2020/7/21

クモハ11ー300とクハ16−500  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
FABのクモハ11−300とクハ16−500の組立品を仕上げます。

クモハ11は元モハ34(モハ40系の関東向け17m車)

クハ16は元クハ65という木造電車の鋼体化されたものが戦後クロハと成っていた車両です。

およそ顔は似ていますが長さが200mm違う全然違う車両です。

クリックすると元のサイズで表示します
ロングシート、24mmと39mmはいっぱいありますが、18mmは一つしかないので39mmを切って半分にしてそれを使ったり、24mmと組み合わせる考えです。

クリックすると元のサイズで表示します
切りました。

クリックすると元のサイズで表示します
クハ(一時期はクロハだった名残りがベンチレーターに残っている車)に積みます。

クリックすると元のサイズで表示します
クモハは前面の配管がつながっていて分解不能、椅子はIMONのロングシート18mmと39mmが適合、もともと作った寸法は正しかったのでした。

ロングシートの室内に入れる目的が「ぼろ隠し」なので長いめ加減が嬉しいのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
無事、次のステップ、インレタに移ります。 「11」を中央に貼ります。

クリックすると元のサイズで表示します
次はクモハ

クリックすると元のサイズで表示します
そして「30」「7」と貼っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
次はクハ、まず6を中心に「16」を貼って、次は「クハ」で500番台を貼る時に気が付きました。 アレッ旧国は形式と番号が空いていないのが正しかった!

この時点ではまるで「クハ165」です。

クリックすると元のサイズで表示します
最後にキハの「52」を貼ります。 できれば連続数字を使う様にして文字間隔の感覚を掴んだままにしたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
まあなんとかクハになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
クモハの貼り替えです

クリックすると元のサイズで表示します
307を剥がしたらクモハにも痛みが発覚して、

クリックすると元のサイズで表示します
「11」に逆戻り、

クリックすると元のサイズで表示します
結局ほとんどバラバラで

クリックすると元のサイズで表示します
貼りました。

クリックすると元のサイズで表示します
最後にタッチアップ。

クリックすると元のサイズで表示します
次の問題はIMONのインレタに「定員112」が無いという厄介な問題です。

もともと「南テシ」も無い。

1/80に逃げるしかないか・・・・
もっと細かい解説がしたいですが、時間がないので残念。




2020/7/20

ミラーレス出動  今鉄

天気が良いので散歩に出ました。 リハビリですから足の筋力増大を目指しますが体調がイマイチなので少し徐行です。

オリンパス OMーD EM-1 MkU を持ち込んでいる(=自宅にある)(一眼レフの類は全て会社常備です)のでそれを活かすべく“撮り鉄“行動に出ます。

クリックすると元のサイズで表示します
レンズは12〜100(35ミリ換算24〜200)です。 望遠っぽいレンズとしても使えるのでこの画角で撮ってみます。
普段と比べるとやや少ない人出です。

クリックすると元のサイズで表示します
ここにも苔が! 見たことがないほど雨の多い梅雨なのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
南国酒家も撮っておきます。

ミラーレス一眼はコンデジとは別次元の「写り」です。

「EMー1」を選んだのは深度合成が出来るので模型を撮るために選びました。

プロカメラマンにIMONのスタジオを使ってこのカメラの深度合成での撮影を頼んでみましたが断られ、自分でも色々やってみて「ダメそうだな」と感じています。

タフシリーズに敵わない感じでした。
(理由は撮像素子の大きさが大きすぎるからです・・・それぞれの画の被写界深度が浅過ぎるのです)

新スタジオが完成するところですからこのカメラも試してみます。

スタジオを使うとフルサイズ一眼+アオリの方が手堅いし、カメラのオート機構は「お遊びになら使えるけど」のレベルの公算大と感じます。

5〜10年ほど前に盛んにやっていた三脚を使ってピント位置を指定して撮った4〜5枚の画像をコンピューターでピント合成するやり方の方が現実的です。

10枚から合成してくれるTGー6も突拍子もない画に作ってくれてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
原宿駅はこんな姿になっていました。(もうしばらく来ていなかったので初めて見ました。地元駅なのに・・・)

クリックすると元のサイズで表示します
“五輪橋”です。 その向こうに見える歩道橋が今日の撮影ポイントです。

クリックすると元のサイズで表示します
歩道橋に上がって代々木体育館方面を見ます。

クリックすると元のサイズで表示します
これが来るのを捉えたかったのです。 相鉄の12000系です。 ズーム流しです。

山手貨物線に相鉄電車が走る日が来るとは思いませんでした。

ここへは2ヶ月ほど前に散歩で来て、コンデジでは何もできないと感じました。 それでミラーレスを回送しておいたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、やはり「ミラーレス」は鉄道写真には無理があります。

ズームリングが無闇に固くて無理です。

昔から私はミラーレスを「一眼レフごっこして遊ぶための玩具」と公言して憚らないのですが、やはり所詮無理です。

クリックすると元のサイズで表示します
山貨の南行を狙う位置から山手線内回りを撮って練習です。 (サフィーロだかセフィーロだかが来るのを期待していましたが空振りでした)

クリックすると元のサイズで表示します
うわっ!先ほどの相鉄が下っていくのを撮り損ねました。 ミラーレスは「鉄」には向きません。 突如の時寝ていて起きない事がままあります。(当然電源レバーは「ON」の位置)

クリックすると元のサイズで表示します
後追いでお茶を濁します。

編成番号「12103」だったかが同じです(このブログの写真=iPadからTーcupでは多分見えません)

正直キャノンの1DXだったら全く違う戦果です。 7Dでも良いです。 ズームリングは思う様に回るし必ずカメラは反応します。

クリックすると元のサイズで表示します

でもこれだってコンデジだったら全然撮れませんから。

クリックすると元のサイズで表示します
常々不快に思っている広告トラックが来たので撮っておきます。 大きな課税をして現在の5倍のコストが必要にするべきです。 かくも多くの車に迷惑を掛けて燃料も使わせ、二酸化炭素を過剰に増やすばかりですから。

クリックすると元のサイズで表示します
シャッター速度を1/125から1/80(16番ではありませんJスケールです・・・違うか)にしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
南行用のポイントでもちゃんと撮影して帰ります。

獲物が少ない日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
帰路は渋谷消防署側を歩いて帰ります。 すごい自動販売機!いや落書き。

クリックすると元のサイズで表示します
電線の街に帰って来ました。 空が広いとは言えませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
これまたすごい電線に思わず撮ってしまいました。 日本は電線シティーです。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の歩数、往路(神宮前交差点経由)より帰路(渋谷消防署経由)の方が近い!

そしてあの歩道橋に1時間半位は居たのだという驚きの事実!

クリックすると元のサイズで表示します
EMー1 12mm(TTか?いや、HO1067だ!)で撮っておきます。
写りも画角の広さも全くの別物です。

クリックすると元のサイズで表示します
新名所「渋谷草千里」の北端です。

1DXは肩腱板大断裂、広範囲断裂リハビリ途上のイモンにはきついので7Dを回送しようと思います。

仕事で出庫中だったっけ?・・・・



2020/7/18

体重はピンチ  健康

クリックすると元のサイズで表示します
病院へリハビリに行き、帰りに本社に寄ります。 すこいサンドイッチというか・・・

海上コンテナ、この茶色いものがすごく見慣れたコンテナと感じます。 グレーや紺でも無地の物がよく見られる様に思います。

クリックすると元のサイズで表示します
“たぬき“に持って行ったEF6114の下回りを撮ってから仕舞います。

EF6114は浜松にEF61を撮りに行って、その時に撮った番号です。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、相変わらず車の流れは悪いです。 特に去年から今年1月2月にかけて大井町周辺が異様に混みます。 都心方向はガラガラといっても過言ではないのですが大井町の周囲1km圏内だけが異常です。

思いもよらぬほど時間がかかる帰宅なのでl何キロ走ったかだけ気にする様にしています。 

クリックすると元のサイズで表示します
心電図・・・じゃありません、体重です。
私は不整脈があるのでオムロンの携帯型心電図計を持っています。 そんな私ですがこのグラフを見て心電図かと思いました。
(左の山はパンダ悪魔の日、右は模たぬきです)

クリックすると元のサイズで表示します
これはヤバイ。 もうアウトですね。

さあ、明日は張り切って仕事が捗る様に早く寝ます。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ