2018/8/31

動画大ピンチ  

私が昔、動画編集に使っていたのはSONY RM−450と言った機械で

http://www.ditspot.net/editors-wake-sony-rm-450/

こんな感じで3/4インチからべーカム類まで使いました。

33pin、45pin、9pinから各種混合までテープ→テープ編集です。

今時は「ノンリニア」編集というものです。

クリックすると元のサイズで表示します
現在使用中のグラスバレー「EDIUS 7」です。

昔のレコードから音声を取り込んだり、DATから取り込んだりしています。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな画面が出てきて焦り狂っています。

クリックすると元のサイズで表示します
大変

この取り込めなくなった、開けなくなった「2003中国」はJAM会場で今年流れていた映像で、撮影地や解説がテロップに入っているモノです。

直近作業していたのはJAMのスピコンです。

http://kokusaitetsudoumokei-convention.jp/speed_contest_results/

今年初めて超高速カメラで撮影しました。

途中、計測結果がおかしいんじゃないかと確認を繰り返す状況が有ったのですが、超高速カメラの画像を見ると「正確」が確認できました。

ビデオ編集は機械のトラブルの可能性が有るので作業を中止しております。

スピコンマシン

来年に備えて“シーネンツェッペリン”の改造は終了しました。

速くなった、テールライトが点灯するようになった、と思います。

何度も言いますが、来年は自由形部門へのエントリーとすることにします。






コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ