2020/7/21

クモハ11ー300とクハ16−500  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
FABのクモハ11−300とクハ16−500の組立品を仕上げます。

クモハ11は元モハ34(モハ40系の関東向け17m車)

クハ16は元クハ65という木造電車の鋼体化されたものが戦後クロハと成っていた車両です。

およそ顔は似ていますが長さが200mm違う全然違う車両です。

クリックすると元のサイズで表示します
ロングシート、24mmと39mmはいっぱいありますが、18mmは一つしかないので39mmを切って半分にしてそれを使ったり、24mmと組み合わせる考えです。

クリックすると元のサイズで表示します
切りました。

クリックすると元のサイズで表示します
クハ(一時期はクロハだった名残りがベンチレーターに残っている車)に積みます。

クリックすると元のサイズで表示します
クモハは前面の配管がつながっていて分解不能、椅子はIMONのロングシート18mmと39mmが適合、もともと作った寸法は正しかったのでした。

ロングシートの室内に入れる目的が「ぼろ隠し」なので長いめ加減が嬉しいのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
無事、次のステップ、インレタに移ります。 「11」を中央に貼ります。

クリックすると元のサイズで表示します
次はクモハ

クリックすると元のサイズで表示します
そして「30」「7」と貼っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
次はクハ、まず6を中心に「16」を貼って、次は「クハ」で500番台を貼る時に気が付きました。 アレッ旧国は形式と番号が空いていないのが正しかった!

この時点ではまるで「クハ165」です。

クリックすると元のサイズで表示します
最後にキハの「52」を貼ります。 できれば連続数字を使う様にして文字間隔の感覚を掴んだままにしたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
まあなんとかクハになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
クモハの貼り替えです

クリックすると元のサイズで表示します
307を剥がしたらクモハにも痛みが発覚して、

クリックすると元のサイズで表示します
「11」に逆戻り、

クリックすると元のサイズで表示します
結局ほとんどバラバラで

クリックすると元のサイズで表示します
貼りました。

クリックすると元のサイズで表示します
最後にタッチアップ。

クリックすると元のサイズで表示します
次の問題はIMONのインレタに「定員112」が無いという厄介な問題です。

もともと「南テシ」も無い。

1/80に逃げるしかないか・・・・
もっと細かい解説がしたいですが、時間がないので残念。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ