2020/12/31  15:41

2020/12/1 柳寺跨線橋で貨物列車  第三セクター(旧北陸本線)

令和2年ももう終わりですね。大幅に遅延した撮影日記を書いている当ブログですが、訪問して下さった皆様、どうもありがとうございました。もしよろしければ来年もよろしくお願いいたします。

さて、遅延はまだまだ解消しませんが、どうにか12月の撮影日記に入ります。
クリックすると元のサイズで表示します
この日はいつもの柳寺跨線橋へ。午前中最後の521系4連。
この辺りは圃場整備の工事中で、重機も数台動いていました。それらを入れないような立ち位置で。整備済みの農道は…、どうしても入ってしまいますね。
クリックすると元のサイズで表示します
振り返って後追い。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の4076列車。銀塗装機でした。手前の枯れすすきがポイント!
クリックすると元のサイズで表示します
3093列車。良いカーブなのですが、どう撮ればいいのかいつも迷います。このアングルでは編成が切れてしまうのが分かっていましたが妥協しました。

この日はこれでおしまい。
0

2020/12/30  16:26

2020/11/27 地鉄の駅から貨物列車  第三セクター(旧北陸本線)

この日も用事を終えると4076列車や3093列車に間に合う時間。かと言って時間的に余裕もないので、近場でサクッと撮ってきマシた。
クリックすると元のサイズで表示します
向かった先は富山地方鉄道越中中村駅。あいの風とやま鉄道との並走区間なので、このホームから4076列車を狙います。その前に来た下り普通電車。地鉄と上り線の2線を挟むのでアングル的に余裕です。
クリックすると元のサイズで表示します
ひなびた感じが良い感じなのですが、うまく写真に写し込められない…。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の4076列車。空を大きく入れようと地面に寝そばらない範囲で出来るだけ低く構え、待合室と観覧車を入れて。この時期は辛うじて前面に日が回ります。
クリックすると元のサイズで表示します
早月加積駅に移動して3093列車。やっぱり面潰れに…。(撮影の)障害物だらけでアングルは限られますね(センスが無いだけともいう…)。
0

2020/12/25  12:45

2020.11.26 速星貨物にDD200-1号機  高山本線

普段は牽引機のカマ番は気にしていないのですが、この日は速星貨物にDD200-1号機が入っているというので撮りに行きました。DD200が高山本線を走り出してから1号機が高山線を走るというのは今回(この日という意味ではない)が初めてだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
この日の天気予報は晴れのち曇り。良い具合に日差しがあり期待が膨らみます。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、みるみる雲が広がり回復する気配がありません。確かに天気予報通りですが、曇り出すの早過ぎ!!
普通に構えると対岸の会社の建物が入ってしまうのですが、それをいかに隠すか毎回悩みます。そして多分毎回同じ結果になっているような…。学習が無ないなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の1090列車。ホントに1号機、お初です^o^
ダイヤ改正直前に流行り出した“鉄板”アングルでは、線路わきの雑草が伸びていて機関車の前面にかかってしまうので少し横から。どうせならセミセンターキャブが分かるようにもっと横から撮るべきだったかな?なんて思いもあります。

この後もますます暗くなってきたので何も撮らずに撤収しました。
0

2020/12/21  12:12

2020/11/23 大糸北線に雪月花  他線区

えちごトキめき鉄道の観光列車“雪月花”が何年かぶりに大糸北線に入線するというので撮りに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
せっかく大糸線まで行くので、少し早めに現地入りして定期のキハ120を撮影。沿線には同じような方々がちらほらとおられました。
先ずは根知のトンネル上。ここは初めて来ますが線路直上には背の高いフェンスが設置してあり、脚立を使うか横から撮るかしないといけません。雨も降っているし面倒なので今回は後者で。
クリックすると元のサイズで表示します
上のアングルだと、せっかくの鉄橋や水面が写らないのでこっちの方がいい感じがします。
クリックすると元のサイズで表示します
大糸北線といえば小滝の鉄橋は外せません。俯瞰ポイントもありますが工事現場に近いので近付きにくい雰囲気でした。
クリックすると元のサイズで表示します
南小谷の方まで来ると晴れてきた!よくある構図ですが、キハ52時代に撮りたかったなぁ(当時は撮っていません)。
クリックすると元のサイズで表示します
引いてもう一枚。
クリックすると元のサイズで表示します
返しまであまり時間が無いので、あまり移動せずに川沿い区間を撮りました。
クリックすると元のサイズで表示します
カメラを振って(元)水田区間でも。以前はなかった建物があり、シュプール全盛期の構図は過去のものになっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
雪月花を撮るために再び小滝に戻って来ました。

雪月花のダイヤは大まかにしか分からず、効率よく頑張れば追っかけも可能なのでしょうが、欲張らず1点狙いで待ち構えます。
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱりここですね。河原の灌木が邪魔で立ち位置はピンポイント。まあ、撮り方でどうにでもなるのでしょうが…。

クリックすると元のサイズで表示します
特に追っかけるつもりはなかったのですが、南小谷方面に走ると平岩手前で並び、そして抜いた!その時に撮る事も出来たのかもしれませんが即断できずだらだらと走りここへ。車を横付けできるポイントなのですが、ほんとに横付けしている人がいて、キャパが十分にある筈なのにその1台の為に他の人が(素直には)撮れない…て感じでした。ということで、無駄に脚立を出し4段フル活用。
クリックすると元のサイズで表示します
ターンして…本命アングルは没ってしまいました。あのカキの実に気を取られ過ぎたな。

返しはここで撮り直すか?随分と悩みましたが…、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
撮りたかった平岩の鉄橋へ。意外とケーブルが目立ちますね。

列車の通過とともにミニパトが出動、ペースカーとなって追っかけ組を阻止していました。
クリックすると元のサイズで表示します
ということで追っかけは出来ず平野部まで来ました。山間部を抜け、乗客にとってはもう消化区間みたいなものなのでしょうね。列車も結構な速度で通過していきました。

楽しみにしていた大糸北線雪月花も終わりましたが、いろいろ失敗があり充実感は低いものになってしまいました。
0

2020/12/19  0:37

2020/11/21&22 近場で4076列車  第三セクター(旧北陸本線)

滑川〜水橋間には上市川を渡るため軽く勾配区間があり、その縦曲線を撮りたいと思い訪れました。
クリックすると元のサイズで表示します
先ずは、機関車が下り勾配に入ったところで。このくらいの勾配だと“機関車が貨車に押される”ことはないんでしょうね。架線柱の間隔が狭く、また(撮影上の)障害物が多くシャッターポイントが限られます。もう少し左側から撮りたかったのですが、農作業をされていたので邪魔にならないように妥協しました。そのため列車の最後尾は切れてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
本命はこちら。引いて機関車が平坦区間に入ったところを。緩く逆S字カーブを描いているので、走っている姿を肉眼で見ていると変化があって楽しいです。

翌日、天気が良かったのでまた撮りに行きました。同じ所に行っても面白くないので魚津方面へ。
クリックすると元のサイズで表示します
地鉄の線路を手前に入れて構えていたら、3灯の前照灯が見えた頃に地鉄10030系が後方から来て、危うく被るところでした。
クリックすると元のサイズで表示します
カーブする築堤を狙いました。地鉄の線路と築堤の間に立てば被る心配もなくケーブルも回避出来るのですが、あまりにも角度がきつくなり築堤の死角に入る部分が大きくなってしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
振り返って機関車をサイドから。本当はもう1スパン手前で撮りたかったのですが、操作が間に合いませんでした。
0

2020/12/17  21:38

2020/11/17 夕暮れの立山線  富山地方鉄道

午後から大辻山ハイクを楽しんだ後、下山してもまだ日照がありダブルデッカーEXPの時間に近かったので沿線に寄り道しました。
クリックすると元のサイズで表示します
日照があるとは言っても場所によっては日陰に入っていて、日が当たりアクセスのいい場所ということで沢中山に来ました。
屋敷林の向こうに山が見えるように立ち位置を調整して…、肉眼だともっとはっきり見えたのに残念。
クリックすると元のサイズで表示します
どうにか日没には間に合いましたが、通過時にはかなり暗くなり高感度撮影に。二階建て車がギラり!
0

2020/12/16  0:48

2020/11/12 富山貨物で高岡臨貨バルブ  第三セクター(旧北陸本線)

ラッセル試運転を撮った後、富山貨物に寄り道しました。入区するDE15を見ることが出来たというオマケがありましたが、本当の目的は高岡臨貨。
クリックすると元のサイズで表示します
ダイヤ改正後、521系石川車の入出区とDD200の連結との順番が変わっていたことを忘れていました。この角度からでは連結シーンは見られないんですねぇ。残念。
クリックすると元のサイズで表示します
連結後。この時間帯はまだ薄明るく中途半端なバルブ撮影。でもこの雰囲気は好きです。
クリックすると元のサイズで表示します
立ち位置を変えて。編成にかかる電柱が凄い数に…。
クリックすると元のサイズで表示します
撮っているとあっという間に周囲は真っ暗に。短時間で半バルブとバルブ、二つの雰囲気で撮れるので同じアングルで撮っていても退屈しません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ