2020/11/30

セラ吹き付け、上げ底設置  鉄道模型

昨日、一昨日、その前から比べて症状が改善されました。

それでもベッドに転がれば寝られそうな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
セフとセラ×10両の軸受のマスキングしました。いよいよ吹き付けです。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ黄色くなったリターダーシンナーを使っています。 フラットベースもかなり古いです。

艶消クリアラッカーを作っています。 色が半分のものを作ろうとしています。

色の付けすぎを嫌っています。

後で考えたら黒も足してよかったですね。 クリアと黒はフラットベースが効かない2巨頭みたいなものです。

クリックすると元のサイズで表示します
鰻のタレに、赤をホンの気持ちだけ入れたものを加えました。

吹き付けは概ね成功です。 仕上がりは個々の写真でそのうち出るでしょう。

「まだあまり汚れていない」「かなり汚れている」「その中間」

の3種類ですが、5段階くらいに分けたつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します
セフの窓ガラス、結局新しいポリカーボネイト;エコーの0.25mmを切って入れました。 この写真に見えているのは以前付いていた古い真ドラガスです。

クリックすると元のサイズで表示します
「上げ底」を入れてゴム系で留めます。

クリックすると元のサイズで表示します
車掌室の反対側は瞬間接着剤、それは固まるのに時間がかかるのでウェイトを載せます。

クリックすると元のサイズで表示します
アングル材補強の隙間は切ったボール紙を合わせて、その上からゴム系クリアを流しました。

クリックすると元のサイズで表示します
全車上げ底設置完了。 

次の工程を「車輪設置」にするか「石炭搭載」にするか悩んでいます。

石炭を二段階搭載;最初に隙間になる部分に濃いラッカーで石炭を積み、見せる部分は乾いてから改めて積んだ石炭に薄めたラッカーを流して綺麗に見せる・・・にすれば大惨事!ということになりそうにないので次は車輪かもしれません。



2020/11/29

セラの汚し  鉄道模型

今日もたっぷり寝ました。

まだ怪しいウィルスは退治できません。

さて
雨だれの様な汚れを付けておこうと考えました。

いつもの汚れ色に艦底色を足して色を作ります。

クリックすると元のサイズで表示します
エナメルシンナーの値札を見てびっくり!東急ハンズで買っています。

模型屋にはない部材やスプレー塗料を買ったついでかもしれません。

工具売り場にも用事が多かったですから・・・

クリックすると元のサイズで表示します
色々やってみて、真っ直ぐに「下から上に」筆を動かすのが良いと結論づけました。

エナメルシンナーを染み込ませたキムワイプで下から上に拭き取り、乾いたキムワイプで下から上に拭き取ります。

思い切った色付けをしても大丈夫だとは思いますが、ここは細い筋が欲しいです。

真っ直ぐ直線で筆書きするのがなんと難しいか!!

クリックすると元のサイズで表示します
リングライトのテストです。

このリングライト、明るさも加減できますし、昼光色、白色、電球色の3段階から色温度を選べるのが便利です。

スタジオ用のLEDライトですら昼光色と電球色でしか使えないものが多いのですからこちらの勝ちですね。


私は古い人間なので昔ながらの蛍光灯の色名でものを言ってしまいます。
今のLEDも実体は「変化なし」なのだから色の呼び名を変える(否、デタラメor亜違いかも)のはどうかと思います。
電器店・電器メーカーさんはわかってくれると思います。

昼光色(D色) =6000ケルビン周辺
昼白色(ND色)=5000ケルビン周辺
白色 (N色) =40000〜4300ケルビン

白を表すこの3種類だけはきちっとして欲しかった。
今は記号(と言うか、色記号名称を)を変えたそうです。 正気の沙汰じゃないと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
リングライトの中からTGー5、深度合成で撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
今日最初に作った色でデッキ状の部分にも色を載せました。

セム8000の汚しが具合良いのでそのやり方を自分のブログから読もうと思いましたが、結局「かなりテキトー」にやっている様です。

まあベストを尽くしましょう。

いよいよセラ群も進んできました。



2020/11/27

体調不良続く  鉄道模型

今日は殆ど寝て過ごしました。

悪夢にうなされながらと言う感じです。 ママがご飯を山盛りついでくれてしまう夢とかです。

人工股関節の保善を考えても体重増は致命的ですから。

(山盛り・・・そんな事は現実には起こりません)

僅かに模型工作作業しました。

エナメル塗料による「修正」です。

クリックすると元のサイズで表示します
既にウェザリング済みのセム8000の、これは使用前

クリックすると元のサイズで表示します
これが使用後です。

エナメルは現在多用している「XFー1」艶消黒にフラットベースを追加したものです。

クリックすると元のサイズで表示します
セラ1の中の1両の使用後です。

エナメルは「Xー18」セミグロスブラックです。 貨車の色艶はセムと同一ですが、ウェザリング前と後で区別しました。(あまり意味が無さそうですが)

セム、セフ、セラ✖10のうち6両やったところで今日は力尽きました。

10両もあると思うと手が進みません。

しかも

たった10両と思うとますます手が進みません。 列車にも何もならないから・・・

この辛さはまさに修行です。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ