2019/8/11

うまくいかない‼  

クリックすると元のサイズで表示します
線路から直接集電する集電ブラシはスパイクモデルの集電ブラシのランナーを使います。

クリックすると元のサイズで表示します
ランナーは大事にはされていないので幅にばらつきがあります。

クリックすると元のサイズで表示します
車体黒染めして、コンデンサーも取り付けます。 プラス側は直接車体です。

クリックすると元のサイズで表示します
せっかく綺麗に半田付けされていた燐青銅線のハンダがズレて非常に醜くなってしまいました。

闘志が鈍る事夥しいです。 ヤル気がグッと下がりました。






この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ