2019/11/24

部屋の整理  鉄道模型

11月16日辺りには宴会4連12:00〜22:45など有り、18日にダブルヘッダー、20日はたぬき単発と宴会抑え気味に来ているので生きる闘志みたいなものが湧いてきて少しがんばっています。

それにしても体が変なことは嫌な感じです。
なにしろこの暑がりが寒がりに変わってしまい、一気におじいさんになった感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
暗雲垂れ込めている京王2000系も隙間にちょろちょろ進行しています。

これは最外側板を丸く曲げたので内側2枚を更に短く切っているところです。 外側板を丸くすることにした時点で内側2枚は下側カットしてあったのですが、もう僅かにカットしないとダメそうだという部分です。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、カッターで切ると美しい直線で切れる反面、下側へバリが出るので紙を置いて半田ごてのチップリフレッサーで平らにしているところです。

クリックすると元のサイズで表示します
両端をエコーのクリップで固定して、丸めた下側から筆でシンナーを流し込みます。

クリックすると元のサイズで表示します
これは乾いた筆を当てているところですが、実際に流し込みながら中ぐらいの木片で上から軽く押さえて徐々に右へ右へと行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
ベークライト棒に挟んで上側は3枚がツライチなので、筆の腹でシンナーを入れて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
もっと大きなベーク板と万力を使ってみましたがこの方法はダメでした。

これをやると、意外な事に上端は締まってくれません。

クリックすると元のサイズで表示します
シンナーを染み込ませた3枚重ね側板はやや大きめの木片で平面を確かめるように上から押さえます。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで6枚揃いました。

クリックすると元のサイズで表示します
じつは今猛烈に追われているのは部屋の整理です。

三〜四年前に入れ替えたエアコンがまともに動かず、工作に支障を来すので交換します。

その前に使っていたエアコンは30〜40年生きたのでその違いには慄然とします。

この引き出し小物入れは2011年3月11日に転覆し、せっかく細分化してあったパーツが全部混ざることになりました。

これは使えないと見て捨てようかと思いましたが、一つだけインレタ入れにすることにします。 大変頑張って掃除しました。

クリックすると元のサイズで表示します
ムサシノの東横キハ1です。 この様なスポンジ入りのゴツい箱に入ったモノはコンパクトな収納方法に切り替えて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
ベーカーカプラーならぬケーディーが付いています。

クリックすると元のサイズで表示します
中央が片方に残っていたダミーカプラーです。

手前側のIMONカプラーHO-301に差し替えます。

肉抜きの形状はダミーの方がきっちり表現していますが、ダミーからIMONに切り替えると模型のグレードがうんと上がります。

クリックすると元のサイズで表示します
捨てる金属ゴミです。

クリックすると元のサイズで表示します
磨いて設置場所に置いたインレタ入れです。

クリックすると元のサイズで表示します
この一角を綺麗にしてから

クリックすると元のサイズで表示します
徐々に作って行きます。

片手片足ながら頑張ります。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ