2020/11/20

Regierungszug Lok  鉄道模型

体調をUPさせながらの作業です。

クリックすると元のサイズで表示します
パーツと機関車の泣き別れになっていた“Regierungszug Lok“政府専用列車牽引機を仕上げにかかります。

東独の国旗とソ連なのか真っ赤な赤旗なのか?取り付けなくてはなりません。

頭のもげたセフを置いておいてこれをやっつけます。

クリックすると元のサイズで表示します
面倒くさくて考えるのが嫌だった透明なパーツは、ヘッドライトではなく(予備のヘッドライトレンズかと思っていました)バタフライスクリーンと言うかウィンドスクリーンでした。

取付はゴム系クリアです。

クリックすると元のサイズで表示します
東独の国旗良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
TG~6で形式写真撮っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらサイド、まずはTG~6深度合成なし

クリックすると元のサイズで表示します
深度合成の画像です。 だんだんダメになっていくTG~6

クリックすると元のサイズで表示します
カメラをTGー5に切り替えて撮っておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
公式側一番前の窓はこんな不良品なのでガッカリです。

クリックすると元のサイズで表示します
公式側もTGー5で撮り直し直します。

118 552−9はこれにて解決。

クリックすると元のサイズで表示します
さて元の貨車汚しへ。 セラに石炭を積むつもりなので底上げの材料を考えた末、塗装の要らない黒いポリスチレンを試してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
ガードに黒油性インクでケガキして切っていきます。

結果を言うと、1mm厚のポリスチレンは硬くて石炭車の中に入れられませんでした。 あっさり敗退です。

クリックすると元のサイズで表示します
代わりに次はワイシャツのボール紙を缶スプレーで塗装して切って使おうという考えです。

それは塗装しましたのでセラ本体の仕上げにかかります。

爪ではみ出した赤3号を剥がします。

綺麗に行かないところはドライバーの先でキサゲたり平ヤスリや三角ヤスリで整えます。


今日はここまで。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ