2015/5/25  21:36

4/18 海側からチューリップ  第三セクター(旧北陸本線)

今年のチューリップは、数年振りに線路の海側でも栽培されました。少なくとも昨年は、海側では栽培されていなくてJRとの絡みは撮れませんでした。ところが今年は海側でもチューリップ畑が展開されたため、4/18、一旦帰区後、午後に再度訪れました。考えることは皆同じで、同業者多数でした。農道に路駐したり皆あぜ道で構えたりしているのですが、ここの農家の方は理解のある方で良かったです。
クリックすると元のサイズで表示します
あえて軽トラも入れました。
暗くはないのですが、太陽は薄雲の向こうではっきりしません。
クリックすると元のサイズで表示します
はっきりしないので、ちょっとアップ気味に狙いました。
近くにいた方の連写速度が当方の倍ほどありました。ボディの違いもあるでしょうが、カード内のデータが溜まったままなので遅いんでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
富山方面を見るとこんな感じ。413系の3連だったらはみ出てしまうとの思いもありこんな構図にしましたが、実際に来たのは521系の2連。運用は調べておかないとダメですね。

ここではいつもお世話になっている方もファミリーで来られており、電車と絡めて撮影させていただきました。おかげさまで、いつもは撮らない雰囲気の写真が撮れました。出演ありがとうございました。

太陽はだいぶ傾いた様子ですが相変わらず雲の向こうで、ドラマチックな夕暮れにはならないため撤収しました。
1

2015/5/20  21:54

4/18 越中中村でチューリップ  富山地方鉄道

泊で貨物列車を撮影した後、滑川まで戻って来ました。
丁度チューピップの開花時期で、チューリップ畑の縁に同業者がいるのが見えたので当方も寄り道しました。
クリックすると元のサイズで表示します
この時間はどちらかというとまだ東側から日が差していたので、正面に日が当たるように畑の東端に立ち位置を決ました。また、チューリップ畑が大きく写り込むように立ってフレーミングしました。結果は…、ほぼ真横からの撮影で電車の正面は写らず、畑の端は花が少なく…ほか色々と課題が残りました。
クリックすると元のサイズで表示します
その結果を踏まえて構図を修正しました。
ちょっとはマシになったかな?
クリックすると元のサイズで表示します
ここはあいの風とやま鉄道と並行していて、そちらの電車が走り抜けるのもよく見えます。ただ撮影となると、障害物が多かったり床下が隠れたりするのであまり適しません。でも、ただ見送るのは勿体無いので花ピンで狙いました。ちょうどステンレスの車体が反射して良いアクセントになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
カツカツですが3連の『アルプスエキスプレス号』。たまたまですが、この電車の色とチューリップの色がよくマッチしています。
このスパンで収まるとは思っても居なかったので、想定していたシャッターポイントは、ガーダー橋に先頭部が乗った辺りでした。

自分の場合、あくまでも列車を主役にして撮りたいとの思いがあります。でも、自分のセンスで電車と花を絡めようとすると、この環境ではどうしても真横からの写真ばかりになってしまいます。バリエーションとしての真横ならいいのですが、真横ばかりになると脇役の為に構図を曲げてしまっている感覚があります。

クリックすると元のサイズで表示します
今年は線路の海側にもチューリップ畑が広がっていたので、それを背景に、観覧車も入れて狙いました。もう一面こちら側の田んぼにもチューリップが植えられていたらもっと華やかだったでしょうね。
1

2015/5/19  21:49


ここには3/31にも来ましたが、その時は濃霧だったのでそのリベンジに来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
深く考えずに撮影すると、側面日陰 orz!
日の出時間が早まると同時に、太陽の位置も変わってくるのですね。うっかりしていました。
ということで、次の貨物列車をどちら側から撮るか悩みました。太陽がほぼ真正面から昇っていて、架線柱の影はレールと並行に伸びています。同じアングルで撮ってもつまらないとの思いもあり反対側に移動しましたが…、
クリックすると元のサイズで表示します
またしても、側面に日が当たりません。移動しない方が良かったかなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
その次の貨物列車では、問題なく山側から日が当たりました。

再度リベンジしたいところではありますが、今ならもっと海側から日が当たるのかな?それよりも線路脇の雑草の伸び具合が心配です。
1

2015/5/16  12:13

4/12 中加積の桜  富山地方鉄道

今日は大事なイベントがあったのですが、フル参加できず残念でした。
最近多忙につき更新が滞っています。でも月末ごろには一段落しそうです。

さて、当ブログの記事は、まだ桜の時期です。
今年の桜は比較的長持ちしていたように思います。しかし、それは開花してから曇天が続いていたからであって、桜を絡めての撮影が長く楽しめたわけではありません。

朝から好天に恵まれた4/12、また中加積付近の公園に出掛けました。すると、既に先客が1名おられました。
クリックすると元のサイズで表示します
僅かにタイミングが遅れ、先頭部が架線柱に重なってしまいました。こういうの、個人的には凄く気持ち悪いんですよね。デジなのでバンバン連写して、良いのを選ぶような撮影スタイルにすればこんな失敗しなくてもいいんですがね。習慣ってなかなか治らないです。
クリックすると元のサイズで表示します
ほぼ同じ場所から望遠で撮りました。逆サイドからもそうですが、ここは架線柱で画面が二分されてしまいます。ファインダーをのぞきながら、カーブ区間に入る直前を狙ってもいい感じに思えました(車両は小さくなってしまいます)。
クリックすると元のサイズで表示します
花ピンで。ベストポジションは先客に押さえられていました。またその方がじっくりタイプの方だったので仕方なくこんな感じになりました。脇役の為に構図が変になる典型ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
線路に一番近い桜の咲きっぷりが良かったので、木メインで撮りました。すると来たのが14722様。こんな撮り方をしなかったら良かった。おまけにあともう少しで編成が切れてしまう中途半端なアングルです。もう少し寄るか離れるか、どっちかした方が良かったですね。今から言っても仕方がないので、そういう時は必殺トリミング!
クリックすると元のサイズで表示します
大分陽が回ってきたので、定番アングルで狙いました。嫌なところに架線柱があり、画面が二分されてしまいます。また、その架線柱の為に2両目が半分ほど隠れてしまい、最後尾が写らず気持ち悪いことに…。
クリックすると元のサイズで表示します
ということで、3輌編成だと最後尾は架線柱で隠れることなく、バランス良く写すことが出来ました。

これで撤収したので、結果的にはこのアルプスエキスプレス号が、今年の桜シーズン最後の一枚になりました。
1

2015/5/12  18:16

4/9 中加積の桜  富山地方鉄道

中加積駅周辺には桜の木が植わっていて、地鉄公式アテンダントブログでも取り上げられるスポットの一つです。ほぼ毎年撮りに出掛けていますが、今年も行っちゃいました。ただ、駅裏の桜は咲いておらず、上市寄りの公園のみでの撮影になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
後追いですが『ダブルデッカーエキスプレス』。架線柱で画面が分断されてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
寄って仰角で狙ってみましたが、一番手前の枝に花が無く、ちょっと寂しい感じです。
※他サイト様に一瞬同じ画像かと思ってしまうほど似ている画像がアップされていました。皆考えることは一緒なのですね。
クリックすると元のサイズで表示します
桜をバックにサイドから。もう少し寄れば、桜にかかるケーブルをかわせたかもしれません。来季への課題が残ってしまいました。以前も同じアングルで撮ったことがあるのですが、その時もレッドアローでした。自分の行動パターンが同じなのか、たまたまなのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
去年このアングルで2連を撮ったのですがバランスが悪く、3連で撮りたいとずっと思っていました。背景の山がちょっと弱いですが、まあイメージ通りです。
上路式ガーダー橋だったら床下も見え好ましいのですが、水面からの高さがそれ程ないので無いので選ばれなかったのでしょうね。それにしてもこのハゲハゲ感がいい味出しています。茶色の錆止めの上に緑で塗られたものですが、その緑がだいぶ剥げてしまって本当は何色?と思うほどです。
クリックすると元のサイズで表示します
地面には芝桜や水仙なども咲いており、それらも写し込みました。
鉄橋の形態やそれに続くバリケードなど残念な部分もありますが、この日撮った写真の中で最も春らしいものになりました。

この後旧路盤から桜バックで撮ろうと待っていたのですが、花見をしていた非鉄の男が電車通過直前に前方の線路際に乱入してきました。こちらのアングルにモロに入るっ場所だったのですが、そんなこと一切気にする様子もなく電車をさっと撮ってさっと帰っていきました。一瞬の出来事でどうすることも出来ず、電車を待っていたこの30分が無駄になってしまいました。
なんか腹立たしさがだんだん込みあげてきて、まだ日差しはあったのですが撤収しました。
1

2015/5/11  22:06

4/4 赤雷+金太郎  第三セクター(旧北陸本線)

この日の3097列車には、EH500が無動力回送が連結されていました。
EH500と言えば、青函トンネル〜東北本線や関門トンネルが主な活躍の場なので、ここ(元)北陸本線では馴染みがありません。ムドとは言え、そんな機関車が来るというので撮りに行きました。
EH500を見るのは初めてなので、普通に“貨物列車”として撮っても面白くありません。EH500が大きく写るように、ケーブルが掛からないように…など色々考えましたが、発想が乏しいので試雪を撮った時と同じアングルにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
もっといい撮り方があったでしょうね。EF510が大きく写っただけで、列車の“巻き”も写り込まず中途半端になってしまいました。
でも、マンモス機は迫力がありますね。見られただけでも来た甲斐がありました。

※Nゲージをやっていると、一瞬こういうムドが不思議に見えてしまいます。
1

2015/5/10  21:09

3/31 倶利伽羅峠でEF81  第三セクター(旧北陸本線)

ここまで引っ張るほどの撮影日記ではないのですが、途中でやめるのも気持ち悪いので続行します。

二塚で長居し過ぎて時間が厳しくなってしまいました。
しょうもない旅番組で、ハプニングをわざと起こそうと、時間を気にしない(ふりをして)で店にいて、駅まで走ってぎりぎり列車に間に合うってのがありますね。今回は当然そんなつもりはなく(そんな需要もありませんが)、「二頭追うものは・・・」ってやつでした。
時間が無いのなら近場で撮ればいいのですが、ポイントをあまり知りません。カーナビの到着予定時間ではぎりぎり間に合う感じでしたので、当初予定していた場所に向かうことにしました。
現地に到着すると同業者が2人構えていました。どうにか間に合ったようです。あとはセッティングまでに通過しないように祈るだけです。時間もないし先客の構図に入りそうだったので、線路脇で撮ることは諦めました。

完全にタイトルに負けていますし、ここを「倶利伽羅峠」の範疇に入れていいのか疑問もありますが、
クリックすると元のサイズで表示します
EF81 404



1












でした。
若干仰角なうえ空コキが連なり、絵的にはしょうもないものになってしまいました。
ダイヤ改正後、ここを通る旅客列車は2〜4連の普通電車のみになってしまいました。今さら言っても仕方がありませんが、このアングルで12連「サンダーバード号」や11連「しらさき号」を撮ってみたかったなぁ。

軽い脱力感に襲われながら、一応目的を果たした(こなした)のでこの日の撮影は終了しました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ