2017/3/10

9600キット組立B今度こそブレーキシリンダー!  鉄道模型

全く宴会の無い日は模型を工作しますのでブログお休み。

飲みが進む宴会の日は帰宅も遅いですし、ブログお休み。

今日、書いている理由は「軽めの宴会」だったからです。

しかも、画像は予めUPして溜め込んで有るわけです。



ところで、前回のブログにバイパス弁点検に不都合云々と書いてしまいましたが、高木宏之(←高は梯子が正しい)さんから9600に於いてはバイパス弁は存在しない、有るのはバイパスコックであるという指摘を頂きました。
そのバイパス装置の取付位置が弁室上(ランボード)ではなく、シリンダー横(台枠内)なのでエアタンク位置はバイパス装置点検を妨げるものでは無い様です。

ありがとうございます!


クリックすると元のサイズで表示します
ダイキャスト製主台枠後端部を差し替える構造に成っているのですが、ナカナカ豪快なロストワックスの塊を此処に入れる構造に成っています。

クリックすると元のサイズで表示します
洋白板エッチングによる薄い板にブレーキシリンダーを半田付けする構成に成っています。

クリックすると元のサイズで表示します
ロストパーツはたっぷり熱を加えないとハンダの流れが不十分なので張り切って流します。

クリックすると元のサイズで表示します
如何にもハンダが良く流れそうなコテ先です!

クリックすると元のサイズで表示します
使ったコテを一気に冷やせる濡れ手ぬぐい・・・盛大に蒸気が上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
真っ直ぐにがっちり付きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ブレーキシリンダー取付前に当ててみます。

クリックすると元のサイズで表示します
なるほどという感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側

クリックすると元のサイズで表示します
たっぷり熱を掛けてたっぷり流します。

クリックすると元のサイズで表示します
シリンダーを付けて

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
裏に出っ張る部分を綺麗に削り落としてできあがり。

クリックすると元のサイズで表示します
綺麗に仕上がりました

クリックすると元のサイズで表示します
真下から見た感じです。

この台枠後端部は台枠にネジ止めする構造なのですね。

つづく








コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ