2018/8/4

鉄子の旅より酷い 北海道1977-3  国鉄時代

親父殿が合流し、家族旅行は5人が勢揃いいたしました。

クリックすると元のサイズで表示します
サロマ湖を海を隔てる岬の先端の港を見に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
左がオホーツク海、左がサロマ湖です。

クリックすると元のサイズで表示します
このときはレンタカーでした。

観光に相応しくない目的地ですが親父殿と私の共謀に違いありません。

母上と妹、従姉妹は引き摺られてきているだけだと思います。 しかし、フィルムはもっと凄い翌日の観光を記録していました。

クリックすると元のサイズで表示します
常紋信号場に降り立った家族です。

蒸機時代は全ての各駅停車列車からこの駅に降り立つことが出来ますしたが、DL時代になって誰一人来ないので車掌さんに頼み込んで降ろして貰うことによって此処にやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
親父殿と常紋トンネルをバックにツーショットで写ります。

クリックすると元のサイズで表示します
常紋トンネル開通には多くの犠牲が出ました。

その辺りの経緯はこの田辺幸男さんのページをご覧ください。

http://www5.plala.or.jp/stmlo9600/sl/sl002.johmon.html

この慰霊碑には現在近づくことが出来ませんので巨大な代用品が立てられているようです。

クリックすると元のサイズで表示します
我々が通った道を歩かされている家族!

クリックすると元のサイズで表示します
俯瞰目的で登ったら降りるときはボブスレー状態で楽しむのが我々のパターンだったのでそれを家族に体験して貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します
およそこんな所をラッセルして歩く装束ではない母上が登っているのは

クリックすると元のサイズで表示します
この列車を待避、兼撮影するためです。

クリックすると元のサイズで表示します
客レは乗客の目があるので俯瞰する位置で待避しますが貨物はこの程度でOK。

下り貨物列車。

クリックすると元のサイズで表示します
上り貨物列車。

クリックすると元のサイズで表示します
金華駅近くで国道によじ登ります。

バックに金華駅の構内が見えています。

クリックすると元のサイズで表示します
金華まで歩きました。 丁度良い散歩コースです。 しかも下り勾配!

クリックすると元のサイズで表示します
上り列車に乗って遠軽に帰ります。

昔、超寒い常紋信号場で待って乗ったあの夕闇迫る時間の客レと同じモノだと思います。

金華に駅員さんが配置されていること、6×6のネガが反ってしまい一部にしかピントが合わない事など驚きが多いです。

クリックすると元のサイズで表示します
さっきまで歩いて、登って、列車待避しながら通ってきた沿線を車窓に見て感慨深げな親父殿です。

クリックすると元のサイズで表示します
常紋信号場にて、蒸機時代と変わらぬ位置に列車は停まります。

せっかくの常紋→金華歩行の日が曇天だったのが悔やまれますが、吹雪じゃなくて良かった!

酷い旅行プランナー「イモン」の暴挙は続きます。








コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ