2018/5/5

放心亭1  国鉄時代

放心亭1はさる4月20日です。

書泉グランドにて著者風間克美さんと名取紀之さん、宮下洋一さん3方による鼎談 『地方私鉄 1960年代の回想』を語る!が開催され、その後です。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな場に居合わせさせて頂くのもまさに光栄C59!です。

http://www.sankei.com/west/news/180502/wst1805020001-n1.html

http://www.imon.co.jp/webshop/index.php?main_page=product_info&products_id=159013

さて、この『地方私鉄 1960年代の回想』は凄い写真集で絶対に逃してはいけないものですが、実は人知れず物凄い写真集が存在しています。

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.imon.co.jp/MODELS/GOODS112.MBR/BOOK

竹中泰彦さんといえばIMON原宿店テクニカルアドバイザーとしてご存じの方も居るかと思います。

竹中さんが写真に心がけている事は「画面の中に出来るだけ多くの情報を写し込む事」風間克美さんと同じ事をおっしゃっていました。

「くんぺいの様な写真が良い」と

「くんぺい」とは高井薫平さんの事です。

https://www.amazon.co.jp/%E8%BB%BD%E4%BE%BF%E8%BF%BD%E6%83%B3-%E9%AB%98%E4%BA%95-%E8%96%AB%E5%B9%B3/dp/4873661439

高校鉄研でも大学鉄研でも高井さんが1年生の時、竹中さんが3年生です。

昭和20年代に16番組立レイアウトを作り上げ、20年代から北海道の私鉄めぐりを何度もされていた竹中さんこそ「K大のT」等と表現される知る人ぞ知るスーパーレジェンドです。

ご本人の「飾らない」性格がこの“私鉄の風景”という題に表れていると思います。

発売元が宣伝の下手さ(或いは皆無?)が際立つIMONだからこの恐るべき写真集が世間に知られていないのが残念です。

まだ入手されていない方は是非ともお求めください。








コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ