2018/8/3  21:41

5/12 DD51ロンチキ  北陸本線

この日、3つ目のターゲットはDD51+ロンチキ。
情報を頂いていたので私用を早々に済ませ西進します。
クリックすると元のサイズで表示します
どこで撮るかははっきり決めていなかったのでこんな所まで来ました。有名な場所ですが、ファインダーを覗くとイマイチ。立ち位置が悪いだけかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
農家のおっちゃんとお話ししながら適当に撮ります。

ロンチキは積車なので上から撮りたい、と思い俯瞰ポイントに移動しました。
ポイントに到着すると既に数名の同業者がいました。
クリックすると元のサイズで表示します
どんな感じで撮るか、立ち位置やレンズを変えながら検討しました。
クリックすると元のサイズで表示します
せっかくなので後追いも。
寄り道しなかったら下り特急をちゃんと撮れたのに・・・、ちょっと後悔。
クリックすると元のサイズで表示します
追っかけ組も集結し、大人数での撮影になりました。
久し振りのDD51、かっこ良かった!!
クリックすると元のサイズで表示します
途中のバカ停でまた集結。早々に立ち去ればもう一発いけるのですが、生きているDD51を目の前にして立ち去ることが出来ません。
クリックすると元のサイズで表示します
望遠アングルで。
沢山いた同業者はみな次の撮影ポイントに向かったのか、誰も居なくなりました。撮影ポイントも熟知しておらず、中途半端な静止画を撮るよりも、引き出しの力強いサウンドを動画でも残したいので残りました。
キャブ付近でお手軽にスマホ動画と、カメラを三脚に固定し
イオスムービー。後者はたターンが出来ないのとジョイントでの振動をまともに拾ってしまっています。でも、期待通りのエンジン音を記録出来ました。

ロンキチを見送ると、早朝からの疲労もあり暫く休憩し帰路につきました。
が!、ん?高岡で高岡臨貨に間に合うかも??
クリックすると元のサイズで表示します
ギリギリ間に合いました^o^
立ち位置やアングルをよく考える余裕もなく、列車が到着。ま、当初の予定にはなくホントについでだったので見られただけでも十分です。
クリックすると元のサイズで表示します
機回し。見習いか何か分かりませんが、操車係が3人も!
機関士が身を乗り出して目視している姿がカッコいいのですが、やっぱり旋回窓は見にくいんですかね?

暗いしこれを撮って終了しました。

0

2018/7/29  21:46

5/12 北島陸橋で413系(茜)6連他  北陸本線

この日は金沢に私用があり、そのついでに沿線に立ち寄ろうと企んでいました。でも考えれば考える程欲が出てしまいます。しまいには私用がメインなのか寄り道がメインなのか分からなくなる始末…^o^;
まずは、
クリックすると元のサイズで表示します
北島陸橋で413系6連!これが撮りたかった!!しかもクハ455-700が2輌も入っている!!!!これならもっと早起きして送り込みも撮りたかったなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
後追いですが特急を2本。本当は下り特急を撮りたかったのですが、その時間までここに滞在する余裕がありません。
クリックすると元のサイズで表示します
早く次の目的地に行きたいのですが、貨物列車も撮りたい!ズルズルと立ち去るタイミングを逃してしまいます。天気もパッとしないし…。
クリックすると元のサイズで表示します
521系6連。これもターゲットの一つです。
久し振りの撮影地なので、同じアングルで撮っていても飽きません。でも、いよいよ次への影響が出て来そうです。
クリックすると元のサイズで表示します
一応下り特急。「ダイナスター号」でしたっけ?12連「サンダーバード号」を撮りたいところですが、今回はこれで我慢です(失礼な!)。

ここで踏ん切りをつけ次の目的地に向かいました。
0

2016/9/5  22:59

8/21 松任工場一般公開  北陸本線

さて、北島陸橋での撮影を終え、念願の松任工場見学に向かうことにしました。すると大ちゃん様より「一緒に行こう」とのお誘いがありました。石川県に詳しくない自分にとっては大変心強いものでした。でも待ち合わせの場所がイメージできず、到着まで時間が少々余分にかかったかもしれません。
無事合流し入場すると、展示車両もさることながら、工場の良い雰囲気に酔いしれていました。ちなみに、松任工場入場は初めてです。
会場内の各所では、車両部品や軌道などの検査を実際に携わっている社員さんが、それぞれの持ち場の仕事を解説されていました。いずれも大変興味深いのですが、全て聞いていると一日では足りないかもしれません。せっかくのナマのお話が聴ける機会でしたが、実際に聴けたのは数か所のみでした。もし自分が理系出身だったらもっと深く理解できたかもしれません。残念!

展示車両も撮ったのですが、あちらこちらで既出ですしあまり面白くないので、ときめいたものをいくつか載せておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
バラバラなDE15。いきなり展示車両ですね^o^; ナンバープレートが外されており何番かは分かりませんが、再塗装され綺麗になった姿はときめきますね!少し離れた場所で、これに積まれていたと思われるエンジンなども展示されていました。
クリックすると元のサイズで表示します
仮台車にスポーク車輪が使われていました!他の仮台車はプレート車輪でした。台車本体は同型ぽかったので、車輪だけ再利用しているのかな?
クリックすると元のサイズで表示します
工場と言えば車輌吊り上げ実演!最後の1回を見ることが出来ました。せっかくの動きものだったので欲張って動画も録りましたが、手持ちでの動画撮影はきついですね。それを見るのはもっとキツイ^o^;
クリックすると元のサイズで表示します
何を撮ったか分かりますか?実は天井です。アングルで組まれた古風な骨組みと、三角形の高い明かり窓。どう撮れば魅力を写し込めるのか、何度か撮りましたが難しいですね。

一番ときめいたのがこれ!
クリックすると元のサイズで表示します
建物の間の線路にポイントの跡が!!!
松任は古くからある工場ですが、今なお現役ですので“遺構”っぽいものはあまり目につきませんでした。そんな中でズバリ遺構!これが現役だった頃に思いを馳せていました。
クリックすると元のサイズで表示します
逆方向から見ると、分岐側のトングレールなどは無くなっていますが、直進側はトングレールがそのまま使われています。最小限の工事で済ませたみたいですね。手前には軌道内にガードレールがありますが、これは踏切の跡のようです!木材でフランジの逃げを埋めてあり、この線はもう使われていない様子でした。
クリックすると元のサイズで表示します
資料館に掲示されていた図面には、撤去された分岐器の現役時代の姿が描かれていました。トラバーサーも今よりも小さかったようです。
この図面、後でじっくり見ようと写真を撮ったのですが、若干ぶれてしまっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
トラバーサー。移動の実演もあったのですが見るのを忘れていました。次回行く機会があれば、最優先で見てみたいです。
521系が載っているのですが、積雪地の為か全体が覆われておりここからでは全く見えません。クリックすると元のサイズで表示します
構内踏切に細いレールが埋め込まれていました。昔はライブスチームでも走らせていたのでしょうか?本物の線路の中を走るなんて最高ですね!!そんなことが出来るのは国鉄だから?でもコンクリートは新しそうだし、真相は知りません。
クリックすると元のサイズで表示します
上の写真にちらっと写っていますが、681系の付属編成を使って何やら催し物がありました。この日は暑い日で、車内はエアコンが効いている様子でした。でもこの線、非電化なんですけど???、どうやって給電しているのか疑問が湧きました。編成の反対側に回るとスカートのカバーを開けて、工場から伸びてきたジャンパ栓が繋がれていました。こんなの事も出来るんですね!ノッチを入れれば走り出したりして・・・。

初めての松任工場でしたが、今回じっくり見れなかった部分や気になった部分、反省点などをを活かしてまた再訪したいと思います。
お会いした皆さま、ありがとうございました!!


※9/7追記
松任工場をGoogle Earthで見ると、ポイント撤去跡がある線に台車らしきものがあるのが写っていました。と言うことはこの線も現役ですね。現地での印象は、事実を正確には掴めませんでした。
あと、隣の建物と建物の線にはDD15がズラズラズラっと!隠しているかのように押し込められています。
1

2016/9/1  0:03

8/21 久々の北島陸橋  北陸本線

この日は松任工場の一般公開がありました。たまたま休みが取れたので行くことにしたのですが、せっかく越境するのにただ行くだけでは勿体無いです。と言うことで、少し?早めに石川県入りしました。撮影ポイントはほとんど知らないので、有名な北島陸橋に行くことにしました。しかし天気はドン曇り。同じようなことを考える人がいるだろうと思っていましたが…、さすがにこの天気では同業者はいませんでした。

現地に到着しても暗いし早く来たのは失敗だったかなぁ、なんて考えながらだらだらと過ごしていました。すると、下り貨物列車や521系6連が通過、晴れた日に撮りたいなあ。

でも「せっかく来たのだから」と重い腰を上げ、とりあえず撮ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
曇天なのをいいことに、朝は逆光になる上り列車狙いで。
望遠レンズで撮ると、線間の支柱が壁のようになってしまいますね。
それよりも跨線橋!!妥協の極致ですね。でも北陸本線って、撮りやすい場所に限って背景に跨線橋があるように感じます。
クリックすると元のサイズで表示します
12連の「サンダーバード号」。付属編成が大阪寄りについているのが未だにしっくりきません。
第3セクター化され、旅客列車は短編成ばかりになった富山からすれば、在来線でこんな長編成が走っているなんて羨ましい限りです。
ところで12輌編成って、「雷鳥号」が食堂車を組み込んでいた当時と同じ長さですね。特急列車は短編成化が進みましたが、L特急全盛期と同じ長さを維持しているなんて、凄い!ま、だから新幹線が建設されるんでしょうけど。
クリックすると元のサイズで表示します
次第に天気が回復し、光線状態を無視しての撮影も終わりにしようかと思いましたが、最後にエクステンダーを噛ましてレンズテスト。PC画面で等倍で見ると、やっぱりぼやっとします。
クリックすると元のサイズで表示します
日差しが出てきたので、線路から離れ順光で。
後追いですが、この区間では線間の支柱がかからない上り線の方がすっきりと撮れます。最近、後追いに対する抵抗感がなくなってきているので、これはこれで良し、と思っています。ただ、撮り方にもう一工夫欲しいところです。
クリックすると元のサイズで表示します
本命の跨線橋からの俯瞰撮影。どこやらの新しい跨線橋と違って、ちゃんと歩道があるので安全に撮影出来ます。
ずっと曇りだったのでこの条件でも幸せを感じていたのですが、画像を見るとそうでもありませんね。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
長編成を意識して控えめな構図で撮っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
カーブを意識して2スパン奥で切りました。
リニューアル編成も前照灯の間が細い横縞が入っているので、そこをピント確認のポイントにしています。
クリックすると元のサイズで表示します
絶好の日差しの中「サンダーバード号」が来ました。ところがその直前、鉄の車が乱入!!中途半端なところに車を停めて、線路に駆け寄り撮っている様子でした。
松任でイベントがあるのである程度は想定していたことですが、今の今まで同業者は皆無。しかもようやく訪れた日照全開での12連「サンダーバード号」を、ほんの数秒前に現れた車のせいでモヤモヤが残る結果となってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
強い脱力感と__を感じながら普通電車を撮り、
クリックすると元のサイズで表示します
次の特急列車を撮り撤収し、松任へ向かいました。
1

2015/10/25  23:49

10/2 団臨トワイライトエクスプレス号  北陸本線

さて、福井の私鉄巡りを終え、本命の『団臨トワイライトエクスプレス号』を撮りに北陸本線に移動しました。この列車、客扱いは芦原温泉からですが、列車は金沢から回送されてきます。しかし、ツアー募集のチラシ以上の詳しいダイヤが分からず、確実性を優先しまずは牛ノ谷に向かいました。

少し早目に到着すると、一番乗りでした。
当方、ここでの撮影は初めてで、来るもの全てが新鮮です。撮影地は肥料の匂いが漂っていましたが、ソバのほのかな香りもし、意外と気持ちよく過ごせました。基本的には晴れているのですが、雲の動きが早くすっきりと晴れることは少なかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
『サンダーバード号』も懐かしいです。編成の向きが依然と逆なのが、未だに変な感じがします。
12輌編成を広角で撮るとこんな感じ。団臨トワイライトエクスプレス号は機関車を含め6輌編成、3スパンで収まりますが、次第に光線状態が悪くなり側面には陽が回らなくなりそうです。どうフレーミングするか迷いましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
前日の強風の為貨物列車はかなり遅れており、定時運転なら撮れないところでしたが、何本か撮れました。
クリックすると元のサイズで表示します
当日運転を知ったラッセル気動車。ヘッド付は初めて見ました。
クリックすると元のサイズで表示します
広角でもう一枚。トンボが写り込んでしまいました。
それにしてもこのヘッド、ちゃちく見えますね。北陸の重い雪に対応できるのか心配になりますが、ま、大丈夫なのでしょうね。

次第に同業者が集まって来ましたが、キャパにはまだまだ余裕がありました。しかし、そろそろ団臨トワイライトが来る頃になった時、追っかけ組と思われる一行が来ました。当方には直接的な影響はありませんでしたが、“場所取り”の優先権・効力ってどこまであるのだろう?と思う出来事があり、その場の雰囲気が悪くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
無事ターゲット撮影!予想通り側面は陰ってしまいました。

芦原温泉での停車時間が思ったよりも短そうだったので、予定を変更して鯖江方面に向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
定時ではない貨物列車が通過。
クリックすると元のサイズで表示します
この区間は虎ロープの支柱が太いタイプなので、それが目立たないようサイドがちに狙いました。列車自体は保護色みたいな感じですが、まぁ想定内です。それよりも、画面左端に同業者が乱入してくることがあり、冷や冷やもんでした。結果的にはどこかに行かれ助かりました。

鯖江の停車を利用して、もう一発追いかけます。
クリックすると元のサイズで表示します
先の二発はいずれも直線での撮影だったので、変化を付けようと思いアウトカーブ・ローアングルで狙いました。5輌目にかかる木が邪魔ですが、構図に変化を付けたい気持ちが勝りました。
この後敦賀まで行けば追い付くダイヤでした。しかし、撮影には暗い時間だったので、ここで団臨トワイライトエクスプレス号の追い掛けからは離脱しました。
改めて画像を見ると、もう少し構図に変化を付けたかったな、と思います。

この後、帰るついでに福井鉄道に寄り道しました。
2

2015/8/15  23:46

JR時代の魚津駅3番線 サンダーバード10号編  北陸本線

続いて、魚津駅3番線の「サンダーバード10号」編です。

JR時代、「サンダーバード号」は1日1往復だけ魚津発着で運転されていました。
夜着朝発のダイヤでしたが、魚津駅で滞泊するのではなく、その前後に富山運転区?まで回送されていました。今思えば、早朝の下り回送列車はいい被写体だったのに、全く撮っていないんですよね。当時は「はくたか号」も頻繁に運転されており、それほどレアな感じではなかったとは思うのですが、増結時の12連は見応えがあったのに勿体ないことをしていました。

471Mの魚津駅3番線にハマりだしていましたが、この4010Mも魚津駅3番線に入線することに気付き、早朝にも楽しみが増えました。
クリックすると元のサイズで表示します
2014.12.30
12連の4010Mはホームを目一杯使います。そのため立ち位置は471Mの時よりも直江津よりになります。ここは線路ととの高低差が少なく、脚立を使わなくても撮れるので気楽です。でも当方の最長であるは200mmレンズでは若干遠く感じました。それをどうカバーするか?丁度、ホームを挟んで7:00に1001Mが出発します。架線柱がややうるさいけど2本の特急列車を写すことが出来ます。そこを狙いました。
クリックすると元のサイズで表示します
2014.12.30
やはり少し遠いので、エクステンダーを噛ましました。
475系の524Mが1番線に入線して来ます。多少障害物がありますが、475系の前面が背景に入り良い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
2015.01.03
一面雪に覆われた魚津駅。エクステンダーを噛まして1001Mとの並びを狙いましたが、障害物が多く前面が抜けるところがありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.01.03
同じくエクステンダーを噛まして524Mとの並び。PCで等倍表示すると、雪が降っているのが写っているのですが、ブレもなくバリピンで最高の写りでした。
35mm換算448mmレンズで、手ブレ補正も無いのに1/10秒などの低速シャッターを切るのは無謀なのですかね?ライブビューモードでピントを合わせても、なかなかビシッとは決まりませんでした。
これだけ積雪があるのに471Mを撮りに行ってないんですよね。当時の自分に言ってやりたい!「お前は○○か!!」

クリックすると元のサイズで表示します
2015.01.14
9連だと丁度連結器に旗がかかり、かかっている面積以上にうっとうしく感じます。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.01.14
遠いのは承知の上で280mmポイント。3輌違うと随分雰囲気が変わりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
2015.02.07
末期になると、同業者も増えて来ました。ま、仕方がないですね。
感度を下げ、わざと普通電車を流しました。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.02.07
定番の“大阪行きと東京(方面)行き”の図。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.02.07
定番の“大阪行き特急と金沢行き”の図。
こちらも画質向上の為感度を下げて撮影しました。

今更ながら、300mmをこの時点で導入しておきたかったと思います。
今ではこんな見ごたえのある列車は来ませんが、辛うじて541Mが3番線発車ですので、4010Mや471Mの残像を重ねて撮っていきたいと考えています。

現在のダイヤは概ねJR時代を踏襲したものになっています。これは、スムーズに経営移行が出来るように、必要以上にいじらなかった、もしくはいじる余裕が無かったからではないでしょうか?でも、次の改正か富山駅下り線の高架完成時には抜本的な改正となり、魚津駅3番線が使用停止になるかもしれません(あくまで個人的な予想です)。無駄な心配かも知れませんが、何事も後悔の無いように撮影して行こうと思います。
1

2015/8/14  21:24

JR時代の魚津駅3番線 475系編  北陸本線

魚津駅3番線の記事を書いたので、個人的にハマった471Mの画像を集めてみました。
既出のモノばかりですが、改めてみると「よくもまあ飽きもせずに何度も行ったなぁ」と我ながら感心します。

クリックすると元のサイズで表示します
2014.06.19
これは471Mではありませんが、たまたまこの訓練列車をここで見かけたことが、その後471Mを魚津駅3番線で撮るきっかけとなったので載せておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
2014.07.16
初471M 思いのほか暗く、手持ちISO1000での撮影になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
2014.07.19
三脚・脚立装備で再挑戦しましたが、側線の雑草は如何ともし難く、ここでの撮影は積雪期までお預けとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.01.13
積雪はありませんが、雑草のボリュームがかなり減ったので訪れました。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.01.18
青+白編成でした。同じ形式の電車ですが、色や前照灯の違いもあり、定点撮影でも結構楽しめます。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.01.23
電車は遠くなりますが、エクステンダーを噛まして前がちに狙いました。停車時間が長いので、ノーマルポジションでも撮っています。この日は風雨に悩まされた覚えがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.02.02
ようやく雪が積もりました!量は満足いくものではありませんでしたが、風もなく今までで最高の条件でした。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.03.10
葬式鉄も増えて来たのと、たまには視点を変えて撮りたかったのでホームから撮りました。画像からは分かりにくいですが、地面はツルツルに凍っており、とても寒かったです。この時は“にわか”に邪魔されましたが、どうにかまともなカットも納めることが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
2015.03.13
そしてJR最終日。移行運用の為、521系4連による471M。風雨が強く揺れは治まらないし、レンズには雨粒が付く有様でした。ダメ元で撮りましたがダメでした。でも、地味ながら時代の移り変わりを記録した1枚です。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ