2016/2/5  23:16

1/26 稲荷町20系並びバルブ  富山地方鉄道

この数日前にKちゃん様より、このタイトルのような画像を見せてもらっていました(ネット上で)。
自分もその光景を写したいと思い(要するに真似し)、幸い積雪もあるし夕刻の稲荷町に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
前回来た時には、10025様の前に14760系が停まっていましたが、今日はいません!イメージ通りの写真が撮れました。
クリックすると元のサイズで表示します
返しも14722様。前照灯の影響を受けないので、前がち(後ろがち?)に構えました。
長時間露光で書き込みにも時間が掛かり、次のコマの露光中に14722様が微妙に動き出してしまいました。

あまりにも寒く、とは言っても氷点下2度位だと思いますが、返しや入庫まで待っていられず一旦退却を決めました。しかし、車中で落ち着いてくると「せっかくここまでいたんだから、あともう少し頑張ろう!!」と思えるようになり、再度ポイントに向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
14722様が入庫してきました。分岐器の度に停車し運転士が地上に降り、自らダルマを操作し進路に合わせて行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
172様の前照灯に留置車輌が浮かび上がります。
クリックすると元のサイズで表示します
!!10025様の隣に入線することを期待していましたが、10023様の前に来てしまいました。
3並びは幻となりましたが、これはこれでKちゃん様と差別化が出来て良いかな、と(負け惜しみです)。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ