2018/5/5

放心亭2  喰いだおれ

いきなり“2”ですみません。
1の準備をする前に2のデータだけが手元にあって書き込みます。

放心亭は神田神保町、三省堂書店本店の地下にあるビヤレストランです。

https://r.gnavi.co.jp/g114710/

クリックすると元のサイズで表示します
放心亭、お箸の袋にあるとおり“吉池”です。

美味しいわけです。

御徒町の吉池、今の姿は知りませんが(←ひどい話ですが・・・)かつては最上階のビヤレストランでここのビールはどうしてこんなに美味しいんだろうか?といつも首をひねった物です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日はインドの鉄道インフラ整備の仕事でムンバイ赴任中の辻村功さんが帰国しての「囲む会」です。

鉄道を趣味としながら仕事も鉄道に生きてきている鉄道に深い皆様、17〜8人が集まって大変に盛り上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
最初はこんなものか・・・と奇異な物を見た感覚でしか無かったインドの電車、長く親しむうちにHOスケールでのスクラッチに挑戦を始めた辻村さんです。

インドの鉄道は1676mmゲージ、標準軌より遙かに広く、電車車体幅が3.6m(米国型どころか新幹線より遙かに大きい)もあるのです。

造りとして成り立つかどうか、屋根板を2枚使用して切り繋いでまん中を盛り上げて、正面には実物電車の写真を貼り付けて感じが出るかどうか実験してみた試作ボディーです。

実際の電車は車体も長いのですごい迫力のものになりそうです。

インドの電車は逞しくて水没した線路でも走るという事ですので、ゲージが広いから名取さんの興味外かというとそうでもない様な気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
一次会最後まで居た面々で記念写真です。

(と言うことは、二次会が、ディープで素晴らしい二次会も有ったのでした)

次は
放心亭か、
藤沢か、
蒲田か・・・
模型かもしれません。






コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ