2021/1/31

標準軌貨車乗り入れ用ナロー貨車  鉄道模型

めちゃくちゃな変換が多くて恐れ入ります。

iPadの画面がよく見えないのです。

クリックすると元のサイズで表示します
標準軌の貨車を載せて特殊狭軌線内を走れる貨車です。

クリックすると元のサイズで表示します
小さなナローゲージ貨車に本線の貨車を載せて運んでしまう驚くべき貨車です。

クリックすると元のサイズで表示します
標準軌貨車は普通に使えるものです、 決して鉄道コレクションではないです。 ゆえに普通はやらない貨車の仕上げ;欧州型らしい運転本意の連結器をダミーに取り替える作業があります。

クリックすると元のサイズで表示します
無害車の床がダイキャスト製でウェイトにもなるようになっていました。

伸縮カプラーの稼働部分を撤去するためにはドライバーでネジを回して分解することになります。

クリックすると元のサイズで表示します
手動ブレーキのハンドルです。

標準軌貨車を載せるボギーの特殊狭軌貨車(750mm HOe)本体もダイキャスト製です。

標準軌の軌匡がナローゲージのボギー台車を組み込んだ姿です。

クリックすると元のサイズで表示します
ナロー貨車筐体にダミーのカプラーを付けます。

クリックすると元のサイズで表示します
この様に支えて小さなラジオペンチで掴んでやると合体します。 よく動きます。

クリックすると元のサイズで表示します
連結器とブレーキホースをつけていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
付きました。

この作業を購入者にさせるのか? 付けられる人はあまり居ないと感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
11種類の連結棒と2個使用に対して6個ずつピンが入っています。

クリックすると元のサイズで表示します
無蓋車だと迫力が出ません。

私も一回、ラーデボイルで見た様に思うのですが、石炭車だった様に思います。

そういう背の高い貨車が載せられていると「この世のものじゃない」迫力が出るのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
元箱に入れたら破損してパーツを失いました。 パーツを付けると元箱には入りません。

壊さぬようにゆっくり落とし込む入れ方をしたのですが、パーツは銀河系の彼方へ去りました。

予備は一つも無いです。 そもそも最低数しか入っていないのです。

残念ながらIMONの軽便用の箱もまだ出来ていないので困りました。

Rocoにして、このお粗末。 大体多くのメーカーが箱には「いいかげんな気持」しか持っていないのです。

クリックすると元のサイズで表示します
どちら側に向けて入れても破損しない様に加工しました。

そもそもこの様な形でケースが出来ていないのは単なるバカタレです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは無蓋車中央の開き戸の手摺が両サイド付いたので箱が閉められません。

こんな事があることは重々承知なので注意を払っているのですが驚き呆れます。





2021/1/30

ナロー客車貨車  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
1976−12 Berlimウールハイデ、D270【Meridian】(ポップアップします)

会社に行った日=息も吐かせぬ忙しさの中。発見できた唯一の【Meridian】ですがこんな写真です。

人民ゼロイチの運用ですからそんなに一所懸命狙っていませんが、20日/10日/20日という大雑把な撮影日数のうち13日/7日/13日はドレスデン〜ベルリンのゼロイチを狙っているだろうと想像されます。

@ 筑豊本線のD51に対してシャッターを切るか?
A ゴナナ撮りに行ったヒガハス(←電略はヒオハスが正しい)ゴハチの〔十和田〕にシャッター切るか?
B 65P+20系臨【あさかぜ】撮りに行ってゴハチの〔銀 河〕〔桜 島〕シャッター切るか?
C 原形ゼロイチ撮りに行って人民ゼロイチの列車にシャッター切るか?

イモンはAだけ切りませんでした。

井門憲俊撮影の写真をチェックしてみるとBの場合99%の「撮り鉄」はシャッター切らないことがはっきり解っています。
何故なら、臨時【あさかぜ】(HM無し)の後追いに遠くからEF58牽引〔桜島 高千穂〕がやってくるのが見えているのですが、その場に居た「撮り鉄」はそそくさとカメラを仕舞って帰路に就く姿が捉えられているからです。 帰り支度は100%全員です。 井門憲俊はガッチリゴハチも押さえていました。

余計な話が長くなりましたが、イモンは多分全ての蒸機列車を撮っている筈なので、D270メリディアンはたくさんたくさん撮っている筈です。

でも取り出せる大きさの写真は見た目が派手な、編成が全く見えないこの写真しかありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、Uートレイン2Fで買ったBEMO

クリックすると元のサイズで表示します
HOeです。 たった一両めちゃくちゃ安かった気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
まず買った模型に手をつける人は少ないのだ!ということがはっきりします。 必ず手付かずです。

クリックすると元のサイズで表示します
パーツを機見つける都合から屋根を分解してきちんとパーツを組み付けます。

クリックすると元のサイズで表示します
なかなかに可愛いです。

散々見てきたBR99蒸機をどこかできちっと押さえる必要があります。

クリックすると元のサイズで表示します
RocoのHOe貨車

東ドイツには多数の750mmゲージの路線が現役で残っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
有蓋貨車

クリックすると元のサイズで表示します
4点パーツを取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します
パーツが付いていたランナーがやけに芸術的です。

今日も全然描き終われず




2021/1/29

ザクセン/ティリッヒの客車  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
D270/271【Meridian】1979の編成表です。

01牽引時代1977までの編成では左端のDR郵便車と右端のMAV2等車が無い10連でした。

1976〜1977年、夏/冬/夏の3シーズン20日間・10日間・20日間程度滞在したのですが、9両以下の短い編成には1度も出会っていません。
24.5m級客車10両編成か、11両の場合は24.5m×4両+19m×7両でした。
24.5m級と言ってもたまに21.5m位の車両が混ざることもありました。

https://www.gerdboehmer-berlinereisenbahnarchiv.de/Statistiken/IMG-IZ-DR.html

1977年以降DRの国際列車紹介です。

D 1278 / 1279 "WARNOW"
D 371 / 370 "PANNONIA-EXPRESS"
D 1275 / 1274 "METROPOL"
D 271 / 270 "MERIDIAN"
D 379 / 378 "ISTROPOLITAN"
D 373 / 372 "BALT-ORIENT-EXPRESS"

といった列車がベルリン・オスト〜ドレスデン間を01牽引で走っていました。
これとほぼ同数の国内急行列車があり、それは11両編成だったわけです。

国際列車はどれも長距離列車で欧州大陸を縦断する勢いの列車たちなのでそれぞれ3つ4つ5つの編成がぐるぐる回っていたと思います。


衝撃的なことに1977年7月に我々以外の撮影者が01原形タイプの列車走行写真を撮っていることです。

我々は長い滞在期間中他の撮影者は誰一人出会っていません。

諸河久さんは我々と数日間一緒に行動していました。 

クリックすると元のサイズで表示します
MONTAで買ったDR客車7両です。

クリックすると元のサイズで表示します
普通のコミュニストグリーンと1976年11月から西側のインターシティーに対抗する新色の混ざったセットです。

クリックすると元のサイズで表示します
ザクセンモデレのマークが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
食堂車だけ鋼体化客車19mです。

早くIMON編成ケースに移し替えないと大変な感じがしています。

時間切れで今日はここまで。 悔しいですね。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ