2020/6/15

C57175に取り掛かる  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
これまでずいぶん撮影してきましたが、なんだか少し本気になってきました。 軽いラジオペンチで修正する時塗装を傷めないためのガードを貼ります。

クリックすると元のサイズで表示します
ハサミで切り落とします。

クリックすると元のサイズで表示します
このペンチは今、手に入りません。 今有る製品はコイルバネで、バネが強すぎてそーっと優しく持つことができません。 
この小さなペンチは開く力のバネが「すごく弱い」ので壊さずにものが持てるラジオペンチです。

クリックすると元のサイズで表示します
白線が足りていないところは塗ることにします。 僅かに汚れ色を加えてオフホワイトを作ります。

というわけで色々やったのですが、適当なところで見切りました。

クリックすると元のサイズで表示します
スピードメーターの写真を撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
後で確かめてみたら、糸屑が付いていたので撮り直しです。

クリックすると元のサイズで表示します
問題が見つかってボツかもしれませんがとりあえず撮っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
これはC57175用に作った二子三方コックです。

クリックすると元のサイズで表示します
これは消煙装置を撮ったものです。

火室内に空気を取り入れるために付けられた円筒状のものです。 これは九州によくみられますが、この形はC57175用に製作したものです。

クリックすると元のサイズで表示します
門鉄デフKー7です。 パーツで発売しているのですがIMONのKー7は吊り下げ用の穴が2個のものです。

2個穴で製品に使ったのはC5772とC57175です。
C5772は三本脚の特殊なものなのでC57175を撮影するまで写真が無かったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ2つ穴ながら三本脚のC5772

C5721の時代から三本脚のKー7です。

C5711やC57117は一つ穴なので全く使えないのです。 両方売るのが当然と言えます。(パーツ屋さんなら穴無しを売るのですが、IMONは完成品用に作ったパーツを分売しているのでこんなおかしなことが起こるのです)

明日に続く・・・







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ