2020/9/14

上田丸子電鉄モハ5253  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
半自動ドアーのインレタ

此のように置いてからメンディングテープで位置をズレないようにしてシャープペンで擦ります。

クリックすると元のサイズで表示します
アレッ?無い

クリックすると元のサイズで表示します
実は大失敗で裏返しに置いていたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
こうやってこすって

クリックすると元のサイズで表示します
上からネームランドの使い終り台紙を載せて擦ります。

新しいクロマッチックの場合、あとからの擦りは1週間ほど乾かしてから擦った方が時が崩れないでのでお勧めと聞いたのですが、忘れるのも嫌なので字が崩れないようにやんわりと擦ります。

クリックすると元のサイズで表示します
車内から見ると読めるような文字です。

クリックすると元のサイズで表示します
昔、自分で転写した「モハ5252」を剥がします。 まずは爪で中途まで剥がしたところ。

丸窓電車でも「5251」「5253」はドア窓が一枚ですが「5252」はドア窓上部に横桟があります。

もっと違うところがあるかもしれませんがIMON特製品とは違う番号を選んでおきます。

クリックすると元のサイズで表示します
キムワイプとレールクリーナーで粘り強く拭き取り、ほぼ消えました。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、反射させると文字の痕が残っているような気がします。 クロマチックならではのしぶとい食いつきです。

クリックすると元のサイズで表示します
「モハ4255」から「モハ5253」を作ります。

「モハ5251」からでは文字の中心の位置が右にずれてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
「5」を加えます。

クリックすると元のサイズで表示します
細かいですが「5」の位置を微妙に調整しました。(実はほぼ貼り直しです)

クリックすると元のサイズで表示します
「3」を加えます。 今回大きく見ると右上がりだったことが後で判明します。 悔しいなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
上田原電車区の文字を使います。

クリックすると元のサイズで表示します
転写します。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側の「5」です。

クリックすると元のサイズで表示します
「3」を加えます。

クリックすると元のサイズで表示します
B位側

クリックすると元のサイズで表示します
@位側

此の上田丸子の電車たちは時期によって「前・後」や全県表記などの表記位置が多種多様でなかなかややこしいです。

クリックすると元のサイズで表示します
A位側 インスタントにスタジオ状態セットも慣れてきて手早く撮影状態に持っていけるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
C位側

クリックすると元のサイズで表示します
A位側

クリックすると元のサイズで表示します
@位側

クリックすると元のサイズで表示します
@位側やや上から。

上田丸子が一段落してしまったので、次は欧州型客車やSL、DLに行くか・・・はたまたモデルワムの貨車か。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ