2015/2/23  20:54

2/17 青海からの帰り  他線区

青海と言えば電化セメントがあり、かつては鉄道輸送がされていました。しかしそれも廃止になり、専用線跡のレールは剥がされてしまっています。

青海で北陸線の特急などを撮った後、なんとなく電化セメントのヤード跡に寄りました。
クリックすると元のサイズで表示します
現役時代は、たくさんの線路があり、たくさんの貨車がいましたが…
クリックすると元のサイズで表示します
JRにつながる線路は剥がされ、構内の側線もほとんどなくなり寂しい限りです。
有名な「アホ」は、もう見られないのでしょうか?

この後、通称“原石線”のホッパーを見に行きました。
すると、踏切の警報機が鳴っており、列車が向かって来ているのが見えました。ここで実際に列車を見るのは初めてで嬉しかったです。安全な場所に駐車しカメラを取り出すと、列車は既にほぼ真横まで接近していて、前からは撮れませんでした。
直ぐに後追いの態勢に入ります。後追いは苦手ですが、列車が遅いので何とか大丈夫そうです。
クリックすると元のサイズで表示します
DD16タイプの機関車ではありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
最後尾から。ここを紹介しているサイトによると、5両編成は長い部類のようです。
貨車も、白線や車掌室?の有無、ホッパーの形状など、数種類ありますね。
クリックすると元のサイズで表示します
もう一丁!係員がこちらに気付きました。

初めにヤード跡を見に行かずここに直行していれば、機関車側から撮影できたのに…。
今度は前から撮ってみたいですが、どうなるやら・・・。
1

2015/2/22  19:56

2/17 再び青海へ  北陸本線

この日は、昨日とはうって変わって曇天になりました。
ということで、昨日ボツにした曇天構図を撮影しに行きました。

その前に寄り道。
クリックすると元のサイズで表示します
9002レを撮った場所で貨物列車を撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します
少し移動しただけですが、雰囲気が随分と変わりました。
ただ、線間の虎ロープの支柱が太いタイプで、結構邪魔ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
9連の「はくたか号」だとこんな感じ。

この付近は現在何もありませんが、かつては集落があったような感じの場所です。

この後、青海まで行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
曇天時アングルで構えていると、「しらさぎ号」仕様の「はくたか号」が来たのかと思ったのですが、純正の「しらさぎ号」編成でした(団臨運用)。
クリックすると元のサイズで表示します
9連の「はくたか号」だとこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
3連の普通電車は、ポールが無い渡り線区間で。
以前“はくたかボン”を撮った時には、背景の白い建物は無かったと思うのですが、長玉で圧縮すると目立ってしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
長い貨物列車は引いて狙いました。曇りなので架線柱の影の心配はなく気楽に構えていたのですが、切り位置でフロントガラスに碍子が写り込んでしまいました。

これらの合間に下り列車も撮りました。
クリックすると元のサイズで表示します
やっと赤いEF510に出会えました。
機関車が回り込んだところも撮ろうと欲張り、AIサーボにして連写したのですがピントは全く追従せず撃沈しました。
クリックすると元のサイズで表示します
683系の白く輝くヘッドライトがかっこよく見えます。

撮りたいものは一応撮ったので、これにて撤収しました。
1

2015/2/22  1:01

お知らせ  

硫次郎さまから、『神岡重連紀行 〜ようこそ白銀のパラダイスへ〜』へのリンクの承諾を得られました

硫次郎さまは、神岡貨物を通じて当方と多くの方々とのご縁を取り持って下さった方ですので、この承諾は大変うれしく思っています。

今後、神岡貨物の作品も紹介していく予定があると伺っています。当方では到達できなかったポイントや、成し得なかった切り口の作品だと思いますので、当時を懐かしみつつ、新たな発見(後悔も)もあるかと楽しみにしています。
1

2015/2/21  21:46

2/16 青海へ  北陸本線

この日はなぜか天気が良く、疲れを押して青海に向かいました。
途中、市振俯瞰には同業者がいるような気配がありましたが、あの階段を上るのはしんどいので通過しました。
一つ目の目的地は親不知。
クリックすると元のサイズで表示します
以前酷評した場所ですが、旅客列車も撮っておきたいと思い再訪しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ま、こんなもんでしょう。
近くにあった古レールを使った構造物は、潮風を浴び続け完全に腐っていました。レールがあそこまで崩れるのを初めて見て、我が家のレールの保存状態がキニなりました。

二つ目の目的地の青海。日照があったため、当初思っていたアングルは没。順光メインで狙いました。
クリックすると元のサイズで表示します
と言うことで、「北越号」は後追い構図で構えていたらT18編成でした。しかも、話題のタイフォン開きっぱなし。
背景には雪を頂いた山がくっきりと見えていました。鉾ヶ岳でしょうか?架線柱などと出来るだけ干渉しないよう、立ち位置を探しました。同じ場所を行ったり来たり、他人からは奇妙だったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
9連の「はくたか号」では、少し余裕をもってフレーミング出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
山を大きく写そうと思いましたが、少し霞んできてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
ということで、山は無視。後追いは難しいです。

疲労も増してきたので、これで帰路につきました。

クリックすると元のサイズで表示します
途中海がとても青かったので、海を入れた写真も撮りたくちょっと寄り道。
デジになってからは初訪問です。
クリックすると元のサイズで表示します
糞まみれな「はくたか号」。以前にも別の編成が糞まみれになっていました。おそらく滞泊場所の上が鳥のねぐらになっているのだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
泊付近まで戻ってきて、綺麗な赤兎を捉えることが出来ました。

まだ日照があり勿体無かったのですが、疲労もピークに達しこれで撤収しました。

1

2015/2/20  22:55

2/15 25時間半遅れの8002列車  北陸本線

東北地方での大雪の為、「トワイライトエクスプレス号」に大幅な遅れや運休が出ていました。
公式HPでは「90分以上の遅れ」とあまりにも漠然とした情報と「14日発は運休」が知らされていました。ネット情報では、遅延と運休に伴う宮原への回送の情報が錯綜していて、何日発のどっち向きのトワイライトエクスプレス号かをよく考えないと訳が分からなくなる状態でした。

で、15日。大幅な遅延は聞いていたけど、深夜か早朝に北陸地方を通過するかと半分諦めていました。ところが!朝調べた時には25時間遅れ!!!まだ間に合う!!
ってことで、東滑川駅に急行しました。
すると横須賀から来られた同業者の方が1名おられました。

不意に構内踏切の警報機が鳴ると、次の普通電車に乗るために待合室にいた乗客たちが、文句を言いながら慌てて線路を渡り始めました。
すると現れたのが遅8002レ。皆さん唖然としていました。
クリックすると元のサイズで表示します
25時間半遅れは殆ど活かせていませんが、13日に撮り損ねたのを撮り返した感じです。
遅れの原因となった雪は全く付着しておらず、ちょっと期待外れでした。

横須賀の方はこれを撮って撤収しようとされていましたが、あと数分で475系が来ることを説明すると、残られました。こんな天気ですが、見逃すのは勿体無いことです。
クリックすると元のサイズで表示します
普通過ぎてコメントのしようがありません。でもこの「普通」が普通なのも、あと僅かな期間で終わってしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
入線すると直ぐに「はくたか号」が通過しました。いつもならもう少し時間が空くのですが…。
クリックすると元のサイズで表示します
その後追い。やっぱり後追いは難しいです。

天気も悪いので、これで横須賀の方とともに撤収しました。
1

2015/2/19  23:03

2/13 雪の東滑川駅  北陸本線

夜明け頃から雪が降り出し、みぞれになったり寒い朝でした。
せっかくの雪なのでちょっとだけ撮ることにしました。どこで撮るか迷っているうちに時間が過ぎ、降雪量があまりに多く、視界が悪いため当初思っていた所は止めてここにしました。この日は上り「トワイライトエクスプレス号」が遅延しており、まっすぐここに来れば間に合ったと後で知り、ちょっと損した気分になりました(得をしていないだけなんですが)。

クリックすると元のサイズで表示します
たまたま降り止んだ時に来ました。雪煙がもっと凄いかと思いましたが、大したことありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
降雪が酷いのでワイド側で撮りました。
雪での滑走対策なのか、加減速がとてもゆっくりでした。
クリックすると元のサイズで表示します
遮断機が開いたのをいいことに、構内踏切に入り線路上から撮りました。以前も感じたことですが、軌道内侵入しているみたいで、何か嫌な感覚に襲われました。

これで一旦帰区しました。雪が降り続いていた為、再出区する気力は起こりませんでした。
1

2015/2/18  20:28

2/11 西本郷陸橋ぶち抜き  高山本線

東富山で「トワイライトエクスプレス号」を撮った後、もう少し時間があったので速星貨物を撮りに行きました。この列車を撮るのは久し振りです。数年前に427M(列番は変わっているかも知れません)を撮ってから移動したら遅刻したので、今回は余裕をもって行動しました。

現地に着いても薄日の状態で、道床はまだ雪に覆われていました。ということは・・・
エクステンダーを噛まして陸橋ぶち抜きアングル!!
クリックすると元のサイズで表示します
まずは富山行き単行。
右下の枯草がキニなり除草しようと思いましたが、現場に行ってみるとどの草が邪魔な奴なのか分かりません。やみくもに作業するのも大変だし、雪面を荒らすのも嫌だったので断念しました。上の道路には同業者が2名ほどおられました。

で、本命。
クリックすると元のサイズで表示します
後ろの方が空荷ですが、まずまずの積載量で良かったです。

最近はこの構図ばかりなので、次は上から狙おうかな。樹木に着雪が十分にあれば鉄橋をサイド狙いも捨てがたいんですが、今季はもう無理かな?

この日はこれにて撤収しました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ