2020/9/26

JYの昔の写真  鉄道模型

あまり極端に書き過ぎたので改めて書きますがミカロは満鉄形でアメ車コピーではありません。

スケネクタディー調を残すと言われていますがアメリカ人が太るのと逆にこちらは痩せています。

そして上游はミカロの殆どそのまま・・・近代的すぎるスローピングバックテンダーですが。

クリックすると元のサイズで表示します
さて上游0639ですが、実物はコレです。 場所は鶏西に近く、確か西鶏西(西チーシー)だったと思います。 1999年2月です。

此の機関車の周りをゆっくり回りながら写真を撮り、その資料で模型化したのがIMONの上通です。

上游形は忙しく動き回ることが多いので意外に全周囲から接近してゆっくり撮るのは難しいです。

左側の上游は1344で、かなりヘビーなシンガーフィニッシュです。

それに対してJY0639は工場出て間がないらしく綺麗だったので模型資料に向いていたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
灯具中央部を暗くする工夫をして「あるもの」を撮ることにします。

クリックすると元のサイズで表示します
お題は此の4両、KSモデルの箱2つとエコーの箱2つ登場です。

クリックすると元のサイズで表示します
東武6000系が出てきました。 此のKS/フジモデルの箱はスポンジが使われているのでNGです。

クリックすると元のサイズで表示します
6000系は「私鉄の急行形」という雰囲気が好きです。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ組立人が同時に作ったと想像されます。 左2両がKSの箱に入った浅草行、右2両はエコー箱に入った鬼怒川公園行です。

此の箱がエコーかIMONかはわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します
編成箱に入れてしまえ!と思っています。

箱入れ作業は時間に余裕のある「後日」にしてスタジオで照明の工夫の実験台にします。

クリックすると元のサイズで表示します
ポップアップします。

照明の工夫はもっとやらないと足りませんが方向は良い感じかなと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
両者そっくり同じ様にできていますが前面のカプラーの有無と行先がのぼり下りの違いがあります。

浅草→東武日光が良い感じかなと思います。




2020/9/25

色々発掘!  鉄道模型

色々部屋の整理を掛けています。

必死でやっても何年かかかると思います。

色々なものが出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します
35年ほど?前に川線に入った58654を撮りにいって買った一勝地焼き・・・徳利もあったと思われるのですが・・・おちょこもどっちが本物かわかりません。

一勝地は蒸機現役時代の思い出の地です。

クリックすると元のサイズで表示します
中学生時代から使っていた糸ノコ。

かなりガタが来ています。

クリックすると元のサイズで表示します
ディスカバーSLシリーズの8800形

六形式の蒸機がセットになっていたような記憶があります。
6760形、8620形、8700形、8800形、8900形、9600形だったような気がします。

慶應義塾普通部D組の仲間で買って分け合ったように覚えています。

8人居た中でリーダー格2人が8620と9600を選び、ペーペーがよく判っていない残りの四形式をあてがわれました。

イモンはクラスの鉄道模型ファン中でも下位グループだったわけです。

クリックすると元のサイズで表示します
綺麗に残っている模型社のキット、これは組むものではなく見て楽しむものだとも言われました。

クリックすると元のサイズで表示します
唯一見応えがある「実体」動輪はこんなに粉を吹いています。

「見せ場」は圧倒的に「組立説明図」ですが。

クリックすると元のサイズで表示します
これは1DXで撮ったIMONの上游形MKフィニッシュです。

箱から出したら仕舞うのが大変で、どうせ箱入れ替えしなくてはならないのでついでに写真を撮りました。

(ポップアップします)

クリックすると元のサイズで表示します
MKフィニッシュは松本謙一さんによるフィニッシュです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここまで思い切ったフィニッシュは見事という他ないです。

唸るほど本物そっくり!

上游形は日本の車両メーカーがアルコ・スケネクタディの製品を丸ごとタダでコピーして作った満鉄の「ミカロ形」(ミカドの6番目)の現地生産が60年も継続していた機関車です。

1999年製の製造銘板も確認されている機関車です。

2010年頃までは現役でバリバリ働いていました。(いまもあるかも)

あまりにも忙しくて画像の色調整も無くみすぼらしいかぎりですがこれがやっとです。





2020/9/24

ハッピーディナー  喰いだおれ

クリックすると元のサイズで表示します
昨夜のグラフです。

時折赤い星が上がります。

クリックすると元のサイズで表示します
長らくご無沙汰していた此のお店に行きました。 ロウリーズです。

クリックすると元のサイズで表示します
ビーフボウルカットの説明が少し変わったような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は「家族」でした。 社会人3人(私はその人数に入れていません)の休みが重なったので来たのですが、学生が食事会で不在という逆転事故が起こりました。

クリックすると元のサイズで表示します
スピニングボールなんとやらです。

クリックすると元のサイズで表示します
ロウリーズはこれがなくては始まりません。

クリックすると元のサイズで表示します
此の冷えたサラダを食べるための冷やしたフォークは一番右です。

クリックすると元のサイズで表示します
お肉のワゴンから注文に応じて切り出されて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
ダイヤモンド・ジムベレーディー・カット

690gです。(骨付が禁止されている時違う数字が表示されました)

ビーフボウルカットを食べ始めてから「ダイヤモンド」に逃げるのは3回目ですが、ビーフボウルカットはもう食べません。

クリックすると元のサイズで表示します
男子は4人全員ダイヤモンドジムブレーディーカットです。 ママはロウリーカット(骨無し300g)です。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は紘之進の誕生日を祝う日だったのです。 慧士朗ちゃんが可哀想なので近々リベンジです。

(デザートはアップルパイがお薦めです)

クリックすると元のサイズで表示します
こんなに元気にロウリーズに来られる日が来ると思っていなかったです。

冷静に手術を選んで「ヨカッタナ」と思います。

今日の牛(アメリカ牛です)は特別美味しかったです。

「また来なくっちゃ!」と心に誓うのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
今日のグラフです。

赤い星は逃れました。

生ビールが2杯だったのが敗因、ダイヤモンドに抑えたのが勝因でした。

体重に気をつけます。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ