2018/4/24

9600キット組立㉜再開します  鉄道模型

69620はワム80000等のプラ貨車ケースに入れてあちこち持って回りました。

理由は、壊れやすい箇所がないと考えたからです。

壊れやすい箇所の工作はこれからです。

と思ったら

クリックすると元のサイズで表示します
前のエアホースが苛められてしまっている感じです。

前から潰され、下からも潰されてくるっと丸くなってしまっています。

クリックすると元のサイズで表示します
下側のねじ穴を利用して脚を取り付け守るようにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
発電器の排気穴がだらだらしています。

クリックすると元のサイズで表示します
エコーの細密パイプに交換します。 カッターでくるくる転がして切ってから真鍮線を通してヤスリ掛けます。

クリックすると元のサイズで表示します
だらだらしていた排気管を切り飛ばし

クリックすると元のサイズで表示します
ヤスってから

クリックすると元のサイズで表示します
穴を開けました。

クリックすると元のサイズで表示します
パイプを入れて

クリックすると元のサイズで表示します
半田付けしました。

クリックすると元のサイズで表示します
ATS発電器の排気管は出口がうんと大口径です。

実物の写真でよく観察すると発電器が回って排気があるときは「開」になりそうな自動閉鎖する蓋が付いている感じです。

そのままで良しということに致します。



9600の
と言うよりも模型のレポートばかりになっています。

理由は会社で仕事が多すぎて予め纏めてUPした写真以外をブログ用に加工する余裕がない為です。

全くお恥ずかしい現状です。






コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ