2014/8/28  22:02

一人運転会  Nゲージ

何とも寂しいタイトルになってしまいました。そもそも一人なので、「運転会」という呼称も変ですね。

今朝は曇っていたのでやる気が出ず、『武田尾渓谷鉄道』の保線作業(レール磨き)をしていました。トミックスのクリーニングカーで作業した後でも、手作業で磨くと結構汚れが取れます。
一通り磨き終えると、スムーズに走ってくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
レールが輝いているうちに“運転会”を行いました。今日のテーマは「SL」。KATOの“大型”蒸気を走らせました。ジージーと音がするのは模型的ですが、大きくても走る姿はかっこいいです。

今回は、
C11+貨車+スハニ35
C55+オハ35+スハ32
C57 180+スハ43
その他、12系や20系も登場しました。

走らせてみて、手つかずの裏面にあるR718やR481の曲線区間に、早く風景をつけたいと思いました。
あと、留置線セクションがあった方が、いろいろな列車を運転するのに楽ですね。一応、本線から分岐するポイントは設置済みです。
0

2014/8/26  1:16

流し撮り  北陸本線

7月2日に流し撮りをしましたが、全く冴えない結果しか出せませんでした。
そこで、最近の鉄分不足の解消も兼ねて、流し撮りに再度挑戦してみましたが・・・

小雨が降る夕刻、通常の撮影なら手も足も出ない暗さでした。でも、流し撮りなので大丈夫!?
目指すイメージは、車内に露出があっているが、車体のディテールも分かるかんじなのですが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
ISO400で1/8秒。
全く駄目ですが、電球色に照らされた車内が綺麗です。
クリックすると元のサイズで表示します
列車が見えた時点から、その動きを追いながら連写し続けました。車内はちょっと露出オーバーです。その前に・・・ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
列車が通り過ぎるまで連写し続けましたが、ビシッときめられません。この前後のコマは更に酷いものでした。

クリックすると元のサイズで表示します
次の普通列車が来るころには真っ暗だったので、ISO2000にまで感度を上げました。ま、成果を求めていないお遊びなので、ノイズが酷くても構いません。
クリックすると元のサイズで表示します
絞り優先AEで撮ってf2.8 1/6秒でした。
クリックすると元のサイズで表示します
うわ〜

この場所での上り列車は、通常なら見送るだけですが本数が少ないので練習台にします。
クリックすると元のサイズで表示します
酔いそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
特急は止まってくれたか?・・・いや、ダメでした。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱりこうなります。

クリックすると元のサイズで表示します
列車だけで流し撮りの練習をしようとしても効率が悪いので、近くを走る車も練習台にしました。この距離だしナンバーも見えないのでいいでしょう。

この間100枚ほど撮りましたが、まずシャッターを押す時に、どうしてもレンズが下がってします。また、横に振るときも上下動を起こしてしまいます。そして、露光中ファインダーが真っ暗になるので、列車の動きにレンズを振るスピードが合せられません。
どれも致命的ですね。改めて、流し撮りをきめられる人は凄いと思いました。
もしきめられるなら、撮影可能時間が劇的に拡大して楽しいでしょうね。
0

2014/8/19  19:20

トライライトエクスプレス  北陸本線

8月18日、体はだるかったのですが、ダラダラ過ごすのも勿体ないので近場に8001レを撮りに行きました。第一候補地は線路わきの雑草が酷く、足回りが隠れてしまう状況だったので却下しました。雑草が枯れる時期に再訪しようと思いますが、その頃は日が短く、また天気が悪い日が多いので、チャンスは限られてしまいます。なんで春先に行かなかったのか後悔してしまいます。

結局いつもの陸橋へ向かうことにしました。
晴れてはいますが雲が多くはっきりしない天気で、実際通過5分前には曇ってしまいました。しかし、その後なんとか回復!
クリックすると元のサイズで表示します
光線状態は悪いですが、描写性はさらに悪いです'_';

クリックすると元のサイズで表示します
その後追い。1スパン間違えてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
ということで、負け惜しみの「参考:トリミング画像」

クリックすると元のサイズで表示します
このまま帰るのも勿体ないので、次の普通電車を狙うも曇り´_`
クリックすると元のサイズで表示します
振り返ると晴れていて、「なんだかなぁ↓」って感じでした。

これで撤収したのですが、次の上り電車が475系が代走していて、更にテンションマイナス↓↓でした。


で、トワイライトの後追いのリベンジを企て、今日も同じ場所に行きました。
今日は後追いメインです。昨日と同じくすっきりしない天気で…
クリックすると元のサイズで表示します
撃沈
クリックすると元のサイズで表示します
数分後、日照全開になるのもお約束'_';

こんな無駄カットを撮るのは、銀塩時代には考えられなかったことです。
とは言っても、デジでもこの無駄の積み重ねが、シャッターユニットの寿命を縮めていることになるんですよね。あまり無駄撃ちしないようにしなくては…。
1

2014/8/10  16:22

スポーク車輪  Nゲージ

ラウンドハウスからスポーク車輪が発売されました。1セット16個入りで、一般的なボーギー車なら4輌分です。

評判も良さそうだったので1つ購入しました。
どの車両に使うか迷うところですが、銀色車輪で車輪が目立つ台車を履いている車輌に絞ることにしました。
いろいろ候補に挙がりましたが、最終的にはセキ3000にしました。当方のセキ3000は、初回発売のもので当然銀色車輪です。
クリックすると元のサイズで表示します
分かりにくいですが、一番左は銀色車輪のまま。右側2輌は換装済みです。
足回りがグッと引き締まった感じがします。

しかし根本的な問題に直面しました。スポーク車輪は4輌分しかありません。しかし当方のセキ3000は10輌。一応専用列車なので、銀色車輪と黒色車輪が混在していると違和感があります。
そこでコキ10000やワキ5000等、他の黒色車輪の貨車から車輪を頂戴することにしました。
これらの車輪は当然非スポークのプレート車輪ですが、実車でもよく混在していましたからOKです。
クリックすると元のサイズで表示します
分かりにくいですが、右側の車輌の中央寄りの車輪が黒色プレート車輪です。
結果的には“セキ編成のスポーク車輪化”というよりも、“セキ編成の黒色車輪化(スポーク混在)”になりました。実車のスーポーク:プレートの比率は知りませんが、ある意味リアルかも知れません。

余剰になった銀色車輪は、プラ車輪のままのトミックスのオハ35や二軸貨車に転用する予定です。
これで金属車輪化100%を達成
(冷房化率100%達成と同じようなテンションで)
1

2014/8/9  16:00

ホームにて  

最近鉄分不足でブログに書き込むネタもないので、目に留まったものを上げときます。

クリックすると元のサイズで表示します
魚津駅で見かけた「日本海号」の“停止位置”です。6輌編成ということは、臨時列車になってから貼られたものですね。
それにしても6輌って短くて寂しい編成いですね。機関車にとっても、コキ20輌程を牽引出来る性能があるのに、荷が軽すぎます。その分加速が凄かったりして…^o^;
クリックすると元のサイズで表示します
同じく「きたぐに号」のものです。
再び活用される日が来ればいいのですが…
クリックすると元のサイズで表示します
68系の“トッキュー”です^o^ 駄洒落ですか?
現場でも“ロッパー”が用いられていることが意外に感じます。
今は現役ですが、こちらも来春には役目を終えてしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
剥がされてはいますが、「北越号」のペイント。“9号車”って…、そんな列車もありましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは滑川駅のものです。
ホームの端は御影石を使っています 521系対策で、この列車ホームの名残も無くなってしまうんでしょうね。

錆が染みついていい味がついているので欲しいところですが、敷石以上の厚みがあり素人には手に負えなさそうです。
0

2014/8/1  23:47

久々に速星貨物  高山本線

今日8/1は、 East iが北陸新幹線を金沢まで試験走行するということでしたが、「金沢夜着」の情報に惑わされてしまい、結局不戦敗でした。

7/28、別件のついでに速星貨物を撮りに行きました。
月曜なのでコンテナの積載率が率いと予想し、前がちアングルで構えました。
クリックすると元のサイズで表示します
案の定、スカスカです。(トリミングしています)
雑草が低そうだったので、次回は下から狙おうかな。
…また“次回”が増えてくる
1

2014/8/1  0:14

7/26 536M  北陸本線

7/15に行きそびれた場所に行きましたが、沿線に咲き誇っていた花は既に見頃を過ぎており、撮るに堪えれない状態でした。
ということで、第二候補の“築堤アウトカーブ下から”アングルに向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
線路わきの雑草が思いのほか伸びており、3両目以降は床下が見えません。他に思いつく場所もないので撮影を続行しました。ここは住宅地なので、カメラを構えていると目立ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
帰り道、石積みの橋脚が目に留まったので撮りました。重厚な橋脚に対してガーダー橋は華奢に見えます。
現地で、あれやこれや考えているうちに列車が通過してしまい、高速シャッターで車両を止めましたが、スローで流しても良かったかな?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ