2019/8/3

シャーシー仮組立  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
枕バリを作ります。 枕バリと言ってもロンビックイコライザーの一部となる部材です。

クリックすると元のサイズで表示します
真ん中に穴を開けます。

クリックすると元のサイズで表示します
シャーシーを構成する要素が出来上がったつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します
仮組みしてみる前に台枠前部を曲げてフロントを構成するスポイラー状にしておきます。

手で曲げて後で金槌で叩きます。

クリックすると元のサイズで表示します
仮組みしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
シンプルに頑丈に仕立てるためにベアリングも使いません。

クリックすると元のサイズで表示します
構想図と並べるとこんな感じです。 構想通りに出来ました。 しかし、枕バリは作り直します。

クリックすると元のサイズで表示します
IMONコアレスはNAMIKI30CL用を使うのですが、取り付けアングルが曲がり過ぎ(92°位か?)なので金槌で叩いて88°位にしておきます。

モーターが完全に水平でIMONギヤのシャフトと高さが完璧に一致しなくては意味がありませんので。

このマシンの戦闘力は集電性能によりますが、江川さんマシンクラスの速度は未経験で破損リスクに対しての想像が付きません。 線路ダイレクトの集電ブラシを2組用意するのがやはり重要なのかもしれません。







この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ