2019/8/13

口を開けた顔のシーネンツエッペリン  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
RS-09をKATOのNゲージの箱に入れてみるとこんな大きさです。 この大きさが最低の箱かなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
現時点での重量です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら、カツミの1000形新幹線試験電車A編成から取り外したライト点灯ユニットの重量です。

クリックすると元のサイズで表示します
現時点のシーネンツエッペリンの重量。

クリックすると元のサイズで表示します
軽そうなウェイト計ってみます。33g、25g

クリックすると元のサイズで表示します
そして17g

目方が欲しいのは前頭部、車体下に入り込もうとする空気に車体の軽さが負けそうな感じなのです。

クリックすると元のサイズで表示します
1mm真鍮板から作る作戦を考えます。

クリックすると元のサイズで表示します
僅か6gですが

クリックすると元のサイズで表示します
切り抜いて、傷が行かないようにヤスって

クリックすると元のサイズで表示します
この気味の悪い前頭部の空気の流れを変えられるかと

クリックすると元のサイズで表示します
こんなふうに設置して見ました。

RS-07、RS-08、RS-09(コレは新車ですが)ともに去年よりは戦闘力が高い状態に持っていくことができました。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ