2018/2/28

9600キット組立㉔機関士側ランボード下配管  鉄道模型

工作机周辺を片付けるのは一騒ぎでしたが、早くも9600に取り掛かっています。

でも、こうしてみると9600の組立記事も遙かに遅れていて太古の昔の話を書く気分です。

それはそうと、このブログは我家の嫁と4人の息子は全く見ませんので此処で書いてしまいますが、息子が小さなわんこそば大会で優勝したそうです。
一寸だけ恥ずかしですが偉い!よくやった!

クリックすると元のサイズで表示します
9600に於いてもイモンは変な作り方が得意です。

此処と思った位置に帯板ハンダ付けします。

強度は欲しいですが、ランボードを突き抜けるわけに行かないのでこんな手を使うのです。

クリックすると元のサイズで表示します
エコーの細密パイプの短く切ったものを差し込んで帯板にハンダ付けです。

クリックすると元のサイズで表示します
平行が出るようにボール紙挟んで2本目を同様にします。

クリックすると元のサイズで表示します
一段目はキャブ下で内側へ行き、二段目はキャブ裾に沿って丸く行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
次は三段目、キャブ下ですが、耐寒用分配弁の下に回り込みます。

クリックすると元のサイズで表示します
すみません、この写真は何を撮ったのか覚えていません・・・

クリックすると元のサイズで表示します
機関士側キャブ下に関わる工作は楽しく終了、最初の帯板は三段目のパイピングの直下でパチッと切られてしまうのです。

そして、フロントデッキ下からコンプレッサー裏側に入る配管作りました・・・がこの作業は何故か後回しになってしまいます。

記憶に無いです。

ナサケナイな、と思いつつ、つづく








コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ