2020/11/18

六十数個の連結器のフィニッシュ  鉄道模型

IMONカプラーHO−101を組立前に塗装しました。

第一陣も本格的に運用してはいないですが、同様に進行中の第二陣20個については最初から色差ししてしまえ!という考えで行っております。

クリックすると元のサイズで表示します
第二陣に色差しした姿です。 TGー5で撮影→深度合成です。

クリックすると元のサイズで表示します
こういうシーンでは滅法強いTGー6の登場、これは最初の一枚です。 少しずつピントを変えながら
撮って合成してくれるのがオリンパスのタフシリーズの芸です。

クリックすると元のサイズで表示します
TG~6の深度合成は実に見事です。

ただ、欠点が大きく浮き彫りになって・・・

クリックすると元のサイズで表示します
先行する「101F」第一陣にも色差しをしてしまうことにします

クリックすると元のサイズで表示します
結局さらにこれら全てにオーバーコートをすることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
魚のを乗せて焼く網の四周に配置して塗ります。

この塗りが甘かった
注意深く調合したつもりですが艶が出てしまっています

今果てまで乾け!と放り出しています。

恐るべき修行!

ここのところ何をやってもうまく行かないです、








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ