2020/10/11

Rocoの蒸機一旦終了  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
フライシュマンから引き継いだ03です。 まるでバックマン(漢字で書くと百万城)? 中国のケーダー社の製造かと思わせる雰囲気です。
(パッケージにはMade in EUとありますが)

クリックすると元のサイズで表示します
パーツです。同梱伸縮カプラーはなんとフライシュマン、人形はRoco

クリックすると元のサイズで表示します
旅客列車牽引を任せる釜ですからRocoの伸縮カプラーを使います。 右はRoco製のBR35です。

同じものの表現が違う解釈になる例ですね

クリックすると元のサイズで表示します
シリンダーの尻棒上がRoco、下がフライシュマン

クリックすると元のサイズで表示します
フライシュマンには鎖無しフックの製品は無いかも、でRocoのパーツをねじ込みます。

クリックすると元のサイズで表示します
適当ですが、フライシュマン、ロコ、ロコ、A.C.M.E.

クリックすると元のサイズで表示します
35(Roco)と03(フライシュマン)
前頭部煙突前の台形の給水加熱器(通称人民帽)の造作の違い。

クリックすると元のサイズで表示します
手前BR03、奥BR35 ゼロサンの方がだいぶ大きいですが同じものを表現しているのの「差」が面白いです。

クリックすると元のサイズで表示します
BR043とBR03の台車の雰囲気の違い 同じ台車のはず。

クリックすると元のサイズで表示します
これはBR043とBR44です。

クリックすると元のサイズで表示します
重油専燃ですがDR(手前)とDBの差が面白いです。

クリックすると元のサイズで表示します
左西ドイツ右東ドイツ

クリックすると元のサイズで表示します
左西ドイツ右東ドイツ

クリックすると元のサイズで表示します
左西ドイツ右東ドイツ

クリックすると元のサイズで表示します
BR50のテンダー台車です。 BR35と同じ台車です。

クリックすると元のサイズで表示します
仕方がない!墨入れします。

クリックすると元のサイズで表示します
拭き取りました。

全くこんなに苦労するとは思いませんでした。 

たかが完成品を完成させることですが・・

予定の10倍かかったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
VT601にも手を出しました。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に入っています。 基本7両

クリックすると元のサイズで表示します
増結3両です。

クリックすると元のサイズで表示します
連結器と手すりが付属品です。

クリックすると元のサイズで表示します
先頭車の内1両だけに動力が入っています。

クリックすると元のサイズで表示します
手すり

クリックすると元のサイズで表示します
意外に慣れれば簡単です。

クリックすると元のサイズで表示します
想定の5分の1の所要時間で全車手すりなどの仕上げが完成しました。

わからないものですね。








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ