2014/2/27  17:11

排雪器  Nゲージ

KATOのキハ58系は古くからある製品で、小改良を重ねながらも現在でも基本的に変わらないまま発売し続けられています。他の急行型電車と同様、基本設計がよかったのでしょうね。それを語れるほど詳しくはありませんが、30年ほど前の製品と現行の製品を混結しても違和感がないのは、長い間Nをやってる者としては助かります。とは言っても、当社には品番3桁時代のものが中心ですが>へ<

他社からHG仕様のものが製品化され、リアルさでは差を付けられてしまいましたが、価格差が大きいこともあり棲み分けされているのではないでしょうか?
しかし、カプラー周りのスカスカ感はどうにかしたいところで、以前、銀河パーツのものを取り付けたり、カプラーポケットを切り落とし、キハ80用のボディーマウントカプラーとサロンエクスプレス東京用のジャンパ栓を接着したりしていました(あくまで雰囲気です)。
クリックすると元のサイズで表示します
右:キハ80用カプラー+JP栓、中:銀河パーツ複線用スノープロウ、左:キハ36(友情出演
※キハ36はボディーマウントのため、この排雪器は装着できません。

今回「キハ58新潟色単線用スノープロウ」と「キハ56複線用スノープロウ」を購入し、早速当方のキハ58等に装着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
右から、単線用、複線用、複線用(参考:銀河パーツ)
この製品のいいところは、台車マウントの車輛に無加工で簡単に取り付けられること。しかも安価

もう少し…と思うところはありますが、何もない時と比較すると随分とカッコよくなりました でも、福知山線を走っていたキハ58系にはスノープロウは付いていなかったと思うんですよね。ちょっとジレンマを感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
上記スノープロウ2種は10個入りのため、キハ58の他キハ52やキハユニ26にも取り付けました。
キハユニ26は、複線用スノープロウを付けるだけで東北のイメージに。
キハ52は、両運転台なので前後で異なるタイプを取り付けました。本当なら同じタイプを取り付けるべきなのでしょうが、二つの表情を楽しみたい欲求に負けてしまいましたv▽v

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
キハ52の両台車。こんな感じで装着しました。

まだまだ余剰があるのでキハ25にも取り付ける予定ですが、それでも使い切れません。安価なのは嬉しいですが、10個入りは多過ぎです。
それに、福知山線のイメージから離れていくというジレンマも…

KATOの公式HPに掲載されているキハ58系の画像を見ると、サボや号車札、前面の幕も印刷されているように見えます。再現したい列車ではないかもしれませんが、なかなかいい雰囲気です。
2

2014/2/26  23:17

再び複線跡区間へ  富山地方鉄道

一度の撮影で満足できる結果が得られず、課題残るケースが多いのですが、この時期に地鉄ってちょっと勿体無い気もしましたが、今日は電鉄黒部を再訪しました。

クリックすると元のサイズで表示します
不法侵入のようなアングルですが、踏切からの撮影です。こんなことが出来るのも“廃線跡”だからこそです。
雑草はへたっておりスッキリと撮影できました。以前撮影した時も10030系だったような気がしましたが、確認したら逆アングルでした。クリックすると元のサイズで表示します
宇奈月温泉から元東急が来ました。
このゴチャットした感じが好きですが、正面には日は回っていません。もう少し遅い時間だといいかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
勾配区間を狙いました。
またしても10030系でした。ここでは10030系!というイメージがこびり付きそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
その後追い。付近の第4種踏切(冬季閉鎖中)では枕木交換が行われており、電車は最徐行で通過していました。

クリックすると元のサイズで表示します
同じアングルでレッドアロー。何度も見ると、なんか、面白味にかける構図ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
廃線跡に落ちていた小さな桁。おそらく黒部支線のもので廃線後もずっと残されていたのが、用水路の改修で外されたものかと思います。

体力的にきつかったのでこれにて撤収しました。
短時間の滞在でしたが、結局自社型は一本も来ませんでした。
先日BS放送でレッドアロー導入の番組を観ましたが、普段地鉄の「レッドアロー」と呼んでいる車輛は、車体がレッドアローなだけで車両としての心臓部は別物なんですね。

1

2014/2/25  0:43

晴れバージョン  北陸本線

先日、激曇りの中で「トワイライトエクスプレス号」を前がちアングルで撮影しましたが、23日に晴れバージョンで撮影してきました。
クリックすると元のサイズで表示します
日が当たっていない前面が目立ちすぎますが、こっちの方がいいかなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
後追いは順光!
カニの巨大なJRマークは、トワイライトには似合わないですね。もう「銀河」とか別列車に充当されることもないので、エンブレムかヘッドマークのイラストを貼った方がカッコ良くなると思います。

この後の行動は特に思い浮かばず、深い考えもなく東滑川駅に来ました。
ここで思いもよらない方に遭遇
クリックすると元のサイズで表示します
やはり、線路脇の工場の影のために、非常に見苦しくなりました。


2月24日も「トワイライトエクスプレス号」を撮影するために出撃しました。先行する普電には遅刻してしまいましたが、8002レ通過時間になると日照全開 「今来い!」と願いましたが一向に来ません。運行情報を検索すると50分遅れとのこと。勤務もあるのでそこまでは待てず、1枚も撮らずに撤収しました
0

2014/2/21  15:48

踏切での撮影  北陸本線

普段は田んぼや山の中などひと気のない所で撮影することが多いのですが、今日は街中で撮影しました(と言っても滑川ですが)

晴れればこの時間では側面には日が当たらない場所ですが、曇っていたので撮影場所に決めました。
クリックすると元のサイズで表示します
遮断機のわきに三脚をセットし待っていると、牡丹雪が降ってきました
駅に近く歩行者が多く何となく視線を感じます。オジサンは立ち止まり、レンズが向く方向を凝視したり、オバサンは「汽車撮ってるの?楽しいね」と声をかけてきたり…。学生カップルからは無視されたり…って当たり前か。
クリックすると元のサイズで表示します
日が射してベストの位置にビームの影が落ちてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
立ち位置が悪く尻切れに 予想はしていましたが、想像以上に気持ち悪い結果となりました。

次の「はくたか」まで撮って撤収と思っていたら、2番線に貨物列車が入ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
停車直後は両パンでした。
クリックすると元のサイズで表示します
もう少し近付いて行ってるうちに、前側のパンタが下されました。
クリックすると元のサイズで表示します
「はくたか」が追い抜いて行きます。9連ならもっとかっこいいのに!

クリックすると元のサイズで表示します
停車中に踏切の真ん中から撮影しました。
踏切なので線路の真ん中に入ってもいいはずなのですが、日頃の思考回路がこびりついてしまっていて、なんだか悪いことをしているような感覚に陥ってしまいました。

貨物列車の出発はとてもゆっくりで、電車とはまるで違いました。ファインダー越しでも初めは動いていることに気付かないくらいでした。
クリックすると元のサイズで表示します
若干アングルを修正したので全編成が入るかと期待しましたが、2番線からの出発なのでまたしても尻切れorz 
クリックすると元のサイズで表示します
ここまで引いてもダメでした。
結局ここでも課題を溜めてしまいました。
0

2014/2/14  8:57

試し撮り  北陸本線

先日サイドがちに撮った「トワイライトエクスプレス」。
今日は暗い曇り空でしたが、前がちアングルを試してきました。
クリックすると元のサイズで表示します
面潰れはしませんが、やっぱり暗いです。
クリックすると元のサイズで表示します
テールマークや尾灯が目立ち、個人的には好きな写りです。

この区間は、各架線柱間に何かしらアイテムがあり、構図・立ち位置には思ったよりも自由がききません。模型で再現するとリアルなんでしょうね。
1

2014/2/12  19:05

定点撮影  北陸本線

今日は、午前中は快晴。午後から曇りという、予報通りの天気となりました。

特に鉄の予定はなかったのですが、屋内にいるのはもったいないので用事の合間に出撃しました。
クリックすると元のサイズで表示します
先日訪れた時は激曇りだったので、晴れバージョンということで同じ列車を狙いました(トリミングしています)。
クリックすると元のサイズで表示します
貨物は単機
クリックすると元のサイズで表示します
退避するわけでもないのに、2番線に入線する普通電車。一種の錆び取り運用ですかね?

山が見えており、自然と“神社裏”に足が向かっていました。でもその道中から雲がどんどん湧き出しており、いつまでもつか心配でした。

有名撮影地に何度も通うと、いつも出会う方がおられます。それぞれにお決まりのポジションンがあるようで、いつも同じ場所で構えておられます。自分の場合はここ!
クリックすると元のサイズで表示します
ピンポイントでの定点撮影です。いつもの場所で4060レ。

ちょっとでも変化を付けようと周辺をウロウロ…^o^;
クリックすると元のサイズで表示します
山が見えるうちに、
クリックすると元のサイズで表示します
お遊び構図。
クリックすると元のサイズで表示します
この頃には絶望的な曇りでした。
普通に撮ってもつまらないので、鉄道を守る人たちもアングルに入っていただきました。とはいっても基本的に編成写真なので、中途半端ですね。しかも、最後尾が電柱にかかってしまい気持ち悪いです。

その後、「トワイライトエキスプレス号」撮影のため、水橋の陸橋に移動しました。
クリックすると元のサイズで表示します
「しらさぎ号」編成が上って行きました! 近くの同業者の方から「団臨の回送」と教えていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
本命登場
この角度なら、B個室寝台の特徴的な窓がよく見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
ここまで回り込むと編成の最後尾が入りますが、B個室寝台の窓は目立ちません。
クリックすると元のサイズで表示します
今回はAIサーボで連写しましたが、処理が追いつかないのか2枚に1枚はピントを外します。でも逆に言えば、とんでもない所に合焦することなく、2枚に1枚はちゃんとピントを追ってくれました。

ここでも曇っていましたが、列車通過直後に劇的に日差しが差し込むのはお決まりです。
0

2014/2/10  14:44

久し振りに水橋周辺で  北陸本線

2月10日の朝は天気が良かったので、最近ご無沙汰していた水橋付近に急遽出撃しました。

クリックすると元のサイズで表示します
10‰勾配を下るトワイライト。
イメージでは、勾配がもっと分かるはずだったのですが、よく分かりませんね。またサイドがちに構えたので、列車が小さくなってしまいました。面潰れですが、もう少し前がちで撮った方が良かったかも。
クリックすると元のサイズで表示します
味気ないコンクリ橋ですが…、雪と朝日に照らされたススキの色が好きです。
1本前の列車だとギラリしましたが、時すでに遅しでした。

クリックすると元のサイズで表示します
427Mは久々にこの場所。線間の雑草がだいぶヘタってきて撮れるようになりました(でも3両目にススキの大きな株が
背景の建物の角が先頭車の右端にあり、妙に目立ってしまいました。

返しの536Mと撮るために水橋の陸橋に来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
道床はまだ雪で覆われており綺麗でした。
線路わきの空き地も一応雪原だったのですが、無数の足跡があり汚かったので写り込まないようにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の536M。普段よりも前がちに狙いましたが・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
もっと前がちに、と思ったら急行色!
線路が視界から消える場所が画面に入っていないので、なんか気持ち悪いです。
クリックすると元のサイズで表示します
思いっきりトリミングしました。
この「はくたか」は6連なので、このアングルでは中途半端です。

この後は曇ってきてしまい、撤収しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ