2009/8/6

鉄道の危機を救え!  政治・経済

クリックすると元のサイズで表示します
民主党のマニフェスト 問題のページ

公共交通機関壊滅の危機

鉄道の危機を救え!


衆議院議員選挙がいよいよ8月30日に行われます。民主党のマニフェストは概ね素晴らしい内容だと思います。しかし、その中に恐るべき内容が含まれています。

高速道路の無料化、ガソリン暫定税率廃止です。

もしこれが実施された場合、鉄道を含む公共交通機関は取り返しがつかない重大な打撃を受けます。殊に地方に於いてその打撃は致命的となりましょう。
バス、船、私鉄、第三セクター  間違いなく全滅です。

日本社会は変質し、その行くべき選択肢は失われます。
低炭素社会を実現し子孫に地球を残す機会も失われます。
車を持てない人はどうなってもかまわないという民主党らしからぬ弱肉強食推進の政策が深く静かに潜んでいるのです。

自民党は反省しなくてはなりません。
しかし政権交代の是非を云々する以前の問題、遙かに重大な問題です。
高速料金も含め、税は社会を導きます。
近年地球破滅の危惧すら現実味を帯びています。これまでのように経済原則だけで物事を考えて行って良い時代はとっくに終わっているのです。

民主党に対して高速道路無料化、暫定税率廃止の公約の撤回を望みます。









コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ