されています。 取れたてのイカも無し。

クリックすると元のサイズで表示します
コレは何でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
実はメニューの裏です。

クリックすると元のサイズで表示します
イカ太郎へ

クリックすると元のサイズで表示します
ひとりひとつありました。

クリックすると元のサイズで表示します
ホタテ

クリックすると元のサイズで表示します
H5系

クリックすると元のサイズで表示します
調子に乗って

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
醤油

クリックすると元のサイズで表示します
みそ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
親父さんと

クリックすると元のサイズで表示します
夜はまだまだ続いていますが、明日は早いので寝ます。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ