2019/3/31  0:29

3/9 UN5 14722様  富山地方鉄道

翌日、14722様が特急運用に入るというので撮りに行くことにしました。しかも名月看板装着列車の「うなづき5号」!!天気がイマイチなのですが、看板と特急幕が分かるように前がちに狙うことにしました。その条件なら新宮川が良い感じなのですが、時間があまりなかったので中加積付近で。
クリックすると元のサイズで表示します
余計なものをなるべく入れたくなかったので400mmでAIサーボで撮りました。心配していたピントの追従もまずまず。後方の場内信号も入り良い感じに。
名月看板は、このダイコン塗装によく似あいますね。今年は雪が少ないので、背後の山の積雪も中途半端。平地に積雪が無くても良いのですが、山はもう少し白い方が良いなぁ。来シーズンに期待するしかないですね。
クリックすると元のサイズで表示します
暫くすると中滑川で交換するダブルデッカーエキスプレスが来ます。架線柱側&後追いにはなりますが、山バックで。場内信号機を入れるようフレーミングしましたが、入れなくても良かったのかなぁ。
疲労困憊なのでこの2本で終了しました。
0

2019/3/29  23:39

3/9 山バックで14722様(有金)  富山地方鉄道

この日は夕方から用事があり、出来るだけ動きたくない気分でいました。しかし、外は晴れ。しかも激山でした。それだけでもウズウズしてしまうのに、14722様が運用に就いているとのこと。これはもう撮りに行くしかありません!
クリックすると元のサイズで表示します
国道8号線の歩道から。後方のカーブと西加積駅を大きく入れようと思い、100-400を使いました。
これを撮ろうと構えていると、背後の車道からクラクションが聞こえ振り返りましたが、車が通り過ぎるだけで何も無いようでした。その後、通り掛かったKちゃん氏に目撃されていたことが判明しました。
クリックすると元のサイズで表示します
約2時間後、電鉄富山から戻って来ます。面潰れなのは承知の上ですが、激山だったのでここで撮りました。
撮り終えて、用事のことが気になるし今日はこれで終了と思っていました。

ですが、面潰れ。14722様の運用も分かってる…、激山!となれば用事を言い訳に引きこもっている訳には行きません。更に約2時間後…、
クリックすると元のサイズで表示します
同じ場所に来ていました。この時間になると正面にも日が回っています。が、後追い…。一長一短ですね。でも「順光側こそが正面」との名言もありますし、あまり気にしないようにします。
クリックすると元のサイズで表示します
せっかくなのでもう少し撮ります。
10030系ですが特急です。名月看板付きですが、この塗装だと目立ちませんよね。
クリックすると元のサイズで表示します
これも10030系ですが、こちらは文句なしの特急です。同じ形式でも塗装と組成が違うだけでこうも印象が違うんですよね。なんか現金。
クリックすると元のサイズで表示します
14760系が来ました!でもカボチャ。“でも”なんですよね。これも色が違うだけで当たりハズレを感じてしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
少し変化をつけようと立ち位置を変えました。手前の農道や線路際の雑草等、しっくりこないです。

これを撮って、用事に向かいました。
1

2019/3/28  20:10

3/9 早月川左岸で413系(黒)  第三セクター(旧北陸本線)

用事が終わると413系の回送に間に合いそうな時間でしたので、どこで撮るか考えながら沿線に寄り道しました。天気もそこそこ良いしいつもの早月川へ。
クリックすると元のサイズで表示します
この場所に立つと大抵観覧車を入れて撮りたくなります。1発目は敢えて観覧車を入れずに撮りましたが…、架線柱の処理が最悪ですね。まじめに考えて撮ればマシになるかもしてません。でもどうにもならないのが川の流れ。鉄橋で撮る時は橋脚と水面を入れたい性分なので、この枯れてる部分が多いと萎えてしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
という事で、水面が多く写るように少し移動しました。でもそこは車道。路側帯はそこそこ広いものの、車道を走る車は自分を避けるように膨らんで行きます。“そんなに大げさに避けなくても良いのに。車体感覚把握してるん?”なんて思いもありますが、まぁ、長居しない方が良いんでしょうね。
ステンレス車ですが、ギラッて輝きました!!
クリックすると元のサイズで表示します
本命の413系。黒編成でした。写真映えはよくありませんがこれも413系。バラエティー豊か、と前向きに捉えましょう。

1

2019/3/26  9:57

3/6 高岡臨貨バルブ  第三セクター(旧北陸本線)

高岡臨貨を撮るにはまだ暗いこの時季、2度目の高岡駅バルブを行いました。
クリックすると元のサイズで表示します
運転室の窓から機関士が身を乗り出し、操車掛が直立してカンテラを振って合図を送るというシーンを期待していたのですが、狙っていたシーンには出会えませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
縦アンでも。
クリックすると元のサイズで表示します
今回も能町駅に先回りしてもう一枚。
とてもゆっくりと入線してきました。停車後も機関車は停まっているのですが貨車がユラユラと前後に動き、この画像も元画像では少しコンテナが流れて見えます。素人なので的外れなのかもしれませんが、現地でその様子を見ていた時は「単弁だけで止めた?」なんて思っていました。まぁ、そんな必要もないでしょうしね。

期待のシーンと撮れなかったので3度目のバルブ撮影をしようと思っていたのですが、もう日が長くなり無理ですね。まあ、明るければまた違った風景になるので、それはそれで撮っておきたいとの思いがあります(まだ行っていませんが…)。
3

2019/3/24  1:48

3/5 東富山で4076レ  第三セクター(旧北陸本線)

速星貨物を撮った後、東富山に来ました。前回ここに来たのはJR時代末期だったかな?それ以降も来たことがあるかも知れませんが、記憶には残っていないです。
さてこの駅、何やら数年のうちに大きく変わる構想があるようです。そうなるとこの撮影ポイントも消滅するかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
521系4連。カーブに差し掛かったところがカッコいいですね。ん?玉切れ?
クリックすると元のサイズで表示します
本命の貨物列車。少し前から天気が不安定になっていましたが、直前にはどうにか日照がありました。しかし、シャッターポイント付近は曇り…。仕方なく望遠を目一杯伸ばして直線区間で撮りました。ここまで望遠だと置きピンで撮るのも難しいのでAI SERVOで撮影、ピントの追従もまずまずでした。
クリックすると元のサイズで表示します
で、本来撮りたかった構図は曇りの中…。
0

2019/3/23  16:30

3/5 本郷跨線橋ぶち抜きで速星貨物(DE10 3505)  高山本線

2/25の撮影でDE10 3505号機が運用されているのを知り、高山本線を再訪しました。
クリックすると元のサイズで表示します
現地に到着するとモヤモヤ!影が薄くなるので、貨物列車も日陰になるこちら側から撮ろうかな?なんて考えていました。
すると同業者が一名車で来られたのですが…、周囲はガラガラなのにこちらの車の進路を塞ぐ様にすぐ前に駐車するではありませんか!その後の挨拶も無し!!なんて非常識なオジサンなん!!貨物列車撮影後に少し話しましたが、こちらも大人げない態度をとってしまいちょっと反省。またどこかでお会いするかもしれないですしね。
クリックすると元のサイズで表示します
その後日差しが回復。貨物まではまだ時間があるので単行気動車も撮ります!もう少し右に進んだところがギラリポイントでした。
でもこの構図、背景が空しかないのでどこで撮ったか分からないですね。あと、もう少し詰めたいですね。16m級という事は分かっていても、ファインダー内のどこからどこまでが16mなのか、目測の精度に自信が持てないのと、万が一はみ出たら嫌なので余裕を持たせ過ぎてしまいました。
撮影後跨線橋を見ると、上にも数名の同業者がいるのが見えました。もしかしてアングル内に入った?
クリックすると元のサイズで表示します
本命の速星貨物。DE10 3505の特徴が分かり易いように、跨線橋ぶち抜き前がちアングルで狙いました。
もう少し回り込んだところの方が機関車がカッコよく見えるのですが、逆に貨車が機関車で隠れてしまい…、迷うところです。
1

2019/3/20  0:06

3/1 早月川左岸で試し撮り  第三セクター(旧北陸本線)

この日は曇りでしたが、少し時間があったので早月川鉄橋に寄り道しました。
ここは線間の樹木が伐採され、味わい深い石積みの橋脚とガーダー橋の上り線を手軽にすっきり撮れるようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します
鉄橋を対岸まで入れて。3輌編成だとちょっと寂しい気もします。
クリックすると元のサイズで表示します
1スパン奥で車輌を大きく撮ると、殆ど橋脚が入らなくなります。
どう撮るのが良いのか、自分の中でのベストアングルは決まっていません。天気が良い時に撮ればまた印象も変わるかも知れないですし…。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ