2018/5/29

昭和の鉄道を語る会  国鉄時代

クリックすると元のサイズで表示します
“昭和の鉄道を語る会”が開催されました。

クリックすると元のサイズで表示します
今年は3回目になりますが“曙の間”半分ではなく2階の“鳳凰の間”での開催です。

クリックすると元のサイズで表示します
エレベーターで2階に上がることになります。

クリックすると元のサイズで表示します
明治記念館の奥行の大きさにびっくりします。

クリックすると元のサイズで表示します
発起人紹介と発起人を代表して宮澤孝一さんのご挨拶です。

クリックすると元のサイズで表示します
そして今回の目玉は参加者の皆様に“宮田コレクション”の一部を見ていただく事です。

宮田寛之鉄道ファン名誉編集長は発起人の一人ですが、蒸汽機関車の素晴らしい写真を「バライタ」と言われる保存性の良い昔ながらのプリントで後世に伝えられるように残すという活動をライフワークとして続けています。

この画面左、テーブル上に並べられているのがその「一部」です。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E7%B4%99-116514

クリックすると元のサイズで表示します
今津直久電気車研究会(鉄道ピクトリアル)社長の発声で乾杯!

クリックすると元のサイズで表示します
今年新棟がOPENとなる鉄道博物館の副館長(館長は交替しますが副館長は会館以来不動です)荒木文宏さんのご挨拶です。

櫻井 寛さんや平井憲太郎さんのご挨拶もありましたがフットワークが無いイモンはいい写真が撮れないので記念写真撮影者(山廣さんと木村さん)にすっかりお任せ状態です。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に集合写真撮影です。

イモン個人は先輩方から痛い股関節に対して貴重なアドバイスなどなど頂けたことも嬉しかったです。

明治記念館でのゆったりとした交歓がまた出来ると良いですね。

(竜頭蛇尾でスミマセン)






コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ