2019/9/27  4:25

8/10 柳寺跨線橋で3093レ  第三セクター(旧北陸本線)

この日は高山本線に撮りに行こうと思っていたのですが、せっかく早起きしたので柳寺跨線橋に寄り道しました。
クリックすると元のサイズで表示します
架線が車両にかからないように、立ち位置を下げて撮りました。
高さは良かったのですが、横の位置がマズく最後尾まで入りませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
回り込んだところでも。ここまで引いても編成は入り切りませんでした。

消化不良の部分はありますが、この1本だけ撮って高山本線に移動しました。
0

2019/9/26  23:25

8/6 笹津でおわら習熟運転 他  高山本線

1090レを西本郷跨線橋ぶち抜きで撮った後、おわら習熟運転を撮りに八尾方面に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
一歩間に合わず線路際から前がちで。真正面ポイントには同業者1名。通行量が少ない道路ですが、タイミング悪くパッカー車が通過していきました。
クリックすると元のサイズで表示します
後追いで、多少強引に跨線橋に描かれたおわらの絵と一緒に。
クリックすると元のサイズで表示します
返しは俯瞰で。ここから先程の越中八尾行きを撮りたかったなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
笹津駅に移動し猪谷行きのキハ47を待ちます。その間に「ひだ号」。
外は凄く暑かったのですがここは跨線橋。日陰で適度に風があり快適に撮影出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
エンジンが唸り排煙が吹き上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
本命の猪谷行き習熟運転。
クリックすると元のサイズで表示します
僅かな停車の後出発していきました。
クリックすると元のサイズで表示します
返しは近くの鉄橋で。ここに来るのは初めてです。
手前には畑があり頑張れば川の水面も見えます。ズームを伸ばせばそれらは入りませんが後ろのトラスが大きく写ります。それも魅力的なのですが…、結局は全部入れに。
クリックすると元のサイズで表示します
鉄橋を通過後真横を通ります。

笹津駅前でたこ焼きを購入後、いつもお世話になっているA様P様と合流しキハ120を撮りに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
撮り易そうでなかなか難しい…。
クリックすると元のサイズで表示します
その後井田川左岸に移動し1093レ。単笛と共に通過していきました。ただ、雑草が酷すぎ…^o^;
0

2019/9/25  21:44

8/6 井田川右岸の田んぼでキハ120 3連他  高山本線

有名撮影地でも少し場所を変えると雰囲気が随分と変わる…、鉄道写真を撮っていて時々実感することがあります。また、そんなアングルを見付けられた時は嬉しくなります。今回は自分で見付けたのではなく教えて頂いたのですが、自分は撮ったことの無いアングルだったので早速撮りに(真似しに)行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
よくある西本郷跨線橋ぶち抜きは、カーブの内側の側面が写る構図で1090レの時間では側面日陰になってしまいます。しかし、立ち位置をずらせばアウト側が撮れる!!
跨線橋直下でワイド気味に撮った事はありますが、ぶち抜きではありませんでした。ずっと以前にはこの立ち位置も下見していたはず…。でもレンズの長さが足りず諦めていました。でも400mmがあれば!
ん?3連?この列車、2連とばかり思っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
1090レまでは時間があるのでサイド気味に。なかなかいい日差し!
クリックすると元のサイズで表示します
トンネル部分でも。
クリックすると元のサイズで表示します
本命のキハ120 3連。トンネルを入れると視点を下げても背後の跨線橋が入ってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
キハ120を正面から。
クリックすると元のサイズで表示します
再びぶち抜きアウトカーブアングル。築堤は除草されたばかりなのですが、ちょろっと出ている1本が気になるなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
構図が微妙に安定しません。背後の電柱も気になり出したら気になります。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の1090レ。レンズが少し下を向いてしまった!コンテナも少なめ…T_Tちょっと気持ち悪い結果になってしまいました。
0

2019/9/24  20:40

8/5 西富山駅で1093レ  高山本線

3097レを撮影後、A様と合流し1093レを撮影することにしました。
その前に…、
クリックすると元のサイズで表示します
四方街道踏切で。
高山本線の列車は、高山本線を走る列車以外にあいの風とやま鉄道の下り線に渡る列車もあります。
クリックすると元のサイズで表示します
あいの風とやま鉄道の下り普通列車を後追い。線間のポールが無くなるところまで待った方が良かったですね。
クリックすると元のサイズで表示します
4060レが謎の遅延。で、来たのがキハ47!今日もおわら習熟運転があったのか…。ノーチェックでした。
クリックすると元のサイズで表示します
ズームを伸ばして更にトリミング^o^;
先頭に白ハットリ!!走ることを知っていたら撮りに行ったのに…。
クリックすると元のサイズで表示します
1093レをどこで撮るか考えながら、とりあえず西本郷跨線橋ぶち抜きでキハ120。
クリックすると元のサイズで表示します
西富山駅にて光線重視で後追い。普通に撮っても面白くないので地面すれすれに構えて。そうは言ってもこれが面白い撮り方かと言えば………。上り線ホームにある駅本屋も写し込みたいというのもありました。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の1093レ。光線状態が悪いですね。しかも、ホーム上には色々撮影の障害物があり撮りにくいですね。待合室もプレハブ…。せめて国鉄時代からの木造なら良かったんですけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
振り返って…、おっ!次位空コキ!!これは嬉しい誤算、機関車の顔が見えました!!
クリックすると元のサイズで表示します
最後尾。駅本屋が見えるように…。
除草したつもりでしたが、雑草が写り込んでいますね。広角・ローアングルは見える風景が違います。
0

2019/9/23  12:50

8/5 ムド付き3097レ  第三セクター(旧北陸本線)

この日の3097レはDE10のムド付きという情報を得たので撮りに行きました。
基本的に月曜日は単機なのですが、この日は積車コキ付きフル編成。こう言うのを“復活運転”と言うらしいのですが、意味が分かりません(決して喧嘩売ってるわけではなく、自分が無知なだけです^o^;)。
クリックすると元のサイズで表示します
向かった先は、通称“神社裏”近くの踏切。
以前ここでムド付きを撮った事があるのですが、その時は完全にピントを外してしまったので、その撮り直しとの思いがありました。
今回は…、ムドが活かせていない!!!!
ムド狙いなのにこの構図は完全に失敗でした。
クリックすると元のサイズで表示します
ムドは無視して“ゼロ角”。
この時の「音」「振動」「風」「スピード感」「匂い」等々とてもカッコ良いのですが、この画像にもこの文章にも残せていないのがとても残念です。
0

2019/9/21  19:39

8/4 魚津バイパスから前がち俯瞰  第三セクター(旧北陸本線)

用事を済ますといい天気、このまま直帰するのは勿体無く思いバイパス俯瞰に向かいました。
この前もここで撮ったなぁと思い、JR時代末期にフェンス越しに撮っている方が居られたのを思い出し、線路の真上から狙うことにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
フェンスの支柱に隙間があり、レンズを押し当てます。もう少し横から撮りたいところですが、隙間の関係からどうしようもありません。案の定、車体の肩に架線が掛かってしまいました。

黒編成だったしこれで撮り終えた感があったのですが、せっかく来たのでもう少し撮ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
直ぐ後に来る521系4連。
このポイント、長い貨物列車でも撮ってみたいと思いますが、逆に長過ぎて編成が収まるか心配でもあります。
クリックすると元のサイズで表示します
黒編成の返し。
どう撮るか迷いましたが、今日は真上特集という事で。
側面日陰で屋根メイン?な写真になりました。このAU13、子供の頃は優等列車に搭載されているということで、憧れのクーラーでした。そういえば、このクーラーの形式写真は撮っていないなぁ。色々な部品の写真を撮っている人って凄いと思います。
動画では正面にだけ日が当たり、側面日陰がよくありますよね。何故なんだろう?静止画とは違うスタンダードがあるのかな?
0

2019/9/19  23:32

8/2 稲荷町の跨線橋で白3連(後追い)  富山地方鉄道

1093レを撮った後、7/22の白3連代走の時間に間に合うかもしれないこと思い出しました。今日も代走があるかは分かりませんが、急遽稲荷町に寄りました。送り込みには間に合わず…。日差しもあり、前回曇った構図の撮り直しも考えましたが、別の構図でも撮りたい気持ちの方が勝り跨線橋から後追いで撮ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
電鉄富山行の列車。地鉄での複線区間は違和感あります。
こんな感じで白3連を撮りたかったなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
下り線は草生していて良い感じだったのですが、丁度切り位置だったので車体の下になり見えません。

これの返しは都合により撮れず…。今思うと勿体無いことをしたなぁ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ