2015/10/26  21:38

10/2 団臨トワイライトの後に  他線区

団臨トワイライトを撮り終え、もう惰性のような気分になってしまいました。

とりあえず北府の車庫に向かいました。前回は大雨で写真を撮るような条件ではなかったのですが、今回は快晴です。ここは改修されたとはいえ、良い雰囲気に仕上がっていています。
クリックすると元のサイズで表示します
庫の中には外車が入っていました。これが走るところを撮ってみたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
朝撮った202が来ました。ラッシュ時だけの運用だと聞いていたのですが、代走に入っていたんですね。俄然やる気が湧いてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
交換があるので待っていると、相手も高床車の610でした。
クリックすると元のサイズで表示します
202が帰ってくると思い待っていると、880系でした。
202がどうなっているのか気になり越前武生に偵察に行くと、留置線に入っていて、そら来ないわけです。
ところが、ホームを見ると203がドアを開け客扱いしているではありませんか!!
間もなく福井に向けて出発しそうなので先回りします。
クリックすると元のサイズで表示します
適当な所で待ち構えましたが、来たのは770系。
さらに東進しましたが、かなり日が傾いてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
開けているところを見つけて待っていると、ついに来ました!!
クリックすると元のサイズで表示します
かなりトリミングしていますが、サイドから。プレスドアが懐かしいです。
クリックすると元のサイズで表示します
で、後追い。順光ですが、オッチャン!なぜ後ろ向きに座る???
クリックすると元のサイズで表示します
福井まで追いかけると、既に目の前にいました。急いで撮影します。
しかし、既に日没後で露出がありません。
クリックすると元のサイズで表示します
電車が出発しないので交差点の反対側に回りました。
露出が無いので感度を上げましたが、上げ過ぎたようです。
クリックすると元のサイズで表示します
引いてもう一枚。これが今回の団臨トワイライト&福井鉄道ツアーの最後のカットになりました。
2

2015/10/25  23:49

10/2 団臨トワイライトエクスプレス号  北陸本線

さて、福井の私鉄巡りを終え、本命の『団臨トワイライトエクスプレス号』を撮りに北陸本線に移動しました。この列車、客扱いは芦原温泉からですが、列車は金沢から回送されてきます。しかし、ツアー募集のチラシ以上の詳しいダイヤが分からず、確実性を優先しまずは牛ノ谷に向かいました。

少し早目に到着すると、一番乗りでした。
当方、ここでの撮影は初めてで、来るもの全てが新鮮です。撮影地は肥料の匂いが漂っていましたが、ソバのほのかな香りもし、意外と気持ちよく過ごせました。基本的には晴れているのですが、雲の動きが早くすっきりと晴れることは少なかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
『サンダーバード号』も懐かしいです。編成の向きが依然と逆なのが、未だに変な感じがします。
12輌編成を広角で撮るとこんな感じ。団臨トワイライトエクスプレス号は機関車を含め6輌編成、3スパンで収まりますが、次第に光線状態が悪くなり側面には陽が回らなくなりそうです。どうフレーミングするか迷いましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
前日の強風の為貨物列車はかなり遅れており、定時運転なら撮れないところでしたが、何本か撮れました。
クリックすると元のサイズで表示します
当日運転を知ったラッセル気動車。ヘッド付は初めて見ました。
クリックすると元のサイズで表示します
広角でもう一枚。トンボが写り込んでしまいました。
それにしてもこのヘッド、ちゃちく見えますね。北陸の重い雪に対応できるのか心配になりますが、ま、大丈夫なのでしょうね。

次第に同業者が集まって来ましたが、キャパにはまだまだ余裕がありました。しかし、そろそろ団臨トワイライトが来る頃になった時、追っかけ組と思われる一行が来ました。当方には直接的な影響はありませんでしたが、“場所取り”の優先権・効力ってどこまであるのだろう?と思う出来事があり、その場の雰囲気が悪くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
無事ターゲット撮影!予想通り側面は陰ってしまいました。

芦原温泉での停車時間が思ったよりも短そうだったので、予定を変更して鯖江方面に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
定時ではない貨物列車が通過。
クリックすると元のサイズで表示します
この区間は虎ロープの支柱が太いタイプなので、それが目立たないようサイドがちに狙いました。列車自体は保護色みたいな感じですが、まぁ想定内です。それよりも、画面左端に同業者が乱入してくることがあり、冷や冷やもんでした。結果的にはどこかに行かれ助かりました。

鯖江の停車を利用して、もう一発追いかけます。
クリックすると元のサイズで表示します
先の二発はいずれも直線での撮影だったので、変化を付けようと思いアウトカーブ・ローアングルで狙いました。5輌目にかかる木が邪魔ですが、構図に変化を付けたい気持ちが勝りました。
この後敦賀まで行けば追い付くダイヤでした。しかし、撮影には暗い時間だったので、ここで団臨トワイライトエクスプレス号の追い掛けからは離脱しました。
改めて画像を見ると、もう少し構図に変化を付けたかったな、と思います。

この後、帰るついでに福井鉄道に寄り道しました。
2

2015/10/25  12:36

10/2 団臨トワイライトのついでに  他線区

3月のダイヤ改正で廃止になった『トワイライトエクスプレス』が、再び北陸本線に帰って来ました!
と言っても、その車両を使った団体列車です。

編成は
EF81 44+電源車-ハネフ-ハ-ハ-ロネフ
という短いものでした。
車番は調べていないので確かなことは言えませんが、『特別なトワイライトエクスプレス号』の残り物で組成されたような感じですね。

こんな短編成なのに、ハが2両入っているところが珍しいですね。ハに滞在することをメインに企画された列車だったのでしょうか。ハネフは普通車、ロネフはグリーン車のそれぞれ座席扱いだったようですが、ハの控え車的な存在で、豪華版のトロッコ列車のような感じですね。

そんな列車が走るので、以前からイプ様と撮りに行く計画を立てていました。でもせっかく福井まで行くので、福井鉄道やえちぜん鉄道も絡めることにしていました。

しかし前日から風雨が強く、同行者がいなかったら多分行くことをやめていたと思います。全くテンションが上がらない状態でしたが、イプ様がいるので出発!!

福井に到着してからも雨が降っており残念な感じでしたが、天気予報では回復傾向だったのが救いでした。
雨だったのでダラダラしていると、いきなり200系登場!!
クリックすると元のサイズで表示します
信号待ちしているうちに追いかけ、後追いですが、とりあえず200系を撮るという目的は達成でしました。
ちなみに、この新塗装を撮るのは初めてです。似合っているかいないかを聞かれると、似合ってないですね。でも、明るく鉄コレなんかではこちらの方がいいかも知れません。
クリックすると元のサイズで表示します
その返しを狙いました。何と“回送”!
狭い電停ホームからの撮影なので手持ちです。ですので細かいフレーミングが出来ず、この画像を見ると色々と修正したい箇所があります。
クリックすると元のサイズで表示します
天気が回復してきたので、もう1本粘りました。来るものは拒まず!です!!

この後福井鉄道を離れ、えちぜん鉄道が新幹線の高架に乗り入れているところを見て来ました。撮れそうなところは見つけられなかったので、
クリックすると元のサイズで表示します
新しい車庫を見に行くと、良い位置に電気機関車が停まっていました。

これを撮ってから、本命の『団臨 トワイライトエクスプレス号』の撮影の為、北陸本線に移動しました。
1

2015/10/22  20:32

9/30 二塚貨物最終日 その5  第三セクター(旧北陸本線)

いよいよ、このブログでも二塚貨物の最終回です。

二塚で転線を見届けた後、向かった先は呉羽隧道上。二塚でご一緒した某氏は既にセッティングを済ませておられました。
クリックすると元のサイズで表示します
DE15のヘッドなし単機。これが来ることは某氏より教えてもらっていましたが、イマイチな構図に終わってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の架線下DL牽引の貨物列車。
ベストな構図と思いましたが、広角気味に撮っても良かったかな。以前もほぼ同じ構図で撮っていたんですよね。そのことを撮り終えてから思い出しました。

これで二塚貨物は終わってしまいました。廃止のうわさを聞いてからもなかなか力が入らず、間際になってから高頻度で通うという、良くない行動パターンになってしまいました。そして、通えば通うほど、あれもこれも撮りたいとか、微調整の為撮り直しいたいとか(こっちの方が大きいかな)、欲求が湧いてきました。やっぱり、今あるものを普段からこまめに撮っておかないとだめですね。と言いながら、今現在行動してないなあ。

これで終わりでしたが、少し寄り道して…、
クリックすると元のサイズで表示します
EF81が来ることを期待しましたが、この日はEF510でした。
クリックすると元のサイズで表示します
だんだん曇って来てやる気も失せてしまいましたが、最後なので上り臨貨も撮りました。でも消化試合なようなテンションです。天気が良かったら4060列車も狙うところですが、これにて撤収しました。
1

2015/10/22  17:17

9/30 二塚貨物最終日 その4  他線区

随分間が空いてしまいましたが、別に勿体なぶっている訳ではありません。これを書く時間が無いだけです。

二塚駅に戻ってくると、いつもの風景が広がっていました。
ただいつもと違うことは、大勢の鉄道ファンと社員さんがいること。
クリックすると元のサイズで表示します
皆さん入れ代わり立ち代わり、側線に停車中の貨物列車を撮っていきます。自分も同じように踏切から撮りました。
何度も同じように撮っているので「もう撮らなくていいかな」とも思いましたが、やっぱり撮ってしまいました。そういえば、DE10の転線前には、可動式の車止めがレール上に上がっているのですが、それを撮ろうと思いながら撮り損ねたのが悔やまれます。
クリックすると元のサイズで表示します
いつものことですが光線状態が悪く、せっかく間近なのに良いように撮れません。
クリックすると元のサイズで表示します
下り気動車と絡めて…、って殆ど絡んでいない?
クリックすると元のサイズで表示します
上り気動車と絡めて…、このラッピングはイケていない(デザインした人、ゴメンナサイ)。
クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ転線が始まりました。
クリックすると元のサイズで表示します
今回は動体予測AFでガシャガシャ連写しました。背景の電柱の入り具合が難しいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
推進で上り線に押し込んでいきます。ピントが甘かったので、出発シーンを使って撮り直しも考えました。でも、以前も撮ったことがある気がするので、電化区間を目指して移動しました。
0

2015/10/17  18:47

9/30 二塚貨物最終日 その3  他線区

更なるサプライズとは・・・、

本来なら工場に戻ったところで運行終了となるはずのDB251が、ファンのために工場前に展示されているということ。
クリックすると元のサイズで表示します
しかもボンネットの扉を開け、中が見えるようにしてありました。車体はカバーみたいなもので、内部は意外と隙間があるんですね。
深夜の駐車場でも、改造した車のボンネットを開けて語り合っている人達がいますね。そんなことを思い出しました。このDB251の場合、何を語りましょうか?「足は遅いけど沢山牽けるんだぜぇ」とか!?
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
線路の反対側の駐車場や踏切から、色々撮ることが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
グッと近づいて各パーツを撮ることも。でも、どう撮るべきか迷います。模型でこのスイッチャーを作っていたら、迷いもなく撮りまくりなのでしょうが…。

30分ほどして工場に戻る時間が来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
本当にこれが最後です。
背後の建物の屋根とDB251の屋根が重なり、少しうっとうしく感じます。

DB251は工場の奥へ入ってしまい、二塚駅での転線作業の時間が近付いてきたため、駅の方へ戻りました。
1

2015/10/15  10:29

9/30 二塚貨物最終日 その2  他線区

中越パルプ専用線での撮影の後、二塚駅に向かいました。駅前で工事をしていた作業員から「あんたら、よう頑張るな。この前も雨の中、東京や新潟から撮りに来てたよ。」と声を掛けられました。非鉄の方から見ると、撮り鉄が群がる様子は奇異に映るのでしょうね。

さて、ここでの狙いは単機で来るDE10と無線機の受け渡し。普段通りホームから前出しの停目で停まると、単機なので機関車の後面も入り結構いいかも?と期待し、下りホームの先端付近に陣取っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
その前に…、残り少なくなった高岡色の気動車が来ました。

ホームが低いですね。関西に住んでいた頃は、ホームに立つと車内の床面と面一だったので、地方に来てホームから台車や床下機器が見えることに驚きを覚えたことを思い出しました。

次に来るDE10はいつもの頭出しで停車すると思って構えていると、某氏に今日に限り本屋前で停車し、サプライズもあることを教えて頂きました。思い描いた光景とは違いますが、とてもレアなことが起こりそうで期待が膨らみます。ただ、上屋の柱が邪魔で、立ち位置が限られました。
クリックすると元のサイズで表示します
操車係が本屋前に立ち、定時にDE10単機が来ました。前照灯が輝いているのが見えてからシャッターポイントに到達するまで、長いような短いような…でもあっという間だったかな。
操車係が旗を振って誘導しており!!、旗の動きと車体(前照灯やナンバープレート)へのかかり具合、ピントの具合が微妙で、かなりの枚数を連写しましたが、満足のいくカットは僅かでした。
クリックすると元のサイズで表示します
かなりトリミングしていますが、機関車にピントを合わせたものも撮れました。動体予測AFって便利ですね。被写体が遅いからか、今回は大体追従してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
念願の無線機受け渡し。もっと近付きたいところですが、隣に動画撮りがおられてむやみに動けません。

以前から思うことですが、自分は静止画しか撮らないので(動画は撮ってもお遊び)、動画撮りが近くにいるのは嫌ですね。静止画ならシャッターポイントを通過した時点で終了ですが、動画なら通過し終わるまで?極端な話、ジョイント音が聞こえなくなるまで?そこまでその空間を支配されたくないし、そんなに待っていられないこともあるかもしれません。だいたい、二重雲台に装着した自分のカメラのシャッター音が入るやん!てことも…。少なくとも動画撮りはどういう構成で狙うのか、周りの人に伝えるべきだと思います。

脱線しましたが…、普段なら無線機の受け渡しが終わると、そのまま前進し上り線に転線して高岡側の本線まで引き上げ、再び進行方向を変え側線の貨車に連結します。でも今日は、その場で進行方向を変え下り線を逆走し、高岡側の本線まで引き上げました。まあ、単機なので線路が空いており、余計なポイント変換も要らなくなりますね。
クリックすると元のサイズで表示します
大勢の同業者・社員に見守られて転線・連結作業が行われました。
昨日と同じ構図ですが、機関車が杭にかからないように注意しました。

この後しばらく暇な時間になるはずが…、更なるサプライズがあることを教えてもらい、そちらに移動しました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ