2018/9/30  1:22

9/3 おわら臨2018 午後の部  高山本線

午後の部が始まりました!と言っても行程に何か区切りがあるわけではなく、単に正午を回っただけです。
越中八尾以北にいれば本数も多くたくさん撮ることが出来るのですが、地元なのでそんなにガツガツしなくても良いんです。
クリックすると元のサイズで表示します
という事で、南ヤツの踏切で。おっ!美祢線色!!
編成写真というだけなら右下の田んぼの奥の畦(小川の縁)の方が綺麗に収まるのですが、その奥の田んぼは休耕田になっていて雑草が生い茂っていて、何となく汚く感じました。踏切にかぶりつきの同業者もおられたし、大人しくしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
直ぐに逆方向から来るのでほぼ同じ場所から。何となく“高原”を感じる風景です。
クリックすると元のサイズで表示します
振り返って後追いで。
クリックすると元のサイズで表示します
更に望遠で。

ここまで撮って、いつもお世話になっているD様よりお誘いがあり合流することになしました。
その前に…、
クリックすると元のサイズで表示します
神三ダムにて。背後に高圧線が沢山渡っていて、目立つ奴もあります。楽に撮れそうなのですが、気にしだすと気になるアイテムが一杯あって、構図を考えるのに楽しめます。
でもここ、なかなかスリリングな場所ですね。

その後D様と合流しヒルクライム!!
D様のご友人も合流し、
クリックすると元のサイズで表示します
絶景
絶景過ぎてフレーミングに迷います。
クリックすると元のサイズで表示します
引いて富山平野!
列車はどこ?
クリックすると元のサイズで表示します
再び寄って!
クリックすると元のサイズで表示します
廃線跡の路盤もくっきり!
クリックすると元のサイズで表示します
返しは少し移動してサイドから俯瞰。
高圧線が横切っていますが、それを差し引いても絶景!気にしたら負けです。
クリックすると元のサイズで表示します
一気にダウンヒルしてみんなで神三ダムでキハ47。左上に目立つ高圧線が入ってしまっています。注意は払っていた筈なんですが…。
四季を通して定点撮影してみたくなる風景です。
クリックすると元のサイズで表示します
定番、八尾の大鉄橋。
水面を入れたい、稜線を隠す雲も中途半端に切りたくない、なんて考えていたら列車が小さくなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
キハ47もほぼ同じアングルで。
でも手前の樹木が気になり、少しだけ立ち位置を変えました。

この後北上したのですが、呼び出しが入りロクな挨拶も出来ないまま急遽離脱。
あっけなく“おわら臨2018”が終わってしまいました。でも、初訪問の場所もあり充実した一日でした。来年も行けたら撮りたい場所もありますし、今から来シーズンが楽しみです!!
0

2018/9/29  20:00

9/3 おわら臨2018 午前の部  高山本線

今シーズン、おわら臨の撮影に行けたのは9/3の1日だけでした。とにかく朝一から撮影しようと早朝から出掛けたのですが、色々と邪魔が入りかなり遅刻してしまいました。それに、天気も悪く笹津付近まで来ると小雨が降っている有様。ドンドンやる気が失せてきます。

本当はもっと奥地か俯瞰で撮るつもりだったのですが間に合いません。とりあえず笹津の鉄橋で撮ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
どうにか雨は止みましたが、普通に撮るには暗すぎたのでシルエット狙いで(後追い)。
クリックすると元のサイズで表示します
笹津で交換なので同じアングルで。せっかくの4連ですが、背後の樹木に埋もれてしまいました。読みが甘すぎますね。
クリックすると元のサイズで表示します
何年も前から気になっていたポイントに来ました。到着した時には見える範囲全て曇りだったのですが、待っている間に奥から天気が回復してきて庵谷の山が照らし出されました。晴れの範囲がここまで広がることを期待しましたが、そんなに甘くはありません。それに、晴れたら晴れたで逆光になってしまうかも…。
ほぼ屋根しか写っていませんが、先頭車が美祢線色だったのでラッキーでした。雨が上がったとはいえ足元の雑草には雨露が付いており、アプローチに取り掛かった瞬間から靴はジュクジュクに濡れてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
天気は回復傾向にあり、次のキハ47は本命の列車でしたので極々普通に編成写真で撮りました。正面には日が当たりませんが、この風景で撮れることを思ったらそんなことは小さなことです。ただここは田んぼの脇に建つ民家の隣。列車を待つ間、不審者に思われたのか家人が出て来られました。大人しくしていたんですがね…。家の隣に知らない人が佇んでいたら、そら不審に思われても仕方がないですね。
クリックすると元のサイズで表示します
アウトカーブ俯瞰でカッコよく!と思いましたが2連でした。これでは普段の姿と変わりませんが、4連だったとしても後は隠れてしまい長編成が活かしきれないかも知れませんね。でも、この上ない光線状態で撮れたので充実感Maxです。
クリックすると元のサイズで表示します
その列車を後追い。ちゃんと狙えばもう少しましに撮れそうに思えますが、現地に立つとこれが限界だったのかな?記憶が薄れています。

クリックすると元のサイズで表示します
風の城に上りました。普段の運動不足が堪えます。
4連がギリギリ水面に抜けました!
クリックすると元のサイズで表示します
急いで展望台に上り別アングルで。細かい構図とか考える余裕がありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
連写しながらズームを伸ばしますが、ピントが合いませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
風の城で撮った後、一気に鉄橋の袂まで下りましたが、三脚を立てる時間も無いほどギリギリでした。でも、朝のリベンジが出来ました。
ここで撮る場合、アンダートラス+上路式ガーダー+(普通の)トラス、と変化のある鉄橋を入れたくなります。レンズ的にもどうにか入ったのですが、迷ったのは空をどうするか。今回は山際を入れたのですが、それよりも入れずにレンズを下に向けてボヤけた水鏡の出来損ないに意識を向けた方が良かったのかなぁ、なんて思っています。
クリックすると元のサイズで表示します
ここ最近よく来ている井田川の水辺に来ました。激しいブッシュは相変わらずで、強引に突き進むしかありません。
クリックすると元のサイズで表示します
同じアングルでキハ47。これが撮りたかったのです。
クリックすると元のサイズで表示します
ロケハンを兼ね西富山付近でウロウロ。次の列車に対しては後追いになりますが、光線重視で。
4連が来ると思っていたら2連でした。その為構図が…。

これを撮って、午後の部に向けて移動します。
0

2018/9/28  22:29

8/24 キハ25×4 猪谷駅留置  高山本線

猪谷駅と打保駅に分かれて留置されていたキハ25ですが、猪谷駅に4輌まとめられているという情報を聞いて見に行きました。打保駅から自力回送してきたのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
ホントだー!4輌編成になっている!!
しかもエンジン音が聞こえてきます!メンテナンスの為アイドリングしているのか!?
地べたからだと予備レールが邪魔なので、脚立を持ち出し高さを稼ぎました。
クリックすると元のサイズで表示します
構内踏切から岐阜側の先頭車を見ると、キハ120がホームに停車中でした。エンジン音の主はこれか!!思い込みって怖いですね。
クリックすると元のサイズで表示します
ホームからも。
クリックすると元のサイズで表示します
猪谷駅の特徴である構内を横切る用水路ですが、キハ25の白い前面とどうしても重なってしまいました。下がれば信号機が邪魔だし、構内に脚立を持ち込むわけにもいかないし、諦めました。

クリックすると元のサイズで表示します
撮影が一段落すると、駅前に観光バスが3台入って来ました。運休区間の列車代行バスです。決して狭くない駅前ですが、このサイズの車が入って来ると迫力ありますね。
バスから下りて来たのは、ほんの数人の日本人と20人弱の外国人。地域の足としての役割は、もう失われているのですかね?
0

2018/9/27  12:01

8/21 置き換え  

クリックすると元のサイズで表示します
廃車回送中に寄り道。
クリックすると元のサイズで表示します
新製配置区への回送途中にも寄り道。

居住性は犠牲になりましたが、安全性、経済性、環境性能は大幅に向上しました。
0

2018/9/26  20:33

8/9 おわら臨習熟運転 2回目  高山本線

富山機関区付近で速星貨物を撮った後、高山本線に移動し“おわら臨習熟運転”を狙いに来ました。しかし天気はドン曇り。晴れたら光線状態が悪い場所を選びました。
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは千里駅入線。
この駅のホームも、途中に柵が設けられ先端まで行くことが出来なくなっていました。
「回送」幕を出していますが、たまには白幕も良いなぁ、なんて思ってしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
停車中を広角で。私がこのキハ47を撮っているのを見て、タブレットで撮っている女性の方もおられました(多分非鉄)。非鉄の方にはキハ47はどんな風に目に映ったんでしょうね?助士席側の凹みが良いぞ!!とか?自分のポイントはそこです。
クリックすると元のサイズで表示します
キハ47のスカートに付いていた何かの機械。前からこんなん付いていましたっけ?そもそも何の機械なんでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します
定期のキハ120と交換。
クリックすると元のサイズで表示します
振り返って後追いで撮りましたが、ピントが追従せずあんな遠くまで行ってしまいました。
こちらの前面には凹みは無いんですね。
クリックすると元のサイズで表示します
習熟訓練列車の返しもこの駅で撮るため、そのまま残りました。
その間にキハ120 2連が来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
キハ120にも同じ機械が付いていました。
クリックすると元のサイズで表示します
返しの訓練列車が来ました。が、前照灯が点いていません。国鉄色なので国鉄時代再現?
列車を写すだけならもう少しアップで狙う事も出来るのですが、構図を考えていると…、Y字分岐が分かるように、安全側線も入れたい、出発信号も中途半端にならないように、画面左端に樹木を添えようか…etc.etc、こうなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
停車中に跨線橋の階段を数段上りやや俯瞰。国鉄時代からの駅舎も入れて…、でも駅舎の面積が増えると列車が小さくなるというジレンマもあり、柱が1本見える所でシャッターを切りました。
クリックすると元のサイズで表示します
たまには前がちに撮りたいと思い、猪谷行きの訓練列車は西笹津の踏切で。
動体予測AFで連写しますが、珍しくピントの追従が甘い。何故だろう?
クリックすると元のサイズで表示します
ズームを引いて、本命アングル。
クリックすると元のサイズで表示します
振り返って後追い。
あー!ピントが追い付く前に列車が遠ざかってしまい、先頭部が樹木に隠れてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
幸い?曇っていたので返しは“常虹の谷”で。
3連が入り切らないのは分かっていました。でも良いんです。この深山感が堪りません。

これにて習熟運転の撮影を終了しました。
0

2018/9/26  16:04

8/9 稲荷町付近で速星貨物  第三セクター(旧北陸本線)

この日は曇り、でも訳あって撮影に出掛けました。
出発が遅くなってしまい、速星貨物を高山本線内で狙うのには間に合いそうにありません。そこで目的地を急遽変更し、稲荷町付近の踏切に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
富山機関区をバックにDE10牽引の貨物列車。晴れていたら光線状態はどうなんでしょう?通ることはあってもここで撮ったことは(多分)ありません。殺風景だからでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
次の瞬間、413系が下って来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
目の前で丁度顔が並びましたが、DE10が単機みたいになってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
直ぐ後に下り貨物列車が来るのですが、移動時間が無く撮りようがありませんでした。

これを撮ってから高山本線に移動しました。
0

2018/9/25  14:06

8/2 帰区困難なキハ25  高山本線

7月7日の豪雨で道床流出などの被害が出たJR東海の高山本線。猪谷側に2編成のキハ25が取り残されてしまいました。平成16年にも水害の為高山本線が甚大な被害を受け、打保駅にキハ48が取り残されていたことを思い出させます。あの時はこのまま廃線になるのでは?とも思いました。
今回取り残されたのは、猪谷駅のP5編成と打保駅のP107編成。習熟運転撮影後、これを見に行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
側線に留置されていました。猪谷でのキハ25自体は日常的に見られるものですが、側線には入らないのでそれなりにレアな光景です。
クリックすると元のサイズで表示します
曇ったので逆サイドからも。
クリックすると元のサイズで表示します
打保駅に移動しました。中継信号機が点いていますね。
こちらに留置されているのはロングシート車。これには乗りたくないなあ。0番台と1000番台との違いはシート配置位と思っていましたが、車体のビートの有無もあるんですね。
クリックすると元のサイズで表示します
逆側から。気温が高く、元画像を見るとメラメラでした。
クリックすると元のサイズで表示します
枯れかけてはいましたが、線路脇に花が咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
運休区間なだけあって、本線上に留置されている軌道ユンボ(何ていう名前なんでしょうか?)。
クリックすると元のサイズで表示します
何かの目印なのか、レールの上にライトが置かれていました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ