2020/6/10

股関節診断 D511119  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
今日は股関節手術後6ヶ月の診断がありました。 かぼちゃの馬車に揺られて大井町にやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
眠いので省略して体重もピンチです。

クリックすると元のサイズで表示します
パーツ撮影の都合からD511119[追]を引っ張り出して逆転棒カバーを写します。

このパーツもこのD511119にしか使わないロストワックスです。

クリックすると元のサイズで表示します
ことのついでに昨日撮影したD51241の逆転棒カバーです。

クリックすると元のサイズで表示します
これはD511153の逆転棒カバーです。 品切れ中の逆転棒カバーも多分ありますがもっと種類はあります。

クリックすると元のサイズで表示します
キャブ吊り輪、D511119の吊り輪です。

クリックすると元のサイズで表示します
開放キャブ用タブレットキャッチャーも改めて撮影しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
一両一両ディティールが違うことをひしひし感じる撮影です。

この辺りの写真、TGー6ではうまく撮れないのでTGー5を引っ張り出して使ってみました。

こう言う局面ではTGー5の勝ちです。

クリックすると元のサイズで表示します
逆にこういう写真はTGー6が断然優れています。

クリックすると元のサイズで表示します
機関助士側

クリックすると元のサイズで表示します
そして簡易線路目線です。

線路目線の写真撮るときはセッティングが全然違います。 その時はバックは黒で機関車の下は白いアクリル板になり下回りに光が入ります。

すみません、そのエネルギーは出せないので追い求めるのやめておきます。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ