2019/8/9

スピコンコース試運転  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
ART FACTORY 城南島で新調したスピコンコースの試験が行われました。

アルミチャンネルはまだ新品なので青い保護シールを被っています。 当日は綺麗な銀色のコースがお目見えします。

クリックすると元のサイズで表示します
斜めに使って35m程のコースを作り、本番に備えテストします。

イモンのまだまだ怪しい走行性能のマシンではなく江川さんから贈られたJAM高速試験車が大活躍します。

クリックすると元のサイズで表示します
試験を終え2m毎に分解されて片付けます。

アルミのチャンネルですが分厚いので結構な重さです。

クリックすると元のサイズで表示します
今回も同じ精度で計測します。

1/100秒の精度での発表となりますが、100万分の1秒差の優劣判定をいたします。 ほんまかいな・・・でも同一計測結果を許すまじという熱意は判って貰いたいところです。 1/100000秒には自信を持っているのかなと思います。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ