2019/8/4

集電装置  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
シャーシーの部材は作り直して角を丸めて(実は更に黒染めし)ました。

クリックすると元のサイズで表示します
集電はリン青銅線を1輪につき4箇所、1軸に8箇所、全部で16箇所当てます。

0.3mmしかないので残念ながらそれを使います。 理想は0.25mmでした。

4本の間にスペーサーを挟んで帯板にハンダ付けします。

クリックすると元のサイズで表示します
余分に作りました。 RSー11を作る為の準備です。 現在製作中のニューマシンはRSー09です。 RSー10は別の考えなのですが今年取りかかれるかどうか微妙です。

クリックすると元のサイズで表示します
直接線路から集電する為の燐青銅板は、スパイクモデルのJM電車用集電ブラシのランナーから作ります。 それが目的で買ってあったものです。

予備を作るかどうか微妙です。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ