2018/6/30  17:45

4/3 サクラシーズン突入!  富山地方鉄道

このブログは6月中にどうにか4月撮影分までたどり着きましたが、約3か月の遅延を引きずったままです。書くのををさぼっているつもりはないのですがねぇ…。タイムリーさは皆無だし、初夏に春の記事を書くことにはむしろ違和感を覚えますが、当時の事を思い出しながら画像を見るのもまた楽しいものです。

さて、今年もサクラシーズン到来!近場に撮りに行くことにしました。
現地に行くと同業者1名!以前もどこかでお見掛けしたような・・・。ま、地方なので会っていて当然なのですが、自分の記憶力が…^o^;
クリックすると元のサイズで表示します
去年からの課題、「下路式ガーダー橋真後ろ構図」とサクラを絡めて。
踏切開通と同時に線路のど真ん中に移動するので、厳密なフレーミングやピント合わせが出来ません。徐行で駅に向かう列車もあるのですが、大抵は鉄橋を渡り終えるころに踏切が上がります。どうしても後追いになりますが、サクラと絡めなくても撮り直ししたいテーマです。
クリックすると元のサイズで表示します
上り列車は真正面から撮るわけにはいきません。すぐに来るので、下路式ガーダー橋のデメリットをまともに食らった撮り方しかできませんでした。
1

2018/6/29  18:14

3/30 午後の氷見線とデ5022他  他線区

新高岡でバスを撮ってから、またここに登って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
この辺りは午後は日陰に入ってしまうのですが、一瞬だけ日が当たる区間があります!そこを狙いました!
あの、風景と全く調和しない建物さえなければ・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
一瞬で下山し、絶妙な光線状態で越中国分 海バック!!
この海の近さは400mmだからこそですね。駅名の看板が切れたのが悔やまれます。

クリックすると元のサイズで表示します
その後、色々と目撃情報がアップされ始めていたデ5022を撮りに行きました。
高岡臨貨まで時間がないので1枚だけ。今度はちゃんと撮りたいな。

時間もないので庄川鉄橋で撮ることにしました。
畑作業に来た人の車がいたのですが、しばらくすると出て行って一安心。
クリックすると元のサイズで表示します
臨貨の前に来る521系ですが、これが来る直前に別の車が来てしまいました。
立ち去る気配もないので、
クリックすると元のサイズで表示します
車が入らないように、1スパン奥で横がちに撮りました。
列車を撮ったのか鉄橋を撮ったのか…って感じですね。

慌ただしく移動した1日もこれで終わりです。
1

2018/6/28  13:51

3/30 青スバ200号ラストラン  

友人にはバスファンもおられるのですが、自分にはジャンル外です。
そうはいっても“ラストラン”とか聞くと反応してしまうのは、鉄分と共通する部分があるからなのでしょうか?
この日は200号の最終運行日。何度かそのような情報が流れてきては生き延びてきました。“落ちる落ちる詐欺”とか揶揄さてていましたが今回は本当に最後です。
200号はその綺麗な番号からか、な〜んとなく記憶に残る車両でした。その200号が高岡で走っているというので、和田川で貨物を撮ってから新高岡に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
新高岡に着くと、もうギリギリ!
構図をキチンと決める前に出発してしまいました。一応「JR新高岡駅」は入りましたが、レンズをもっと上を向けるべきでした。
クリックすると元のサイズで表示します
ロータリーを勢いよく周って行きました。
これで、あっけなくお見送り終了してしまいました。貨物を撮らなければ余裕をもって現地入り出来たはずだし、ちょっと後悔。
1

2018/6/28  10:58

3/30 速星で受信機授受  高山本線

氷見線での撮影を終え、次に向かったのは速星!
その前に・・・、
クリックすると元のサイズで表示します
和田川右岸でキハ40系3連!やはり3連が綺麗に収まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
400mmを導入したので駅の外からでも無線機の受け渡しが狙えるかと思いましたが…、停目やら色々とポールが立っており邪魔。しかも一瞬油断したら受け渡しが終わってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
入れ換えが始まります!
クリックすると元のサイズで表示します
側線に押し込んで行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
速星には桜があるのですが、見頃にはもう一歩と言ったところでした。再訪することなくシーズン終了T_T
クリックすると元のサイズで表示します
速星にはスイッチャーもいます。掘り下げればアツい存在なのでしょうが、自分にはそこまでの知識はありません。

早々に速星を切り上げ、高岡に戻ります。
その前に…、
クリックすると元のサイズで表示します
和田川で貨物列車。このポイントはいつも“ついで”ですね。
1

2018/6/27  23:02

3/30 再び朝の氷見線へ  他線区

約1週間前にもここを訪れたのですが、下り列車でのワイド構図を撮っていないことに気付き再訪しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ルートも分かっているので、あっけないほど簡単に“登頂”。でもこの1週間でイバラがかなり元気になってきていました。もう、今シーズンはこのルートは使えないなぁ。
前回の方が良い景色だったのですが、今回もソコソコの条件で撮影出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
上り列車のアップ構図。尾灯がポイント、と言ってもそれが良いのか?やっぱり前照灯が点いている方が良いですね。
クリックすると元のサイズで表示します
せっかく上ったのですが、撮るものも撮ったし直ぐに海岸線まで下りました。
ここはまだキハ58が現役だった頃に訪れてはいますが、ホント久し振りに来ました。暑い時期なら“バカンス気分”で撮れるのですが、この時はまだ寒さを感じる気候でした。大体の場所は決めていたのですが、砂浜も入れたい、波も入れたい、弧を描く波打ち際も入れたい、岩礁も入れたい…などなど欲張ってあっち行ったりこっち行ったり、立ったりしゃがんだり…、不審者だったかもしれません。ようやく立ち位置を決めた頃にラッピングされたキハ40を先頭にした上り列車が来ました。以前は4輌編成だったのが、何年も前から3輌編成に減車されているので綺麗に収まるようになりました。色々欲張った結果、車輌が小さくなってしまいましたが、この写真はいい仕事をしてくれました。でも印刷物で見ると画像が粗いなぁ。特に空。なんかザラザラですね。APS-C版ボディーで撮っているのですが、フルサイズマシンだともっときれいに撮れるのかな?
クリックすると元のサイズで表示します
砂浜で1枚撮って、慌ただしく移動します。
この辺りの氷見線は、海沿いを地形に沿って大きくカーブして進むのですが、素直に写真に撮ろうと思うと電線に邪魔されてしまいます。カーブ全景を入れるのは諦めて、4段フル活用で電線をクリアしました。背後の海が大きく写る反面、国道の路面も大きく写ってしまいます。
もう少し〇〇したい箇所は幾つかありますが、現実的にはこれで精一杯。満足な1枚です。

この天気なので氷見線で撮り続けたい思いはありますが、この日の私は元気でした。次の撮影地に向けてgo!!
1

2018/6/22  21:42


2018.3.17のダイヤ改正で、高岡貨物行の貨物列車は2往復から1往復に減便の上臨時列車になってしまいました。ネット上でもその姿やダイヤがアップされ始め、当方も撮影に出掛けることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
直前に来るIR521系4連。際どい角度で側面に日が当たりませんね。直前で同業者2名が踏切付近で構え始めました。やはり高岡臨貨は注目の列車ですね。
もう少し早く来ると413系も撮れるのですが、撮影ポイントは狭い跨線橋、大型トラックもバンバン走るし長居はしたくないのです。滞在時間が最小限になるように現地入りしました。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の高岡臨貨。
西日を浴びて長大編成を牽引するDE10はスッゴクカッコいい!!カーブで編成が巻いて、後半は日が当たっている側面が見えますが、枯草の斜面とえんじ色のコンテナが同化して映えません。撮る時は完ぺきと思った立ち位置ですが、カーブ外周でコンテナの輪郭がコンクリート柱と重なってしまいました。でもこのカットにはいい仕事をしてもらいました^o^
あまり行きたくないポイントですが、夏至の今の時季にも修正も兼て撮りたいと思っています。でもなぁ…とスパイラルに…^o^;
2

2018/6/19  0:59

3/28 ひょっこりニホンカモシカ  

新幹線の撮影に山中に入りましたが、前方の斜面から何やら獣の気配がしてきました。クマかも?と思うと同時に恐怖心も湧いてきます。姿が見えない数分?数十秒?ドキドキしましたね!
クリックすると元のサイズで表示します
姿を現したのはニホンカモシカでした。
クリックすると元のサイズで表示します
今流行りのひょっこりはん!?
向こうもじっとこちらを見つめてきます。新幹線を撮るためにセットしたカメラを三脚から外し、レンズ交換もしカモシカを撮りました。しかし、木陰になっているので暗く露出アンダーになってしまいます。感度を上げシャッター連動動体予測AFに変更し野生動物撮影モードに。
もうすぐ上りの新幹線が来るんやけどなぁ、新幹線を撮りに来たんやけどなぁ、なんて思いながらカモシカを狙います。
クリックすると元のサイズで表示します
興味深げにしょっちゅうこちらの様子を伺う様子は可愛いのですが、目玉をアップで見るとやっぱり獣なんですよね。基本的には襲っては来ませんが、いくら草食動物とはいえ何か気に食わないことがあり本気で向かって来たら絶対負けてしまいます。相手は四つ足だし。そういう怖さはあります(昔、漆山の線路脇ででかい雄のニホンカモシカと至近距離で遭遇し、威嚇されたときはホントに怖かった)。

クリックすると元のサイズで表示します
新幹線を1本撮った後もまだいました^o^
こちらを見ながら歩いていました。好奇心旺盛ですね。そう見えるだけ?

新幹線は待てばほぼ時間通りに来ますがニホンカモシカは気まぐれ。狙って撮れるものではないので、今回は撮れて良かったと思っています。ただ、あの足音しか聞こえない時間は心臓に悪いです。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ