2019/12/28  0:34

10/22 14722-172フォトラン  富山地方鉄道

さて、ここからが貸し切りフォトランの始まりです。
クリックすると元のサイズで表示します
定番越中三郷〜越中舟橋。線路に近付いて面縦で撮ることも考えましたが、結局は普通の編成写真に。
クリックすると元のサイズで表示します
寺田駅での停車時間を利用してもう一回撮る事も出来ましたが、もたついているうちに通過。上市〜新宮川に来ました。ギリギリだったので手持ちで。手持ちだと水平が出せないんですよね。ん?いい看板!デコレーションも雰囲気を盛り上げてくれます!!
クリックすると元のサイズで表示します
一気に黒部へ!この移動は結構きつかったです。思っていた場所はもう一つ上市側の踏切だったのですが、時間も無いし仕方がないのでここで撮影しました。
遠いけど、先ずは勾配区間で。俯瞰撮影でもないのに屋根が見えるのが良いですね!
クリックすると元のサイズで表示します
本命アングル。
クリックすると元のサイズで表示します
その後電鉄黒部に行くと撮影会状態でした。
クリックすると元のサイズで表示します
宇奈月温泉行きは平行道路からドアップで。もう少し撮り易いかと思っていたのですが、いざ構えてみるとなかなか手強かったです。ちなみにすぐ近くにはニホンザルの群れが居て、そのうちの1頭が目の前で車に轢かれました。ひき逃げ!と思いましたが野生動物だからいいのか!?即死に思えたのですが暫くして意識が回復し、前足だけで体を引きずりながら茂みに入って行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
手前の直線区間でも。ちょっとトリミング^o^;
クリックすると元のサイズで表示します
返しは悩んで苦し紛れに青看と。
クリックすると元のサイズで表示します
追いかけてもう一枚。線路際に構えている方がいて思うスパンでは撮れませんでした。山も綺麗だったし、その先客たちの所にお邪魔させてもらったほうが良かったのかも知れません。
クリックすると元のサイズで表示します
チャーター列車なので、通常ではありえない所で細かく折り返してきます。
こんな感じでも撮ろうかと思ったのですが、畑一面防草シートで覆われていて興醒めです。という事で、14722でのこのアングルは却下です。
クリックすると元のサイズで表示します
反対側を向けば、勾配を上って来るところが撮れました。
クリックすると元のサイズで表示します
返しはまたこのトンネル。172の小窓とこのトンネルを撮りたいと思ったのですが、何が主体化よく分からない結果になってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
その後電鉄黒部に向かうと撮影会が行われていました。
そこで登場したのが
お召し列車
地鉄も凄いことをしてくれます^o^
この貸し切り列車の運転を担当された運転士さんも記念写真^o^この他にもいろいろなポーズをとって下さりました。

この後貸し切り列車は電鉄富山方面に向かいます。それはまた次回に。
0

2019/12/21  1:24

10/22 神岡濃硫酸倶楽部主催 14722+172フォトランの前に  富山地方鉄道

10025-10026様が引退した後、自社型最後の旧型(といっても“新性能”)となった14722-172様(通称22:フタフタ)。しかし、こちらも12月での引退が宣告されています。今までは10025-26様のようには注目されず、10030系と共通運用されていました。その為いつどこに現れるか分からず、撮りにくい車輌でもありました。
そんな22のフォトランを神岡濃硫酸倶楽部が企画してくれました。当然参加させていただいたのですが、今の地鉄は車輌に余裕が無く、貸し切り列車の前に定期列車として走り、どうにか車輌を捻出しフォトランが実現しました。
クリックすると元のサイズで表示します
定期列車は、まだ日の出前の岩峅寺駅に到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
転線して電鉄富山行きとなります。
クリックすると元のサイズで表示します
雨が降っていて、前照灯の光が濡れた地面に反射します。
クリックすると元のサイズで表示します
追いかけて越中三郷駅にて。構図を整える余裕は無くギリギリでした。

定期列車はもう一山あります。今度は立山行きなので、なるべく奥で撮りたいと思い山間部へ。スジ的には平野部からの追っ掛けも出来そうでしたが確実性を優先しました。
クリックすると元のサイズで表示します
アプローチは短いのですが、全身ずぶ濡れになりました。後から同業者2人が来られちょっと安心。ここはクマの生息域で度々人里にも降りてきます。道路から僅かしか離れていないとはいえ、そんな場所での単独行は怖かったのです。
この時間でも暗くISO1000での撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します
ズームを引いてもう一枚。架線に付いた雨水をパンタシューがはじいているのがカッコいいですね!!
幕も故障していないのに看板を掲げています!定期列車ではありますが、ファンが撮りに来ることが分かっているのでサービスしてくれたのでしょう。さすが地鉄!!
クリックすると元のサイズで表示します
追っ掛けて常願寺川対岸から。
クリックすると元のサイズで表示します
更にもう一枚。暗いのと雨なので画質の面ではイマイチです。
クリックすると元のサイズで表示します
返しは有峰口駅にて。構内踏切付近では撮った事はあるのですが、今回は待合室を入れて。
ここでまさかの天候回復、雨が止みました!雨が降っているからと思って駅撮りに決めたのに、これなら走りシーンでも良かったかなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
ダブルデッカーエキスプレスと交換しました。
クリックすると元のサイズで表示します
駅を出発してあんなに進んでいるのに、信号機は青を現示したまま。信号に関しては詳しくないのですが、反応鈍くない?
クリックすると元のサイズで表示します
今回も平野部迄追いかけて、寺田駅で待ち構えました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
これにて、フォトラン前の定期列車運用は終了です。
1

2019/12/18  3:41

古レールがこんな所に!!  

久し振りにこのシリーズ。ん?シリーズになっていたかな?
普段から思いがけない所に鉄分があると反応してしまうのですが、最近もいくつかありました。
クリックすると元のサイズで表示します
滑川市立図書館の駐車場にありました!
初め、生垣に地面に鉄柱が落ちてると思ったのですが、よく見ると心地良い形をしているではありませんか!
クリックすると元のサイズで表示します
さらに近付くと、やっぱりレール!!!ちょっと触りましたがビクともしません。何メートルくらいあるのでしょうか?でも何でこんな所に古レールが埋まっているの???
クリックすると元のサイズで表示します
近くにはレンガの欠片もありました。もしかして古レール入りの産廃を入れた?それともその昔、この付近に在った工場と関連がある?よく分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します
これは完全に干上がった早月川で川遊びをしていた時に見つけたもの。何なんでしょうね?倒れてはいますが、コンクリートの土台に古レールが4本立っています。古レールを杭にしてコンクリートの土台を支えていた?そうした場合、コンクリートは何を支えていたのでしょうか?それとも、コンクリートが下で古レールがホントに立っていた?それこそ何のために???分からないことだらけです。
クリックすると元のサイズで表示します
古レールの先端は鋭角に切られていました。やっぱり杭かなあ?それにしてもこんなものが川底に沈んでいるなんて…、川遊びも無駄ではないですね。

次は魚津の低いガード下にて。
クリックすると元のサイズで表示します
「頭上注意」って、そらあんた!そんなところに有刺鉄線を巻いたら危ないでしょう!!!といううツッコミを入れたくなりました。長身の人なら絶対頭に有刺鉄線が刺さってしまいます。それはさて置き、その向こうは古レールで出来た手すりや桁の補強?とにかくよい雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
富山貨物駅周辺には古レールと使った手すりが多数あります。トロッコサイズのものが多いのですが、いくら鉄分の濃い場所とはいえ国鉄とは規格が違います。その昔常願寺川まで砂利撮りのトロッコが敷かれていたそうですが、それと何か関係あるのでしょうか?
0

2019/12/17  23:31

10/21 立山線に14722様を追って  富山地方鉄道

用事を終えると14722様の目撃情報が上がっており、それを参考に撮りに行くことにしました。しかし、出発にもたついてしまい遅刻確定。それでも、返しだけでも撮れたら、と思い立山線に向かいました。
車を走らせていると、有峰口付近を走っているのが見えました。追い着いた!?
クリックすると元のサイズで表示します
という事で、その後も追いかけ立山駅直前で常願寺川対岸から撮影出来ました。ここは立ち位置を探せば川の水面も絡められそうなのですが、今回はギリギリなので横着して車横づけポイントです。列車の背後の白いガードレールが無ければなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
カメラを振って真川鉄橋で。長い鉄橋なのですが、河原の樹木が伸びて抜ける所は限られています。この後も列車の動きに合わせてシャッターを切りましたが、慌ててるのでピンボケを量産してしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
返しを撮るために旧粟巣野駅俯瞰に行きました。丁度保線作業中。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の172さま。本当はもう少し左に進んだところで撮ろうと思っていました。ところが、撮影後に画像を確認すると、駅跡の樹木が伸びていて車輌にかかっているではありませんか!ガーデニングの域を超えているし、数年後にはすっきり撮れなくなるかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
その後フツーに走って追い抜かし、横江駅でもう一回撮ることが出来ました。これは想定外!
クリックすると元のサイズで表示します
更に越中三郷駅で。今度はギリギリでした。あっ、片目になってる!
クリックすると元のサイズで表示します
少し間を空けて、西加積駅にて。また片目。ほんと、最近片目率が高いですね。もしかして上昇中かも???もう、一層のこと一灯にしたら?とも思えてきます。
こういうカーブで短編成を撮るのは難しく感じます。引き寄せ過ぎたら正面しか写らないし、かと言ってカッコよく正面ドッカン!でもないし。カーブ上で撮っても架線柱が壁のようになったり最後部と重なったり…。
この後も待てば返しは来るのですが、疲労が溜まっていたのでこれにて終了しました。
1

2019/12/16  19:25

10/20 中加積駅で14722様特急「うなづき号」  富山地方鉄道

ここで撮るのは何回目でしょうか?そのたびにピン甘だったり構図がもうちょっとだったり、満足な結果を出せていませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
今回は思い切ってエクステンダーを噛ましました。デメリットも多々ありますが、アングル的にはストレスがありません。心配していた前照灯も、ちゃんと両方点いていました。紅葉バージョンの大型看板と線路脇のセイタカアワダチソウが妙にマッチしている!?
クリックすると元のサイズで表示します
ズームを引いてもう一枚。こうすると、エクステンダーが邪魔以外での何物でもありません。前がちアングルですが、車体の両側面を一応撮れるというオイシイ場所です(かな?)。

返しも特急運用なので、今度は上市に撮りに行きました。スイッチバックの前後で撮ることも可能な時もありますが、特急運用なので速いかも知れません。そう思うと、慌てて構えるのも嫌なので本命1発勝負に絞ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
スイッチバックの関係で、逆方向の列車なのに同じ14722様先頭で撮ってしまいました。まぁ、良いんですけどね。最後部を架線柱に重ならないように撮りたい。でもその時の先頭部に位置が正確には分からない。ということで、置きピンせずにAIサーボAFで撮りました。ここでもセイタカアワダチソウが彩を添えてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
(いつもの)ズームを引いてもう一枚。こっちもカッコいいなぁ。
0

2019/12/15  19:10

10/19 真川鉄橋で14722様特急「立山号」  富山地方鉄道

この日はパッとしない天気でしたが、14722様が特急「立山号」に充当されたので撮りに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは越中三郷駅で。ここに来るとズームを伸ばして撮りたくなるのですが、ここはグッと我慢して背後の鳥居が入るようにフレーミングしました。う〜ん、また片目'_';
クリックすると元のサイズで表示します
追っ掛けて、立山駅手前の鉄橋で2発目。さすが特急列車、結構ギリギリでした。ん?今度は両目。
クリックすると元のサイズで表示します
列車の動きに合わせて連写し続けました。もう少し画面に余白が欲しいですよね。撮りながらそれを感じていましたが操作が間に合いませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
返しをどこで撮るか考えながら移動しました。ここも良いけど前撮ったしなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
丁度特急「立山号」とすれ違いそうだったので横江駅付近にて待ち構えました。前パンへの配慮が足りず、カツカツに。
クリックすると元のサイズで表示します
踏切開通後に後追い。※豪快にトリミングしています。
クリックすると元のサイズで表示します
結局、先日の台風19号の影響で撮れなかった岩峅寺北側の跨線橋から。また片目やし…。
1

2019/12/14  3:09

10/17 あいの風オーバークロスでススキと 他  富山地方鉄道

魚津バイパスで8061レを撮った後、せっかくなので黒部方面に寄り道しました。
クリックすると元のサイズで表示します
電鉄石田駅に行くと丁度14760系(白)同士の交換がありました。
ここの駅舎はとても趣があるのですが、電車と絡めるには…自分には分かりません。
クリックすると元のサイズで表示します
あいの風とやま鉄道との立体交差部付近に来ました。思いのほか雑草が伸びていて、切り位置に困りました。
クリックすると元のサイズで表示します
望遠で急勾配区間を切り取りました。切り取り過ぎで急さ加減が分かりにくくなりましたが、地平から撮っているのに車輌の屋根が見えるのが良いですね!
前照灯が点いていない!!
クリックすると元のサイズで表示します
上り列車は面潰れになってしまいました。そういえば、10030系の特急運用もすっかり見慣れました。
クリックすると元のサイズで表示します
このアングル、気に入りました!ススキも入るしセイタカアワダチソウの黄色も良い色差しになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
セイタカアワダチソウに溺れる上り列車。
クリックすると元のサイズで表示します
振り返って踏切内から。下り列車でこの位から撮れたらいいのですが、元複線区間なだけあって踏切のゲートが線路から離れた所にあるんですよね。
クリックすると元のサイズで表示します
更にもう一発。
クリックすると元のサイズで表示します
またこのアングルで。今度も白60ですがちゃんと前照灯が点いています!この日のベストショットと言ったところでしょうか。

14722様が来るのを期待していましたが、来る気配がないのでここでの撮影は終えて移動しました。
クリックすると元のサイズで表示します
舌山駅にて特急「くろべ号」と普通列車の交換。また白60同士!この日は白の大当たりでした!!
後方の農業倉庫がポイントと考えフレーミングしたのですが、車輌につられて左に振ってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここの駅舎も大変趣があります。どう撮れば良いのか???

次の用事もあったので、深入りせずこれにて終了しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ