2019/2/26  21:34

2/8 速星貨物雪景色(報国製鉄踏切)  高山本線

今シーズンは本当に雪が少ないですね。趣味的には(ここ大事)全く面白味がありません。とは言うものの。僅かばかりの降雪はあり、自分のスケジュールと合うとジッとはしていられません。
という事で、降雪のあったこの日は速星貨物を撮りに出かけました。積雪があって降雪が無ければ西富山駅で400mmにエクステンダーを噛まして撮りたかったのですが、現地に着いても降雪がありました。という事は接近戦の方がクリアに撮れると思いあの踏切へ。
クリックすると元のサイズで表示します
現着すると同時に踏切が鳴り出し、露出を合わせる間もなく単行が通過していきました。PCで盛大に補正しました。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の貨物。今回は高さもOK!コンテナ上の雪が巻き上がり良い感じです。
巻いた方が好きと言いながら、今回も真正面を狙ってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
通過中のコキ。薄〜く雪煙が舞い上がり寒い!タンクコンテナに描かれた☆マークも無くなってしまうんですかね?
クリックすると元のサイズで表示します
せっかくの雪景色なので旧8下のカーブで。道路の桁が写らないようにフレーミングしました。初めはここで貨物を撮れないかな?なんて思っていましたが、やっぱり難しいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
普通列車を後追いで。雪煙は舞い上がっていますが、薄いので車輌が隠れて見えなくなることはありません。この位が良いのかな?

一旦入庫後、速星貨物の返しを撮りに再び旧8跨線橋へ。
クリックすると元のサイズで表示します
もう行ったと思っていた特急「ワイドビューひだ号」が来ました。当然貨物狙いの構図。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の貨物列車。最後尾をポールに掛けないように立ち位置を修正したつもりが…抜けない!!抜けた時にはカツカツ!!初めは今日は編成が長いのか?なんて思いましたが、立ち位置が悪かったのかも知れません。再々訪決定です。
2

2019/2/25  19:30

2/7 早月川左岸で4076レ  第三セクター(旧北陸本線)

用事を終えると、まだ4076レに間に合う時間でしたので急いで沿線に向かいました。その途中、どこで撮ろうか考えていましたが、空は青く海も青い!となると海が入るポイントという事で、
クリックすると元のサイズで表示します
早月川左岸。先日のキハ120 317以来、また頻繁に来るようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
地鉄が来ると本命の貨物はもうすぐです!と言っても先程の521系から1分程しか経っていません。
それにしても川の水が少ないですね。観覧車や川の水を入れて列車を大きく撮ろうと思うと、カツカツになってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の4076列車。赤い0番台だったので背景の松林に映えますね。
それにしても、新塗装のコンテナが増えたこと!模型で再現する場合の時代考証がややこしくなりますね。

個人的にはEF200の新製当時の塗装なんか好きなんですが、それがこの新塗装のコンテナを積んだコキを牽引していたらおかしなわけで…。模型だから好きにすればいいとの考え方もありますが(自分は大抵そっち派)、傍から見ておかしくないようにはしたい、少なくとも、おかしなところは自分で分かっている状態にはしておきたいというのはあります。例えばC62 2が「ななつ星」を牽引するとか、あり得ないけどカッコいいだろうな、みたいな感じで。でもその“あり得なさ”の基準が人によっても違うし、自分の中でも曖昧なんですよね。まぁ、その曖昧さを埋めていくことが面白いところでもあります。

さっ、キハ58の4連にキハ65を2輌増結しよっか^o^
1

2019/2/24  19:42

2/4 古民家と3097レ  第三セクター(旧北陸本線)

この日の天気は曇りなのでどこからでも撮れます。曇りながらも稜線は見えるので、海側から山バックで撮ろうと思い出掛けました。が、現地入りすると山はクモニ隠れてしまいました。ということで、急遽狙いを変えて…、
クリックすると元のサイズで表示します
月曜日の3097レは基本的には単機なのでサイド気味に。1スパンで抜けると思ったのですが、空コキが1輌付いていました。
古民家を大きく入れて、石積みの低い畦もいい感じです!快晴の夕方や田んぼに水が入った時期に再訪しようと考えています。
2

2019/2/20  19:19

2/4 中滑川駅で16レ  富山地方鉄道

線路沿いの道を通りかかると14722さまが停まっているのが見えました。いつもは10030系なのでこれは珍しい!!という事でちょっと寄り道。
クリックすると元のサイズで表示します
軌道内侵入のように見えますが、踏切からの撮影です。
始発駅なので多少は停車時間があるのですが、既に運転手も乗り前照灯も点灯しいつ出発してもおかしくない状態でした。細かな現時刻を確認する時間も勿体無く思い、とにかくカメラを取り出し撮影。しかし物凄く暗い…。手持ち撮影は到底無理!かと言って、いくら踏切内とはいえ、発車間際の列車の前に三脚を立てるのも非常識です。ということで、IS付きの100-400mmを装着しISO-1000で手持ち撮影になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
ホーム側からも一枚。ホントにホームにいるよう!?
前照灯に照らし出されるレールを意識しました。意外と近い所に光が当たるのですね。
この直後踏切が鳴り出し撮影終了。

撮影中、なんか雰囲気が違うなぁと思っていたのですが、行先方向幕が無くラミネート板が運転室内に掲示されていました。〇看板だったら更に熱くなったでしょうね!!
0

2019/2/19  21:37

2/3 雨の旧8俯瞰  高山本線

この日も富山市内で私用があり、3時間ほどの間合いがあるのでどこかで時間を潰さなければなりません。天気も悪く全く気分が盛り上がりません。しかしこの3時間というのが中途半端で、下手したら移動だけで終わってしまうので、近場に留まる必要があります。
そこで向かったのが、呉羽丘陵多目的広場。
クリックすると元のサイズで表示します
前回は菱形の標識を車輌にかけてしまったので、その撮り直し。
撮りたいイメージと撮れたものが違う感じがします…。これではここのカーブが活かしきれていません。そういう意味では前回の方が良いかな。
新幹線接続の為10分ほど遅れてきました。しかも冷たい雨が降って来るし、やる気がドンドン失せてきます。でも時間は潰さなければ…、その一心だけでしたね。
クリックすると元のサイズで表示します
旧8の歩道から、西富山駅の構内が見えるように。Y字分岐がバランスよく入るように真正面から撮りたかったのですが、木が邪魔してダメだったような…(記憶が曖昧)。
クリックすると元のサイズで表示します
前回は場内信号をカットしたので今回は入れてみました。が、その根元を切ってしまうというチョンボをしてしまい残念な結果に。もう、環境面及び精神面共に悪条件なので集中力が切れてしまったようで、まだ時間はありましたがこれにて撤収しました。
1

2019/2/17  22:03

2/3 ローアングルで4076レ  第三セクター(旧北陸本線)

柳寺跨線橋付近に来ると俯瞰気味に撮ることが多いのですが、この日は気分を変えて下から接近戦で撮ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
晴れていたのに薄日に…。背後の山も目立たなくなってしまいました。
現地では全く気にならなかったのですが、下り線のビームが機関車の折り畳まれたパンタに重なり鬱陶しいですね。これ以上前がちに構えることは出来ないし、もう少し奥でシャッターを切るとなると雑草がかかりそうだし…、架線柱の間隔が詰まって壁のようになるのも嫌だし…etc.、撮り直ししたいのですが改善方法が直ぐには浮かんできません。
0

2019/2/13  15:27

1/30 キハ120 317の合間に  富山地方鉄道

キハ120 317は地鉄本線との並走区間で撮影したので、その前後に地鉄も撮りました。
クリックすると元のサイズで表示します
14722さまが来ました!
クリックすると元のサイズで表示します
キハ120の撮影後、ダブルデッカーエキスプレスを撮りに鉄橋に近付きました。今回は、某SNSで拝見した作品の場所での劣化コピー。

私用があったの一旦入庫。自由の身になった時には激山激光線でしたので、沿線に繰り出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
現地入りした時には影が伸びて来ていて、少し構図に制約がありました。もう少し早く出掛けていれば…、と思いましたが今回は用事があったのでムリ、そんな時間に予定を入れなければよかった…。それもそうだし、10026さまが上市運用に入っているという情報を頂きましたが、同じく用事のために間に合いません!こんな好条件なのに何しているんだろう?
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ