2020/4/20

また長さ 6.4mm の蝶番  

長さ6.4mmの蝶番、やはりとっかりがないのが災いしてうまくつかなかった様なので再チャレンジです

クリックすると元のサイズで表示します
エコーの細密パイプ内径0.7mm外径1.0mmを長さ1.6mmで5個、長さ2.3mmで10個(結果11個)作りました。

クリックすると元のサイズで表示します
そのパイプにそれぞれ真鍮線を芋付けしようと思っていましたが、1.6mmパイプはやめて燐青銅板を丸める方向に舵を切りました。

クリックすると元のサイズで表示します
2.3mmパイプには1.0mmの真鍮線を芋付することにして、凹形にやすれないかやってみましたが、やめることにします。

クリックすると元のサイズで表示します
二本の真鍮線が平行4.0mm間隔で蝶番に垂直に付けられる様にボール紙に固定します。

ヤンキーバイスの鋼鉄パーツが平面を出すのに活躍。

クリックすると元のサイズで表示します
ベークブロック最小を使って押し当てながらハンダを流します。

クリックすると元のサイズで表示します
ハンダを流した側(少しキサゲ刷毛使用)と丸めた燐青銅板幅1.5mm厚み0.15mm

クリックすると元のサイズで表示します
これは裏側

クリックすると元のサイズで表示します
どちらも黒染めして

クリックすると元のサイズで表示します
組み立てました。

蝶番に対して取付部がゴツいものになってしまってまた使えるかどうか・・・

私は頭が硬いなあと思います。

真鍮線をU字形に曲げたものと燐青銅線を丸めたものだけでももっと気の利いたものができそうですね。

ところで体調は良くないです。残念。25%かな。






2020/4/18

漢方薬試してみます  健康

鉄道趣味仲間のお医者様から処方箋を送っていただき漢方薬を試してみることになりました。

風邪の類は効果のある薬が人類側には無く、もっぱらウィルスと戦うのは体内で作られる抗体です。

二度結構大きな全身麻酔を伴う手術をしていますので免疫能力が衰えているみたいです。

これで生き返れる事を信じて闘います。

クリックすると元のサイズで表示します
人参養栄湯です。 健康になりたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
もう一つの戦い、体重もゆるがせにできません。

クリックすると元のサイズで表示します
なんとか踏みとどまっています。

クリックすると元のサイズで表示します
隣のモデルハウスの解体、家の壁を一枚づつ剥がして吊り上げ、屋上に積んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します
積み上げた壁を重ねた束をクレーンで下ろします。 向こう側にトラックが停めてあるのか。

クリックすると元のサイズで表示します
今はこの様になっています。

向こう側の遠い家の解体は凄い音と振動で止まらない地震みたいな状況だったので心配しましたが、この手前側の家は静かに解体されていきます。

コロナ騒ぎは続きますが今のところ Models IMON は時間短縮とマスクお願いとレジ前の整列くらいで営業を続けています。 不便を掛けていた大井店も20日から青山さんが営業再開なのでほっとしています。
でも、何度でも言いますが、売上昨年対比20%とか0%(要請を受けて閉めているところも当然ゼロですがそうで無くともゼロは多い)の業者も多いです。 コロナ騒ぎはあくまでこれからが大変で、来年の今頃は今よりかなり厳しい局面かと思います。
命と社会両方守れる様にできることを祈ります。




2020/4/17

C61再チェック  鉄道模型

HPの自社商品のコメントを書こうと思い定めて書いているのですが、分からないことが多いので困っています。

仕方ないと思って完成品車両を引っ張り出してみました。

IMONの蒸機パーツの始まりはC61絡みです。

クリックすると元のサイズで表示します
C612です。

乘工社が破綻した時下請けさん達をまず守る為に急ぎ設計して発注しました。 エッチング、プレス、絞り、ドロップ、メッキ、挽物、ロストワックスなど。

しかし、乘工社から引き継いだパーツの「ありもの」の数で縛られたところがあって僅か150両の生産、これは絞り込みが必要ということで[青森]→[宮崎]の一群に絞り込みました。

C59とD51をやっていた乘工社ですからC61というのは「型」が使える格好のコースだったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
C612[宮崎]です。

C612は梅小路に来てしまったので宮崎時代は短かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
C6120[仙台]です。

青森でも宮崎でもなく仙台というのは特急【はくつる】【ゆうづる】牽引時代ということです。

【はつかり】時代はC612[仙台]でやっていたのでATS有り特急機という事から最後の最後に最後に残ったパーツで少量で作りました。

クリックすると元のサイズで表示します
C61の後方ヘッドライトはこの時代にはもうこういう位置なのですね。

クリックすると元のサイズで表示します
分売ロストパーツがどう使われているのか写真に撮って見るという目的ですが、説明書見ながら組んだ人でないとやっぱり分からないところが多いという感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
パーツ紹介写真、これはトラ塗り板「大」の使用例かな

クリックすると元のサイズで表示します
架線注意「小」

SL100 煙室戸C61 LP403

クリックすると元のサイズで表示します
架線注意「大」

SL108 排砂管(恥ずかしながらちょっと塗装が剥げているのがそれです・・・インスタントな写真です)

クリックすると元のサイズで表示します
SL021 オイルポンプ箱 D51用

パーツの写真、グレーバックはまだマシとしても全然わからない写真だということが驚きです。

クリックすると元のサイズで表示します
SL019 D51用逆止弁

クリックすると元のサイズで表示します
SL104 油タンク

クリックすると元のサイズで表示します
SL016 オイルコック

こんな感じです。
C61はまったく格好が良いです。 

実は昨日写真をUPして最後の最後にiPadが動かなくなり今日になって一旦消して写真入れ直しました。

イモンの体調報告としては現時点で復活度65%位でしょうか。
時折98.5%位まで復活するのですが時々ガックリ悪くなります。
今日は末締め20日払いの判子押しに会社行きましたが、てんでダメな体調でした。
闘病の話はまた次にでも。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ