2017/7/30

Meat×Beer  喰いだおれ

クリックすると元のサイズで表示します
IVYホールです。 イベントに呼ばれて行ってきました。 写っているのは従兄弟です。

イベントは『Meat×Beer』というもので、私にぴったりかもです。

https://www.ivyhall.jp/all/5451/

クリックすると元のサイズで表示します
サラダはサラダバー形式。 豚肉と牛肉です。

クリックすると元のサイズで表示します
呼ばれたメインパーソンは江上栄子、江上料理学院院長。 中央は私の母、この姉妹が主役で私はおまけです。

カメラは私のガラホ、カメラマンは江上種英さん(上手!)私のカメラはバッテリー忘れ、なんと情けない。

クリックすると元のサイズで表示します
豚のしゃぶしゃぶゴマダレ、仔羊のタンなどもありました。

クリックすると元のサイズで表示します
本命は牛ステーキ、焼きあがったものを薄く切ってソースを掛けてくれます。

しかし、カメラが無い悲しさで撮っていませんが充分差しが入った和牛です。

私としては悲しいです。

和牛はすき焼きか、網で焼き肉にして食べたいです。
もしまかり間違って焼いて食べるならば、醤油と和わさびは必須です。 大根おろしとポン酢でも良いかもしれません。

和牛は西洋式の食べ方には全く合いません。

マグロの大トロを西洋式の調理の上ソースを掛けて食べるのに似た暴挙です。


すき焼きが牛鍋と違うのは、すき焼き用鍋に脂をひいて強火、和牛を載せ、醤油と砂糖で味付けして赤いところが少し残る程度に焼いて食べる。 その美味しいこと!

ご飯何杯でも行ってしまいます。

その鍋で野菜に少し焼き目をつけ(☚我が家のやり方)割り下(醤油、砂糖、お湯の組み合わせでも良い)を加えて生卵登場となるわけです。

そのすき焼きの最初の牛肉の「焼き」の美味しさはまさに世界チャンピオンに相応しいと思います。

そんな和牛を塊で焼いてどうする?!

今にそんなおかしな勘違いは無くなると私は思っています。


クリックすると元のサイズで表示します
その前日に食べたアウトバックステーキ品川店のアンガスリブアイ500gです。

勿論焼きは「レア」です。
美味しかった。

その塊で食べて美味しいアメリカンビーフが輸入量が多すぎてセーフガード発動とか、
許せないですね。

トランプがんばれ!


そう言いながらも、やっぱり美味しいステーキが無い!

ステーキは焼く前が大事だと思います。

エイジング、熟成肉はイマイチだし、硬くなる点においても良くないです。

(熟成肉は硬いので筋を切る方向へ包丁で切ってから出すのが基本です・・・仕方がないです)

流行を作って誤魔化しているのでしょう。 私は流行に興味はありません。

肉を塊で食べるにはやはり

@ マリネ

A スモーク

だと思います。

本当に美味しいステーキに滅多に巡りあえないのも現在の状況で不満は募ります。








コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ