2016/12/19

JAM公式記録集と49643  鉄道模型

今日、JAM公式記録集が納品されました。

JAM参加団体や出演者様には実行委員会から発送されたと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
恐るべき内容の濃さ! ご覧頂ければ判りますが本当に恐るべき内容です。

NEKO取材チームの力量と努力、惜しみない写真使用、編集の努力も「敬服」の一語です!

クリックすると元のサイズで表示します
9600という蒸機に対する「初耳」のオンパレードと言って良い“9600を語ろう”は圧巻の特集です。

特集『蒸機時代〜あれから40年〜』は1976年3月2日、追分入換の9600廃止による国鉄蒸機全廃からの40年ですから其れを受けての“9600を語ろう”です。

2種類あるキャブ床・・・機関士席床の高さが2種類という紹介のページですが、進行中のフィルムスキャンで新しい写真が出てきましたので此処に紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
旧湧網線卯原内駅構内に保存されている49643のキャブです。

改造済、一段床です。

クリックすると元のサイズで表示します
これで保存機を取材した明確な写真による判定は「二段 13 vs 8 一段」と成りました。

勿論保存機じゃなくとも調べが付く可能性はありますが、この比率はそう狂っては居ないと想像されます。

クリックすると元のサイズで表示します
ATS本体機器収納部です。 渡り板だけ新しいと思われる柄ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
2002年9月です。 この頃は今よりだいぶ太っていた時期ですね。 髪の毛もあります。

クリックすると元のサイズで表示します
長軸台車を履いた箱形テンダーです。

クリックすると元のサイズで表示します
二段ランボードは北海道では珍しい部類になります。

クリックすると元のサイズで表示します
JAM公式記録集の付録DVD、メインは『広田尚敬、蒸気機関車を語る』のステージを写した記録動画(パソコンで再生可能)ですが9600の携帯分類表も大変貴重な資料になります。

記録集本文中にも分類別の数を示す表が掲載されていますがDVD内にPDF78枚に収められた記録は圧倒的な情報量です。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、モデルスIMON取材チームがこの49643を調べていないのは模型化しないからです。 調べたから模型化するというわけではありませんが・・・

49643は比較的早く廃車になって居り「思い出のカマ」である事も少ないと思われますので全く製品化対象にはしませんでした。

でもこの49643も770種類以上有るかもしれない愛しいキューロクの一種類ですね。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ