2014/12/29  22:52

12/29 月岡  富山地方鉄道

いよいよ年末ですね。しかし、当方は平日と同じです

今日は、地鉄上滝線は平日ダイヤで運行されるということで、I氏よりお誘いを受け月岡に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
夜明け前の月岡駅。
冷たい雨が降り、しっとりといい雰囲気です。でもとても寒く、お誘いがなければ行かなかったと思います。平日でも比較的融通が利くので、わざわざ雨天時に出掛ける必要もないのです。そうはいっても、なかなか踏ん切りがつかないので晴れ写真も少ないです。ま、今回は友人たちに会うのがメインの目的みたいなものでした。

次第に周囲は明るくなってきて、蒼い景色は終わってしまいました。明るいと言っても、走行シーンを撮るにはまだ暗過ぎます。
クリックすると元のサイズで表示します
目的の10025さま。交換列車も遅れることなく到着し、極短時間の停車の後、すぐに発車していきました。
旧型「ていしゃ」が引退してからは、このアングルが多いです。この列車にはK氏が乗車中でしたが、線路に近かったため確認できませんでした。暗過ぎるので“撮り”を諦めて“乗り”の方が良かったかな?と思いましたが、時すでに遅しでした。

この後I氏と合流し返しを狙います。でも暗いので駅撮りです。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ塗装は綺麗ですが、落ち着いてきた感じです。
今度は乗車中のK氏を確認できました(とても幸せそうでした)。

クリックすると元のサイズで表示します
ついでなので、同じアングルでDDEXPも1往復撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します
月岡で交換してくる列車を撮って、撤収しました。(この画像は、少し色をいじっています)

先日降った雪は殆ど融けてしまい、スノープラウもその役割を発揮できていません。このくらいの距離で、スノープラウで雪を跳ね飛ばしているところを撮りたくなってきます。
0

2014/12/29  3:28

12/27 午後の部  北陸本線

午前中滑川付近で撮影した後、一旦帰区しましたが、遅8002レが気になりネットで情報を探していました。すると、当該列車に乗車中の方が現在地などをアップしておられ、おおよその通過時間を推定することが出来ました。天候や時間帯からして定番の神社裏がいい感じなのでしょうが、同業者が集中するだろうし別のポイントを目指しました。
と言っても、いつもの水橋の陸橋です。
クリックすると元のサイズで表示します
山は綺麗に見えていました(画像はかなり加工しています)。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、光線は山側からあたっており、山をバックに撮ると側面は陰ってしまいます。
かといって、山側から撮るとこのように「ぬるい」感じになってしまいます。
周辺には山バックポイントで構える同業者の方が2名ほどおられたのですが、側面真っ黒の編成写真を撮ってもなぁ〜と思い、機関車の前面に日が当たることを重視したアングルで撮影しました。しかし、どこで撮っても同じ感じになるような、面白みに欠ける結果になってしまいました。ということで、ここでは秘蔵とします。

15時過ぎに当該列車は通過しましたが、せっかくのいい光線なのでもう少しいることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
ギラリ狙いで後追いで撮りましたが、思いがけずT18!運転台上の前照灯にケーブルが掛かってしまいました。何度も撮っている場所ですが、どう撮るのがベストなのか未だに分かりません。
クリックすると元のサイズで表示します
直ぐに「はくたか号」も来ました。

まだ日照はあったのですが、次の用事もありこれにて撤収しました。
0

2014/12/27  19:36

12/27 滑川  北陸本線

今日は久しぶりに日照がありました。
色々と用事があり、そのついでに沿線に立ち寄りました。
クリックすると元のサイズで表示します
536M。
地鉄本線西滑川駅付近の跨線橋に行ってきました。
近くに学校があるので通学時間にここで構えていると目立ってしまうのですが、今は冬休みなので人目を気にしなくても済みます。
クリックすると元のサイズで表示します
もう1スパン向こうで切りました。架線柱付近の雑木が邪魔で、これ以上横がちには撮れません。

クリックすると元のサイズで表示します
「北越号」も同じアングルで。
次の予定が気になりながらも、天気がいいのでずるずると長居してしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
「北越号」のすぐ後に来る普通電車。A19編成での代走でした。
全く運用を追ってなかったため撤収してしており、締まりのないアングルになってしまいました。

上り「トワイライトエクスプレス」が相当遅れているとネット情報であったのですが、公式HPでは“90分以上の遅れ”としかなく、今どこを走っているのか分からなかったので撤収しました。
1

2014/12/25  11:13

12/25 427M〜536M    北陸本線

久しぶりの更新です!
ちょこちょことは線路脇に繰り出してはいるのですが、大した結果も出せていないし、宿題を抱えたまま年を越すのは嫌なので、思い切って今日の分まで省略しました。でも、後で見返した時に困るんだろうなぁ(撮影日記なので)。

クリスマスの今朝、冷たい雨が降りどうしようもない感じでしたが、曇天時に撮っておきたい場所があったので行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
真っ青です(トリミング済み)。
クモハ475 49の助士席側の曲面ガラスは、いつ見ても曇っています。残り3カ月を切り、もう直す気はないのでしょうね。青色1色になってはいますが、AU12搭載車が最期まで現役なのがいいですね。

天気は更に悪化しやる気は失せていましたが、せっかくなので返しも撮りました。
クリックすると元のサイズで表示します
ピントが甘くなってしまいました。

あともう一回ぐらいは撮っておきたいとは思っていますが、これが撮り納めになってしまうかな?
1

2014/12/13  18:33

11月11日 試ラッセル復路  北陸本線

富山貨物から糸魚川まで走ったラッセルの試運転の返しがこの日走りました。
午後の上り列車ということで、光線状態は問題ありませんが、どこで撮るか悩むところです。
糸魚川→泊で思い付くポイントはあまりなく、市振俯瞰を再訪することにしました。

その前に、ちょっと寄り道。
クリックすると元のサイズで表示します
青海付近にて。かつて側線が広がっていた所は、雑草に覆われていました。

クリックすると元のサイズで表示します
親不知にて。※トリミングしています。
立ち入り禁止の場所が多く、思うようにロケハンできません。周囲は工事現場とコンクリートジャングルしかなく、殺風景な場所でした。

この後市振俯瞰に向かいました。往路では中段で撮りましたが、今回は最上段まで登り、いつもお世話になっている方をはじめ、ハイアマな方々にご一緒させていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
4060レ。模型を見ているかのように感じました。
ラッセル車をイメージしてこんなアングルで撮りました。高さがある分水平線が離れてしまい、車輌が小さくなってしまいます。でも、水平線を入れなければここまで登った意味がありません。周囲でEF510の何号機だったか?ということが話題になりました。当方のボディーではモニターで拡大しても分かりませんでしたが、ほかの方のではナンバーが読み取れているようでした。
当方の装備で日常使用している分にはそれほど不満はなかったのですが(物欲はあります)、装備の差が画質の差に直結することを見せつけられて(腕の差は無視)、ちょっと考えさせられました。銀塩時代なら、同じレンズ・フィルムを使えば、普及版ボディーでもプロ仕様ボディーでも同じ結果を得ることが出来ました(と思っている)。でもデジタルはそうではないんですね。便利な反面進化が早く、古い機種・安い機種を使っていると、結果に差が出るようですね。カメラは一生モノでしたがデジカメは生モノ、と言えば大袈裟ですが、性能向上を考えるならボディーの買い替えをしなくてはいけません。銀塩時代からやってた身としては、痛い出費です。

何本かの列車で試し撮りし、
クリックすると元のサイズで表示します
本命登場!!
クリックすると元のサイズで表示します
三脚からカメラを外し、全力で連写。
クリックすると元のサイズで表示します
ウイングが開いてきました!

この後階段を駆け下り次の撮影地に急ぎます。
こんな時に限ってどこを通っても工事をしているし、訳の分からない運転をする車が流れを乱すし、予想以上に移動に時間が掛かりました。ご一緒した方々は何処へ行ったやら…。
クリックすると元のサイズで表示します
線路の向こうに柿が実っていて、それを意識して構図を考えていたら、雪かきに影が落ちてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
後追い。
この後追っかけを試みますが、スムーズに流れません。あまり先まで足を延ばすとバカ停の貯金を食い潰してしまいます。でもこの時間に上り列車を撮るポイントって限られています。水橋の陸橋かと思っていたのですが、時間的に厳しく順光での撮影は諦めました。
クリックすると元のサイズで表示します
西魚津付近にて。
シルエットを狙おうかと思っていたのですが、太陽の位置や背景・立ち位置を調整する時間がなくこうなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
デジタルの利点を活かして修正。ここまでいじると加工?

これにて終了しました。三セク化後もDE15は引き継がれるようなので、今後も活躍する姿を見れそうです。と言っても、自分は試運転しか見たことがなく、“活躍する姿”は見たことはありません。
1

2014/12/9  18:39

11/10 高山本線(JR東海区間)へ その2  高山本線

高山本線(JR東海区間)に撮影に行く時、一つの(心理的)境界となるのが打保駅を過ぎて最初にある踏切です。ここから先(高山方面)へは線路は隧道で短絡するのですが、国道360号線は地形に逆らわず宮川に沿って大きく蛇行し「テナリ山」をやり過ごしています。この区間は前述の廃道区間ほどではないにしても、道が狭く見通しがきかない個所もありちょっとドキドキします。途中にある橋はサイクリングとして通ったなら休憩ポイントにしたくなるような、何ともいい雰囲気で一つの見どころでもあります。また、その脇には旧橋台の遺構があり、旧橋があったことを偲ぶことが出来ます。

今回はそんな境界を越えて南下しました。
対岸を走る列車を撮ろうと構えてくると、数名の同業者グループも登場しました。
クリックすると元のサイズで表示します
天気が回復し、半逆光で紅葉が照らされます。
しかーし、切り位置付近で曇りエリアに突入!!
クリックすると元のサイズで表示します
振り返ると…完全に曇り。彼らは自分よりも後方で構えていた為、メインカットも曇りだったのかな?と余計な心配をしてしまいます。

次はトンネルを一つ逆戻りし、鉄橋をサイドから狙うことにしました。
次の列車までは時間があるので、現道のトンネル脇を登り旧道を散歩しました。
車が来ない旧国道を独占し、かつての酷道に思いをはせ、とても気持ちが良かったです。
でも、地面を見ると数種類の糞がたくさん落ちていて、道端の泥には獣たちの足跡もありました。大きなものもあり、知識がないので断定はできませんが、その大きさからして熊ではないかと思いがよぎりました。ここは人が去ったヤマの一部なのです。ケータイの電波は届かないし、人の往来は皆無だし…、そう思うと急に怖くなり現道に戻りました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは何度も通過していますが、鉄橋の半分が下路式ガーダー橋で下回りが隠れるのを嫌い、撮るのは初めてです。今回は天気も紅葉具合もよく、その欠点を差し置いてでも撮りたいと思いました。
特急はステンレス車体なので風景に映えないと思い、アップ気味に狙いました。
クリックすると元のサイズで表示します
普通列車は白塗装なので、多少小さくても存在感があると思い、風景主体で狙いました。

更に南下し、次の普通列車は古風なガーダー橋と紅葉を絡められる所で狙いことにしました。
鉄道の方が道よりも高いところを走っているので、国道の落石覆いに上り、更に落ちていた石を踏み台にし、少しでも高さを稼ぎました。
列車を待っている間、背後で音がし「クマが出たか!?」と思いましたが、先ほどの同業者グループでした。
クリックすると元のサイズで表示します
晴れてはいるのですが、数分前の方が綺麗な光線状態でした。
クリックすると元のサイズで表示します
41号線との合流地点間際のアンダートラスまで来てしまいました。
後で考えると、このアングルは以前にも撮ったことがあるので、先ほどの所で留まった方が良かったと少し後悔しています。

今回の目的地は、初訪問の角川の鉄橋俯瞰でした。道が細いので対向車が来ないことを祈りながら運転していました。
クリックすると元のサイズで表示します
大きな銀杏の木が綺麗で、また後追いが目立たないように撮りました。
クリックすると元のサイズで表示します
少し時間が空きますがそのまま待機し、本命の特急。これだけアップにすると、落葉した木々が目立ってしまいます。もう少し早く来るべきでした。
また、この1時間ほどで想像以上に日差しが弱くなってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
後追いの普通列車も同じアングルで。
これにて終了し、帰路につきました。

途中ダイヤグラムと現在位置を確認すると、間もなく特急と対向しそうでした。
クリックすると元のサイズで表示します
既に日没していましたが、感度を上げて撮影しました。

同様に、普通列車も駅に寄り撮影。
クリックすると元のサイズで表示します
高感度撮影では歯が立たないので、出発シーンは動画に切り替えました。でも、撮っている時は全く気付かなかったのですが、用水路の音がうるさかったです。普段は静止画なので、音に対する注意は不要ですからね。動画って難しい…。

駅に向かう為に国道を離れ市道に入りましたが、この市道はバイパスが出来るまでは国道で、現在でも当時の面影を色酷残しています。2004年の水害さえなければ、もっと多くの区間で旧道を楽しめたのに…。
0

2014/12/8  21:48

11/10 高山本線(JR東海区間)へ  高山本線

曇りの中、月岡駅付近にて10025-10026様+175を撮影後、高山本線に転線しました。
まだ紅葉に間に合うかも…との甘い期待もありました。

クリックすると元のサイズで表示します
「ワイドビューひだ号」。曇りではステンレス車体は全く映えません。でも、先頭部分が白いので、まだ救われます。2連ですが、キハ25もこんな感じになるんでしょうね。
国道360号線のトンネル脇からのアプローチですが、撮影ポイント付近に何やら設備があり、ある程度の草刈は行われていて歩き易くなっています。よく見ると石垣の痕跡などもあり、今では何もない場所ですが、かつては集落があったことを偲ばせます。石垣一つ作るのでも相当な労力が必要なのに、それらが使われることがなくなり遺構になってしまっているのって、なんか寂しい気分になります。

クリックすると元のサイズで表示します
ここからは旧道(廃道)が良く見えます。山の上の方は霧に隠れていて綺麗でした。でも写真で見るとパッとしません。
クリックすると元のサイズで表示します
「万才橋」をアップで。
平成12年まではあちらが現役の国道でした。現役時代に通ったことがありますが、すれ違い困難、冬季通行止め区間があり、ホント“酷道”でした。ある意味、前時代のスペックそのままの姿なので、道好きにはウケがいいと思います。この廃道区間の現状についてはこちら!で紹介されています。
旧道と現道を比較して見ると、土木技術の進化が凄まじいことを実感します。現道は冬季でも走りやすいのですが、この地域にはオーバースペックのような気がします。よそ者がこんなことを言ったら怒られるかもしれませんね。ま、今でもバイパスは工事中で、狭窄区間も次第に解消されてくる様子です。全通したら、メインルートの座を数河峠越えの41号線から奪ったりして…。

クリックすると元のサイズで表示します
直ぐに下り普通列車が来るので、橋の反対側から撮影しました。どう切り取るか迷いますね。
最もお手軽な場所ですが、まともに撮ったことがありません。この日も曇り・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
返しは築堤区間をプチ俯瞰。晴れの日に来たいです。
ここからは列車密度がさらに低くなる時間なのでどうするか迷いましたが、天気は回復傾向でしたのでもう少し足を延ばすことにしました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ