2018/11/30  22:38

11/9 ラッセル試運転の前に高山線  高山本線

 この日もラッセル車の試運転があるという事で、沿線に出掛ける予定にしていました。天気の方は昨日と一変し今にも降ってきそう…。でもせっかくの鉄日なので、早朝から出掛けました。
クリックすると元のサイズで表示します
 目的はキハ120の3連を撮る事。久し振りにここに来ましたが、下からも横からも枝が伸びて視界が開けません。それに、分かってはいましたが暗い!ISO1000での撮影になりました。EOS7DではISO400以上は使いたくないんですよね。でもここまで来てしまったので仕方がありません。1枚づつ感度を変えられるデジの恩恵を受けることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
 次の下りは単行でした。背後の山は結構色付いていたのですが、この天気なのでパッとしません。かと言って晴れればこの時間は日陰になるので素直には撮れなさそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
 道の駅付近にて。晴れていれば左側の森が綺麗だったかも…。ここは、並行する国道が気になり、神岡貨物時代も含め撮ったことが無かったポイントです。
クリックすると元のサイズで表示します
 縦アンでもう一枚。もっと撮りたいところでしたが、そろそろタイムリミットになりましたのであいの風とやま鉄道沿線に転線しました。
0

2018/11/28  23:10

11/8 余韻に浸りながら上市デルタで10025様  富山地方鉄道

雪試を撮り終えた後、まだ天気が良かったので地鉄に転戦しました。
クリックすると元のサイズで表示します
新宮川〜中加積にて。
この区間は古レール製の架線柱が残っていて、そちらも意識して写し込みました。地鉄には木製架線柱が現役で残っているのでこの古レール製は若干注目度が下がるのですが、これも確実に数を減らしていっています。
クリックすると元のサイズで表示します
縦アンでも。あ〜あ、レンズが少し下を向いてしまい、古レール製架線柱の上が切れてしまいました。

のんびりと夕刻の地鉄を楽しんでいると、白3連と14722様が上市運用に入っているとの情報が!!!!こんな所でのんびり撮っている場合ではありませんでした。急いで上市デルタに向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
後追いですが、14722様。最後尾(後追いなので先頭部)が架線柱と重なり輪郭が隠れてしまいました。こういうの、気持ち悪いんですよね。ま、古レール製架線柱なので良いか。
クリックすると元のサイズで表示します
直ぐに白3連が来ました!前面窓が素晴らしく輝いているのですが、また最後尾が…。
クリックすると元のサイズで表示します
AIサーボで連写しましたが、ピントはそこそこ追従してきます。最後尾が架線柱から抜けた時には、前面窓の輝きは一部が欠けてしまいました。こういう時はどちらが良いのでしょうね?いつも迷います。
クリックすると元のサイズで表示します
ズームを引いてもう一枚。

この白3連を撮る時、画面右側にある団地からカメラを持った方が現れインカーブ側で撮っておられました。この団地に鉄が住んでいるのか!!と思いましたが、撮影後にお話しするとそれは間違いでした。
クリックすると元のサイズで表示します
14722様の返しまで時間があるので、上市まで見に行きました。
初めこそは「停まってる!」とテンション上がりましたが、動きのない電車を見てても直ぐに飽きてしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
辺りはすっかり暗くなり走行写真は無理です。電鉄富山行の14722様を撮るために寺田駅に来ました。先ずは元東急が来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の14722様。下り列車と交換でしたがほぼ同時侵入で、前照灯は消されていました。早くシャッターを切りたいところですが、ちゃんと停まってからじゃないとブレてしまいます。停まったことを確認してレリーズ。
クリックすると元のサイズで表示します
14761が停車して間無しに14722様の前照灯が点灯!しかしハイビーム!!これなら点いていない方が良いですね。

これにて終了し、友人に依頼していたブツの受け取りの為に、某所に急行しました^o^
0

2018/11/28  1:13

11/8 ラッセル試運転2日目  第三セクター(旧北陸本線)

いよいよラッセル試運転の時間が近付いてきたので、いつもの柳寺跨線橋に向かいました。去年の試雪もここで撮ったのですが、その時は描写性にムラのある300mmで撮影していました。しかもドン曇りだったので、今回は400mmで撮り直しを企んでいました。
現地に着くとすでに数名の同業者がおられ、よく沿線でお会いする方もチラホラ。皆さんは引き寄せた所を狙うようで、自分だけ離れた位置で構えます。
クリックすると元のサイズで表示します
来ました!!このくらいの距離が緊張が高まる一瞬です。
クリックすると元のサイズで表示します
400mmでのメインカット。
クリックすると元のサイズで表示します
ズームを引いてもう一枚。素直に撮ればこのスパンですね。本当は一番右の架線柱は入れず、左側の上り線の外周を入れるつもりだったのですが、車輌に集中し過ぎて日の丸構図になってしまいました。

通過後すぐに移動しますが、気のせいか信号によく引っ掛かる!ま、時間的には余裕はあるので焦る必要はありません。2発目の候補地の早月川左岸に近付くと、既に大勢の同業者がカメラを構えています。堤防道路?に駐車スペースは無く、旧8上に路駐している人もいました。路駐はしたくなかったので左岸ポイントは通過!リカバリーポイントに向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
真横から観覧車バック。若干の心配はあったのですが、どうにか電柱と架線柱の間に収まりました!想定内ですが、よく見たら(見なくても?)車輪の下辺が道床で隠れているのとケーブル類が煩いのが気になりますね。なので、細かいところは見ません^o^;
クリックすると元のサイズで表示します
機関車の動きに合わせてカメラを振り、連写しまくります。デジカメだと楽ですね。そんな中で1スパンに収まりました。ん?この辺りで作業停車があると思っていたのですが…、そのまま通り過ぎてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
更に連写して“海バック!”と思っていると、巡視艇のような船舶が写り込み、いいアクセントになってくれました!!
クリックすると元のサイズで表示します
更に追いかけ、魚津のバイパス俯瞰に行くと先客が1名。いつもお世話になっているだいちゃん。氏でした。先ずは踏切の向こうで。編成モノだと架線柱がかかるのは諦めがつくのですが、単機だと出来たら抜きたい。でもこのDE15はラッセルヘッドを含めると約30m。抜ける撮り方は限られてしまいます(熟慮してないだけ、とも言いますが)。
クリックすると元のサイズで表示します
ズームを引いて直線区間で。抜けました^o^;

これで下りは終了。一旦線路脇から離脱しました。
クリックすると元のサイズで表示します
返しはインカーブの接近戦一発狙いでした。
ハイアンで構えていると、後から同業者3名が足元に来られこちらのアングルに入るか確認されたのですが、その前にそこ敷地内で線路に近付き過ぎ!今時犬走りでの撮影はダメでしょう!!ってことで離れてもらいました。ま、素直に聞いてくれる人で良かった^o^

これにて2日目終了です。
1

2018/11/24  23:10

11/8 紅葉にはもう一息の早月川左岸  第三セクター(旧北陸本線)

この日はラッセル車の試運転がありましたが、その時間には暫くあります。せっかくいい天気でしたので、下見も兼て沿線に出掛けました。
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは早月川左岸。地鉄も並走しているので両方撮れます。
普通に鉄橋だけを撮る事も出来ますが、広葉樹が色付き始めていたので、それを写し込むことにしました。が、一番手前の木がまだ緑。
クリックすると元のサイズで表示します
どこか良い立ち位置がないかウロウロします。
森と観覧車と地鉄。
クリックすると元のサイズで表示します
レッドアローバージョン。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の413系。白編成でした!
クリックすると元のサイズで表示します
下り413系は少し立ち位置を変えて、色付いた森が目立つようにしました。しかし、森の部分が取って付けたような印象を受けます。また、地鉄との間の木が伸びているというトラップもあったりします。
クリックすると元のサイズで表示します
2連なので少し大きくフレーミング。もしここでラッセル車を撮るならこんな感じかな、なんて考えていました。
クリックすると元のサイズで表示します
右岸に渡りちょっとロケハン。キャパの小さい左岸ポイントが満員だった時の為に、リカバリーポイントを探していました。
車で旧8を走っていると水族館裏の築堤が見えるのですが、今迄撮ったことはありませんでした。地鉄は…、手前の道路に車が来なければ何とかなる!!
クリックすると元のサイズで表示します
あいの風とやま鉄道の方は…、地鉄の架線が車体に掛かってしまいますが、その点はおわら臨を撮った時の経験から気にしなくなりました。犬走りに監視員が立っているので、あの辺りが作業停車の場所なのか?立ち位置よりも線路の方が高さがありますが、下り線を走るラッセル車を撮ってもそれ程気にならなそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
もう一つのリカバリーポイント、早月川右岸。
ここは車を置ける場所が若干遠いので、ちょっと問題ありです。ロケハンと言いながら4連構図で撮っていますが、ラッセル車だとどうなんでしょう?地鉄の架線柱もあり、綺麗に抜ける所が無さそうです。

もうすぐ413系の回送が来るのですが、黒編成なので撮らずにロケハン終了しました。
0

2018/11/21  23:16

11/7 ラッセル試運転  第三セクター(旧北陸本線)

用事が順調に終わり、ラッセル試運転の時間までに沿線に駆けつけることが出来ました。しかし疲労困憊。、無理は出来ないので軟弱ポイントを回ることにしました。ま、今日は撮影を諦めていたので「撮れるだけで儲けもの」程度の軽い気持ちでの撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します
光線状態は無視して、地鉄西魚津駅から。
この辺で停まるかな?と思っていたのですが、実際はもっと奥の方でした。
クリックすると元のサイズで表示します
ラッセルヘッドのアップ。
クリックすると元のサイズで表示します
そして後追い。
クリックすると元のサイズで表示します
魚津停車中に先回りして、魚津駅出発シーン。3番線出発かと思っていたら2番線でした。慌ててアングルを変えたので詰めが甘くなりました。
それにしても、この広い構内はどうなるんでしょうねぇ?

クリックすると元のサイズで表示します
返しは柳寺跨線橋下段から真正面で。
400mmでも遠いなあ。
クリックすると元のサイズで表示します
引き寄せてカーブに乗った所で。一応メインカットです。ウイングが閉じているのは想定内です。

これで1日目終了!
あまり動いていませんが、疲れたぁ。
0

2018/11/19  0:58

11/2 庵谷峠 下見  高山本線

11月の記事になりました!!
予定が空いたのですが何の考えも浮かばず、久し振りに高山線に来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
晴天の常虹の滝対岸俯瞰。山の上の方は紅葉が進んで来ていますが、平地の方はこれからといったところです。
実はこの時、画面のすぐ右側にクレーンのアームが伸びていて、作業中だったので画面に入って来ないかヒヤヒヤしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
返しはちょっとアップで。
クリックすると元のサイズで表示します
列車に合わせてカメラを動かしながら連写します。
何でもない列車ですが、結構楽しい!
クリックすると元のサイズで表示します
更に進んでアーチ橋で。広葉樹が多めなので紅葉の時期は綺麗かも!

この後庵谷峠を上りましたが取れそうな場所は見つけることが出来ませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
仕方がないのでだいぶ下がると、木の隙間から線路が見える所がありました。
列車が来てから線路脇の標識に気付き、それに気を取られていたらシャッターを切り遅れてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
リベンジしたいところですが、この付近の列車密度はかなり低く、後追いにはなりますが笹津交換の上り列車で我慢です。
クリックすると元のサイズで表示します
カメラを三脚から外し別アングルでもう一枚。
思ったほど並行する国道は気になりませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
更にもう一枚。
400mmで撮ったらどんな感じになるかな?試してみたいです。

これにてロケハン終了です。この結果を使う日は来るのか???
0

2018/11/18  0:11

10/25,26 砂防軌道撮影の合間に地鉄 他  富山地方鉄道

10月中旬以降は千寿ケ原で立山砂防軌道を撮ることにハマっていました。しかし、列車の時間が分らずひたすら待つしかありません。でも、すぐ隣では地鉄立山線やケーブルカーが定時運行されていて、そちらも気になります。待つことに疲れた時にちょっと浮気してしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
10/25の立山駅留置線。14760系は奥の方まで行っています。立山駅2番線からスイッチバックする形で留置線が3線あります。ピーク時には3線とも使う時もあったようですが、私は見に行ったことがありません。この時は2本使用ですが、それでも十分見ごたえがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
10/26の真川鉄橋。対岸の紅葉が綺麗に色付いてきました。いつ来るか分からない列車を待つよりも、定時で来る列車を撮る方が出来高が高いかも?とこの時は本気で考えていました。
クリックすると元のサイズで表示します
橋の上からはケーブルカーも見えます。ここのケーブルカーは貨車も連結した2両編成。貨車にはどんな物を積むんでしょうね?今だったら登山者のザック位ですかね?黒部ダム建設中は建設機材も輸送していたのでしょうか?でもあんな階段ホームで荷役が大変そう!
クリックすると元のサイズで表示します
編成写真を撮ろうと思うと、場所が場所なので編成が抜ける所はありません。
クリックすると元のサイズで表示します
10/26の留置線。この日は2編成が綺麗に並んでいたので、日の当たるこちら側から撮ることが出来ました。経歴が全く違う両車ですが、同じ塗装を纏っているため“貫通型”と“非貫通型”のバリエーションとして見れなくもない!?

千寿ケ原からの帰りに千垣に寄り道しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ホームの川側のススキの原を進む元気もなく(去年は頑張って行って悲惨な目に合いました)、県道から。木や枝、電線が邪魔して思うように視界が開けません。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと修正して枝をかわしました。
この立ち位置はお手軽なのですがアングルの自由度がなく、せっかくのアーチ橋も活かされていません。やっぱりススキの原を進んだ方が良いみたいですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ