2014/11/29  0:14

あれから8年経ちました  神岡鉄道

毎年、この時期になると神岡鉄道のことを思い出します。一種の命日みたいなもんですからねT_T 
小さな鉄道でしたが、愛好家的にはとても魅力溢れるところでした。沿線の“秘境”的な風景も好かったのですが、そこでの出会いがなければ、今の鉄ライフはないくらいの縁ができました。ホント、2002.1.30に漆山〜楡原に行って良かったなと今でも思います。

そんな思い入れの深い神岡鉄道でしたが、2006.11.30が最後の運行になってしまいました。
廃止間際に撮ったポジは取り込んでいないので、ビデオで撮っていたものをケータイで写しました。
クリックすると元のサイズで表示します
奥飛騨温泉口駅前で行われたセレモニー。
撮っていた当時は「こんなん撮ってもなぁ」と思っていましたが、今観るとなんだかジーンときます。
クリックすると元のサイズで表示します
猪谷駅では、JRの線路を走ってから神岡鉄道に入ります。これって一種の乗り入れですかね?普通ならJRと無関係に運転できるように(?)独立した配線にしますよね。
末期は神岡鉄道の体験乗車もツアーに組み込まているものがあり、観光バスが駅前に乗り付けていました。そして車内は満員!廃止直前によくある光景が繰り広げられていました。
クリックすると元のサイズで表示します
画面左上の架道橋で撮り鉄が構えていて、列車は最徐行していました。そこまでして撮らなくても…。無茶なことをする人が現れるのも、末期につきものです。
クリックすると元のサイズで表示します
飛騨中山駅にて。ここでは、雨が降っていたのでポジでの撮影を諦め、動画に専念しました。でも、傘に落ちる雨粒の音が結構キニなります。

この頃撮った観て・・・、画質的に今どきのTVでは観るに堪えないものですね。VHSで何度もダビングを重ねた○ビデオを見ているような感じです。20型位の画面ならいいのかな?あと、三脚を使っている場合は、スチールがメインなのでそのシャッター音が入り、シャッターを押す揺れも写り込んでしまっていて萎えてしまいます。ま、そのようなクオリティーのものでも商品として売っていますが、自分は耐えれません。
唯一良かった点は“音”ですね。これはスチールでは再現できませんからね。気動車の「プワーン」というタイフォンの太い響きは心に染み渡ります。

今回は動画を映し出しているTV画面を撮って代用しましたが、ポジもそろそろ劣化が心配になってきますし、何かお手頃ないいスキャナーはないですかね?それか、静態保存中のwin98マシンを再稼働させるか…
1

2014/11/27  18:04

11/4 ラッセル試運転 外伝  北陸本線

遅延したラッセル試運転を市振俯瞰で撮影した後、その解放感から無計画にキロにつきました。
国道8号線をまっすぐ帰っても面白くないので、旧道を走ることにしました。旧街道の面影残す町並みや道の線形を見ることは楽しいことです。途中、海や北陸線の旧線跡を眺めていると、今さらですが夕刻の斜光線が抜群に綺麗なことに気付きました。
丁度北陸線が並行しており、撮影することにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
程なく「はくたか号」が来ました。背景の山に露出が惑わされオーバーになってしまいました。こういう時はPCで補正^▽^。デジタルは便利です。
クリックすると元のサイズで表示します
貨物列車も来ました。運転室の壁まで照らされ、機関士さんはさぞや眩しいことと思います。でも、その表情はとても清々しいものでした。
クリックすると元のサイズで表示します
下り線も開通し、抑止されていた特急が走って来ました。
ダイヤは乱れていて咄嗟に撮っただけなので、ピントその他いろいろ甘いですが一応記録として載せておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
「北越号」の3分後、「はくたか号」も来ました。こちらもノーマークだったため以下同文。

暫く列車は来なさそうだしダイヤも乱れているので、これにて終了しました。
1

2014/11/26  22:29

11/4 ラッセル試運転 エピソードV  北陸本線

光線状態が悪いながらもウイングが開いているところを正面から撮った後、すぐに追いかけましたがなかなか追いつきませんでした。ま、撮影ポイントも思いついていなかったので、本日の本命ポイント、市振俯瞰に余裕をもって行きました。
余裕があると言ってもそれほどゆっくりする時間もなく、息を切らせながら階段を駆け上りました。さらに上へと階段は伸びているのですが、時間と体力の都合もあり中段で妥協しました。
クリックすると元のサイズで表示します
セッティングが完了する前に来た普通電車。
とこで切り取るか慌ただしく考えながら、同業者数名とともにラッセルを待ちます。
しかし、予定通過時間を過ぎても来ません。多少の遅れはつきものなので、みな臨戦態勢で待っていました。その集中力が切れる頃、近くにいた方に「ラッセル車にトラブル発生、泊駅で停車中」の情報が入って来ました。そのトラブルが軽症なのか重症なのか、今日の試運転が続行できるのか?等々不明な点ばかりで、泊まで見に行くことも出来ず、待つしかありませんでした。定期列車のスジの空き具合を考えると、ラッセルの入る時間は限られいくつかの候補が浮かんできます。でもその時間を過ぎてもまだ来ません。そうこうしているうちに呉羽で人身事故が発生し、ダイヤはグチャグチャです。
クリックすると元のサイズで表示します
そんな時でも、富山以東の普通列車や上りの特急は走って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
ぎりぎり抑止を免れた「はくたか号」。
この日は波が高く想定外の待機時間になったため、だんだんと寒く感じるようになってきました。しかし、いつラッセルが来るか分からないので、ここから離れるわけにもいきません。

そして、待つこと約2時間、
クリックすると元のサイズで表示します
やっと来ました!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
念願の海バックを頂くことが出来ました。

いろいろお世話になった方々、現地でお会いした皆様、どうもありがとうございました。
1

2014/11/25  19:14

11/4 ラッセル試運転 エピソードU  北陸本線

ちょっと違った構図で、贅沢を言うならウイングが開いているのが分かるように撮りたいと思いながら移動しました。でも、撮影地にそれほど詳しくないので、思いつく場所は一つしかありません。ここでも数名の方と一緒に撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します
アウトカーブから正面を狙いました。踏切の手前なのでウイングが閉じていないか心配でしたが、シャッターを切る位置では大丈夫でした。とは言っても、開いてはいますが複線電化区間の宿命で開き角度は控えめです。また、時間が経過しており、光線状態は良くないですね。

この後更に東進しましたが、車の流れが悪く思うように進みません。どうにか並走するのがやっとで先行することが出来ません。仕方なく、今回の本命でもあり最終ポイントに先回りしました。
1

2014/11/24  19:15

11/4 ラッセル試運転 エピソードT  北陸本線

富山貨物でラッセル車の取材が行われているのを確認してから、撮影ポイントに向かいました。
午前中の下り列車ということで、光線状態はまずまずです。しかし、人間欲深いもので「順光で撮ればウイングが開いていても分からんやん」と思ってしまいます。そんな思いもあり、どこで撮るか悩みました。でもない頭で考えてもいい答えは出ず、結局水橋の跨線橋に向かいました。
知り合いの方も含め数名の方がスタンバイしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ時間があるので、定期列車でアングルチェック。いつも撮っているので必要ないんですけどね…。
道路から撮るとケーブルがかかるので、立ち位置をちょっと下げました。道路から撮れば後追いも撮れるのですが(車が来ていれば不可能)、ここからでは無理です。
定時にラッセル車が現れ、ウイングが開いているのも見えました。しかし、当然ですがカーブを曲って来ると死角に入ってしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
ウイング?なにそれ?って感じのアングルです。でも、順光なのでまぁ良いでしょう。左の架線柱はファインダー内では入ってなかったのですが、確認が甘かったです。プリントする際は、必殺!トリミング
ケーブルはかかりませんがセンターポールが…。気にしだしたらキリがないので目を瞑ることにします。

試運転列車はスジが寝ているので、車で移動すると複数回撮ることが出来ます。
側面は陰るけどウイングが開いているところを狙うのか、ウイングは無視して順光で撮るのか、迷いましたが結局は後者に絞りました。でも、滑川〜東滑川は地鉄が並走しうるさくなってしまいます。東滑川での駅撮りはキャパが少ないし…。
東滑川駅以外で地鉄とJRの間に入り込めるところは…、ありました!単機なので架線柱もかわせる筈です。
クリックすると元のサイズで表示します
早月加積駅にて。時間があまりなく、構図にもう一工夫出来たかな?って感じになってしまいました。ここには誰も来ていないかと思ったのですが、先客が一人おられました。

ここまで同じような角度で2回撮影しているので、ちょっとアングルに変化が欲しいところです。出来ればウイングが開いているのが分かれば更に良し、なんて考えながら次に進みました。
1

2014/11/23  22:48

11/4 ラッセル試運転 エピソード0  北陸本線

11月上旬、冬への備えとしてラッセル車の試運転が始まります。例年、夕方のニュースでもこの時季の風物詩として放送され、新聞のテレビ欄でもニュース番組に“ラッセル”の項目が掲載されます。11/3、某氏より翌日のテレビ欄にその記載があると連絡があり、予定も空いていたので出撃しました。

その前に…、せっかく出掛けるのだからちょっと寄り道しました。
クリックすると元のサイズで表示します
常願寺川橋梁から水橋駅にかけて、いい感じでカーブしながら下ってくるのですが、いざ構図を整えようとするといろんな障害物が目に付いてしまいます。今回は豪快にトリミングしました^o^;
クリックすると元のサイズで表示します
常願寺川の堤防に移動し、反対側からも狙いました。
明け方まで降っていた雨が止み地面はレフ板代わりのように輝き、山の稜線も肉眼ではいい感じに見えていたのですが…。
この場所は丁度架線が入れ替わる区間で、架線柱が余計に建っていてややうるさいです。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に、1本の架線柱に2つのビームを取り付けられたら、かなりすっきりするのですがねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します
振り返ると、コンクリ橋を渡る列車をすっきりと撮ることが出来ます。でも手すりが下回りにかかってしまうので、少しでもかわそうと脚立に乗ったのですが、あまり効果はなかったです。2m級が必要かな?

この後富山貨物に向かうと数人の同業者がいました。ここは線路よりも公道の方が低く、また障害物もたくさんあるため撮影にはあまり適していませんが、本線列車のほか入れ替えの車輌も多く“見る鉄”には楽しい場所です。
クリックすると元のサイズで表示します
豪快にトリミングしていますが…、庫の前で報道関係者を相手にラッセルのデモンストレーションをしているようでした。

この様子を見てから、走行シーンを撮るために沿線に移動しました。
2

2014/11/20  20:39

11/2 布施川  北陸本線

この日は曇っていたので、以前から気になっていた場所に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
所詮曇りなのでこんな感じにしかなりませんが、夏の夕方なら光線状態は良くなるかな?
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ