2020/9/28

遅れて来た秋葉線  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
城東電機(きとうでんき)の静岡鉄道秋葉線のデハ7形です。

一台だけ遅れて組み上がりました。 実際の作業は昨日ではなく今日行いました。

クリックすると元のサイズで表示します
マイセンのカツサンドです。 ソースを含んだコロモをバターナイフでこそぎ落とします。

こそぎ落としてちょうど良い加減です。

原形・・・こんなに塩辛い食べ物、正気の沙汰じゃない感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します
9月いっぱい雨が降り続いて1日も晴れることがなかった今年の9月。

いつもは10月まで夏で11月から冬になり、秋が無いと思っていたのですが、今現在「秋」ですね。 びっくりします。

何度か話しましたが、9月の「敬老の日」と「秋分」のあたりは1日もかかさず雨が降る「日本の雨季」です。

梅雨には空梅雨がありますが秋の雨季にはハズレはありません。

今年は梅雨も梅雨らしい雨の季節でしたが今年の9月は全く日照のない驚くべき毎日お湿りがある9月でした。

クリックすると元のサイズで表示します
少し紅葉も感じられる・・・意外に常緑樹がこういう時期に紅葉したり落ち葉が激しいです。

軽井沢などの別荘管理では一年を通して落ち葉がある常緑樹は嫌われ、晩秋に一気に落ち葉が出る落葉樹の方がありがたがられるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は大井町本社に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します
東武6000系は収納できましたが、小さな仕上げ(カプラー取付)があるので持ち帰ります。

クリックすると元のサイズで表示します
寄り道しました。

クリックすると元のサイズで表示します
小さな秋葉線電車から手掛けます。

クリックすると元のサイズで表示します
エッチングによる溝の「深さ」「幅広さ」に苦しめられるインレタ転写です。

静岡鉄道のマークが壊れないように転写できるように中央をわざと外して転写してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら側は真正面に行きました。 大博打!・・・もう何回も売っている大博打ですが。

クリックすると元のサイズで表示します
ずらしてみた方。

クリックすると元のサイズで表示します
中央に打った方。 マークの雰囲気が随分違います。

クリックすると元のサイズで表示します
諸元表記

クリックすると元のサイズで表示します
転写した姿

クリックすると元のサイズで表示します
検査表記

クリックすると元のサイズで表示します
転写した姿

深い広い溝、グランドキャニオンとの戦いです。

クリックすると元のサイズで表示します
一応完成した姿です。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側

なかなか可愛らしい電車ですが、台車車軸が軸受と違う位置に来ていると言われてしまいます。

申し訳ないながら直すのは簡単ではないのでそれはできませんです。

私には恐るべき量の作業が待っていますので。

最近ペーパーの電車を作ったり蒸機のキットを組んだり楽しいことをして来ましたが、そうではないときのイモンは此の地獄の泥沼作業と格闘する日々です。

クリックすると元のサイズで表示します
まあキット製造の城東電機も、組立の林工房も申し分ない良い仕事していると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
東武6000系にも取り掛かりますが、カプラー取付のタップが切っていないとか、ネジ8本外しても車体が分解できないとか信じられない事態が目白押しです。

塗装が乾かないうちに組立しまったとしか考えられません。

クリックすると元のサイズで表示します
前オーナーが渡板を壊してしまっていることに今頃気がつきました。

それにしても2mmネジの無駄な巨大さに驚くほかないです。

カプラーは全交換が必要そうです。 ドローバーなので収納に無理があります。 気をつけて収納すればOKですが、乱暴な人が収納しても無事なようにするにはIMONカプラーへの交換のほかなさそうです。

連結状態の形状のドローバーは全然ダメです。 重力で下を向くので知っている人以外が収納すると模型全体を壊すことになるだけです。 カツミ・エンドウスタイルなら問題なしですがIMONの密連、密自連が100倍良いでしょう。

ともかく此の東武6000系にはまいりました。 韓国製品より問題が大きいです。

クリックすると元のサイズで表示します
ウィーフィット、飛行機雲を引く飛翔体がが!あれは飛行機か?スーパーマンか?いや、ママでした!

パパのグラフは深く深く潜航中です。 ここに現れるようでは「もうダメ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
グラフに現れるのは89キロ台半ばからです。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は少し増えました。

クリックすると元のサイズで表示します
長期的傾向としては拙いです。 ヤバいです。「もうダメ」かもしれません。




2020/9/27

キングオブコント  鉄道模型

今日放送された“キングオブコント“にびっくりしました。
ドロボウや暴力団をネタにして正視できない内容、出前館がスポンサーの一つだった事が印象に残りました。不快感は半端ではなかったです。
TBSという放送局の姿勢にも疑問符が付きます。

気分の悪くなる話は終わりにします。

クリックすると元のサイズで表示します
・・・っとこれも気分の悪くなりかねない話です。 IMONのC5513ですが。ナンバープレートにミスがありました。

クリックすると元のサイズで表示します
相当ガッチリ付いていました。 テンダーのナンバープレートは形式入じゃなきゃいけなかったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴム系クリア接着剤は「少し出すモード」になっていてぴったりでした。

(DRのBR44のプレートは紛失していたものが出てきました)

クリックすると元のサイズで表示します
貼り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します
グッと良いカマになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
リンゲルマン式煙色測定板も良い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
4110形4122は基板変更しようと企んでいます。

4122→4123 です。

西尾克三郎さんの庭坂の写真に4122は出てきますが、一番出て来る一つに4123があります。

我家には美唄鉄道の4122も居ますので、同じナンバーよりも違う方が嬉しいと思い「4122→4123」が行われます。

IMON製品の場合、当初は取材の都合など考えて同じ機番の時代違いをよくやりましたが、制作現場からは機番で特定の製品が分かるようにしてくれた方がありがたいという話を貰い極力番号だけで区別できるようにするようにしています。

今回それに引きづられて此のような機番変更を企みました。

クリックすると元のサイズで表示します
IMONの蒸機ナンバープレートはこういう形にランナーがついています。

ランナーはニッパーで切り落とします。

レールカッティングニッパーなら纏めて遠い位置で切り落とします。

クリックすると元のサイズで表示します
そして一枚になったら間際で切り落とします。

クリックすると元のサイズで表示します
丸形1枚長方形3枚、残ったランナーもレールカッティングニッパーで切り落とします。

クリックすると元のサイズで表示します
丸形だけは細い繋ぎでランナーに付いていますが、ヤスリで処理する場合細い繋ぎは繋の跡を消し去り難いのです。

IMONのナンバープレートのニッパー前提の幅広繋ぎは跡を消し易いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
4122のナンバーを外しにかかります。

クリックすると元のサイズで表示します
4122と交換用IMONのプレート4123の比較です。 此のように見ると4122悪くない感じです。(背景は#1000紙ヤスリ)

クリックすると元のサイズで表示します
光源位置の違いで此の差が現れます。

C5513のプレート見てもプレートが黒々と見えます。 でも光を透かしてみるとIMONのプレートは此のように1/4艶なのです。

クリックすると元のサイズで表示します
貼ってみました

クリックすると元のサイズで表示します
断然良いです。

クリックすると元のサイズで表示します
4129は従来のプレートを貼っていますので見劣りするかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
貼ってみるまで此の違いはわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します
深度合成による写真なのでいずれは

クリックすると元のサイズで表示します
アオリ付きレンズでキチッと撮りたいです。






2020/9/26

JYの昔の写真  鉄道模型

あまり極端に書き過ぎたので改めて書きますがミカロは満鉄形でアメ車コピーではありません。

スケネクタディー調を残すと言われていますがアメリカ人が太るのと逆にこちらは痩せています。

そして上游はミカロの殆どそのまま・・・近代的すぎるスローピングバックテンダーですが。

クリックすると元のサイズで表示します
さて上游0639ですが、実物はコレです。 場所は鶏西に近く、確か西鶏西(西チーシー)だったと思います。 1999年2月です。

此の機関車の周りをゆっくり回りながら写真を撮り、その資料で模型化したのがIMONの上通です。

上游形は忙しく動き回ることが多いので意外に全周囲から接近してゆっくり撮るのは難しいです。

左側の上游は1344で、かなりヘビーなシンガーフィニッシュです。

それに対してJY0639は工場出て間がないらしく綺麗だったので模型資料に向いていたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
灯具中央部を暗くする工夫をして「あるもの」を撮ることにします。

クリックすると元のサイズで表示します
お題は此の4両、KSモデルの箱2つとエコーの箱2つ登場です。

クリックすると元のサイズで表示します
東武6000系が出てきました。 此のKS/フジモデルの箱はスポンジが使われているのでNGです。

クリックすると元のサイズで表示します
6000系は「私鉄の急行形」という雰囲気が好きです。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ組立人が同時に作ったと想像されます。 左2両がKSの箱に入った浅草行、右2両はエコー箱に入った鬼怒川公園行です。

此の箱がエコーかIMONかはわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します
編成箱に入れてしまえ!と思っています。

箱入れ作業は時間に余裕のある「後日」にしてスタジオで照明の工夫の実験台にします。

クリックすると元のサイズで表示します
ポップアップします。

照明の工夫はもっとやらないと足りませんが方向は良い感じかなと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
両者そっくり同じ様にできていますが前面のカプラーの有無と行先がのぼり下りの違いがあります。

浅草→東武日光が良い感じかなと思います。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ